トークイベント
「ちつのトリセツ」ワークショップ
2017.09.11
トークイベント
20170912event.jpg



2017年3月に発売されて以来、未だに多くの女性に読まれている今年のベストセラー「ちつのトリセツ」。今回のワークショップは、「ちつのトリセツ」の指導・監修のたつのゆりこさんと、著者の原田純さんをお迎えして行います。

膣のケアをしたこともない、向き合ったこともない・・・むしろ遠いところにあったという原田さんが、助産院の院長であるたつのさんと出会ったことから、本書は生まれました。自分の体のことなのに何も知らない! という驚きと、新鮮な発見にわくわくしながら「みんな、知ってた? 知ってた?」という原田さんのワクワクが伝わってくるような内容です。

「ちつのトリセツ」には様々な批判もあります。「ちつ」を神秘的に取り上げ過ぎているのではないか。「健康」という言い訳がないと「性」にむきあえないのか? 「ちつの劣化」という言葉が差別的だ・・・などなど。確かにそういう面もある一方で、この本が何故ここまで受けているのかといえば、やはり著者の原田さんが、性に保守的で偏見があり、20年間セックスレスで、人生でほぼ初めて正面から向き合った膣が以前自分が知っていた膣と全く違う・・・という驚きは、多くの女性にとってリアルであり、共感するようなことだったのだからでしょう。

ワークショップでは、原田さんがたつのさんと出会って自らの人生が踊るように変化していった、“膣の冒険”のお話を伺います。また「トリセツ」監修者のたつのさんには、デリケートゾーンマッサージについて伺います。たつのさんは助産師として数多くの出産に携われ、東洋医学の観点からアユールヴェーダを取り入れ女性器のマッサージなどを提唱しています。

最近、膣が堅くなってきた、膣に全く触れていないがどのように触れていいかも分からない、膣の悩みがたくさんあるがどこに行ったらいいかわからない・・・膣のことで困っている女性は少なくありません。膣のことで困っている幅広い世代の方にいらしていただける会です。

また「ちつのトリセツ」への疑問をお持ちの方のご参加もお待ちしています! ラブピースクラブもこの本がこのように多くの方に読まれていることから、今の女性の体の語られ方や、そして、困っている方が多い現実をどのように考えていけばいいんだろう。どのように自分の体に向き合っていくことを、提案していけるのだろう・・・という思いで今回のワークショップを開催します。
当日は、ラブピースクラブのトーイやトレーニンググッズ、またローションなどの使い方なども説明する時間もあります。
全く性経験のない方も安心して参加していただける会です。ご参加お待ちしています。



【トークゲスト】

tatsuno2017.jpgたつのゆりこさん
【プロフィール】助産師・鍼灸師・看護師 北里大学病院(産科新生児室)、日大板橋病院(産科/ICU・CCU)、 山西助産院など大学病院から助産院、自宅出産介助まで幅広い業務経験を持つ。現在、Be born助産院・産後養生院院長として、お産の介助、出産前後の女性の心身のケアを行なっている。また、東洋医学を中心としたホリスティックな健康管理の指導やケアも行う。


原田純さん harada2017.jpg
【プロフィール】編集者 15歳で和光学園高校中退。1980年、長女出産。印刷会社に勤務ののち、職業訓練校で学び、版下製作会社に勤務。1989年、径書房に入社。現在、径書房代表取締役。著書に『ねじれた家 帰りたくない家』(講談社)、岸田秀氏との対談『親の毒 親の呪縛』(大和書房)がある。




【ご参加方法】
【開催日時】 2017年09月29日(金) 19:00〜21:00
【参加費】  1000円
【開催場所】 OLIVE  東京都文京区本郷7-2-2 7階(LOVE PIECE CLUBと同じ建物です)
【ご予約方法】ご予約はメール またはお電話で承っております。
 メールアドレス love@lovepiececlub.com 
 電話 0120-812-554 / 03-5840-6455
 メールの場合は件名に「09月29日イベント予約」とお記し下さい。
「お名前・ご連絡先お電話番号」をご連絡下さい。
(お友達とのご参加をお考えの方は、お友達のお名前もご連絡ください)
※誠に勝手ながら、当イベントは女性の方に限らせていただきます。
※受付ダイアルは土日・祝日はお休みです。

サブ カテゴリー別
カテゴリーリスト