タイトル画像
ラブピースクラブショップ
ラブピおすすめランキング
バイブレーター編!
No.1
北欧デザインの最高級スタイリッシュ・トーイ
No.1
世界初の吸うバイブからリップ型が登場!
No.1
2017年ラブピ一押しトーイ!
ニューヨーク発信フェミニストの女性たちが運営するセックスグッズショップ「unbound」から最高にクールなアクセサリが入荷しました



世界の女はゆるやかにつながってる
最高にクールで、スタイリッシュで、かっこいいラブピと同じく「フェミ視点」のセックスグッズショップをニューヨークに見つけたんです。その名も「UNBOUND」
ニューヨークで活動するフェミニストたちがはじめた、女性による、女性のためのセックストーイショップです。

ハイセンスなホームページと選び抜かれた商品のクオリティの高さから、アメリカの女性たちの間で大注目のショップで扱われているUNBOUND。ホームページを覗くと、ラブピでも扱っている商品がたくさん「うん、やっぱりこの商品はセレクトするよね」と、ツボをついたラインナップに膝を叩きまくり。親近感湧きまくり。

そんな、UNBOUNDから、オリジナルグッズが届きました。コンセプトは、「ルールを壊した女性」
ツィッギー、アメリア・イアハート、クレオパトラ3人の女性にフィーチャーし、彼女たちのイメージに沿った普段から使えるフェティッシュコレクションです。
それぞれどんな女性たちだったのか。

まずは、ツィッギー。
2017071102_t.jpg
1960年代に活躍したロンドンのファッションモデルであるツィッギーは、それまでのモデルと異なるユニセックスなスタイルと、規範の恋愛観にとらわれないフリーラブ運動のアイコンとして人気を博しました。ジェンダーにとらわれない、ツィッギーのセクシャリティを見ていくと、ジェンダーの問題が明るみになるようです。


そして、1928年に大西洋横断を成し遂げた初の女性がアメリア・イアハート。
2017071102_a.jpg
ジェンダー規範の強かった時代に、「冒険」に挑戦しつづけたアメリア。当時の新聞には、彼女が女性の自由と独立を目指す、フェミニズム思想の持ち主であったことも記されています。


最後にご紹介するのはクレオパトラ。
2017071102_c.jpg
クレオパトラは、一般的には「絶世の美女」として認識されることが多いですが、非常に教養の高い女性であったとも言われています。クレオパトラは、望むものを得るために人々を魅了し、いまでいうセルフプロデュース能力の高い女性で、男性中心の政治の世界のなかでも突出した政治的手腕に長けていた持ち主であった逸話が多く残っています。


三者三様の女性たち。それぞれ個性的で、男社会に屈することなく自分の生き方をもっていた。その崇高な精神をリスペクトしたunboundコレクションは、日常でもアクセサリーとして使えるクールでハンサムなフェティッシュグッズなんです。
すでにラブピースクラブではオシャレで使いやすいアイテムを多数入荷しています。

今後のラインナップをちょっとだけ先にご紹介すると、ニップルクリップになるピアス、コックリングになるブレスレット、くすぐることができる指輪などなどこれが本当にどれもスタイリッシュ!
パッと見ではアクセサリーにしか見えないのに、実はフェティッシュグッズ♡遊び心満載で身に着けるだけで気分が上がります。

今後、みなさまにドンドンご紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね!

著者| スタッフブログ