タイトル画像
ラブピースクラブショップ
先週の人気ランキング
バイブレーター編!
No.1
指にはめて使うバイブ。優しくて柔らかいバイブレーション。
No.1
カナダ発! 奥までしっかり届く重量感のある実力派トーイ
No.1
イギリスのブランドJeJooue、うさぎの耳をしたバイブです!
夢でやれたら
LPC官能小説第10回「コックコート姿の後ろ姿に、ゴクリと喉を鳴らしていた…」
17.02.28 by 鍬津ころ



 会社用の分担金を払っただけで、バレンタインは何事もなく終わった。


 ちょうどバレンタインの翌日が決算日だったから、例の妄想に浸るヒマもなかったってのが、本当のところ。
 チョコにも、決算前の差し入れというか、気合を入れるための糖分、という部分がある。だから、オフィスの真ん中に大箱をドン!と置いて、通りすがりの社員が口に放り込む。お金を出してるんだから、当然女子社員もつまむ。むしろ、女子がほとんど食べてるんじゃないかしら。


 もっとも、私はそれほどチョコが好きじゃない。
 どっちかというと、生クリーム派。
 だから、ホワイトデーにもあんまりワクワクしたことがない。デパートの特設売り場って、焼き菓子ばっかりなんだもん。
 だけど、今年は文字通りひと味違う。
 某デパートが、ホワイトデーとイチゴを合わせたスイーツフェアを催したの。
 焼き菓子だけじゃなく、有名だけどお菓子のためだけにそこまで行けないようなお店が、フェアに合わせたイチゴスイーツを出展している。つまり、期間限定のレアなケーキを選び放題ってこと!


 私、有給を取り、朝ご飯も抜きで催事場に行った。
 人ごみも行列も、お目当てのケーキが目前で売り切れるのも許せないでしょ。
 『WE LOVE STRAWBERRY! ホワイトデー スイーツフェア』
 そんなタイトルがデザインされているのは、ピンクを基調にした、魅惑的なアーチ。向こうには、ガーリーに飾り付けたショウケースが整然と並んでいる。
 開店直後のこともあり、少数の行列店以外には人だかりもなかった。
 漂うのは、甘酸っぱいイチゴと、あま〜いクリームの香り。さあ、テンションが上がってきた!


 場内図を手に、お店を物色して歩く。
 買うケーキは厳選しないとね。
 と、同じ市内から、聞いたことのないお店が出ているのに気づいた。
 ちょっと窪んだ一角の、一番すみっこ。
 無名店だから、場所がよくないみたい。だけど、催事に呼ばれているんだから、それなりの実力があるはずだ。
 私はまず、そのお店に行った。


 ケースの上には焼き菓子、中にはケーキが並んでいる。
 ゴクリ。
 思わず喉が鳴った。特別派手なデコレーションはないけど、生クリームの色艶、キリッと整えられた形、漂う香りが、もう絶品。
 すぐに買いたくなったのに、ケースの後ろには誰もいない。
 未練たっぷりに背伸びして覗き込むと、後ろの壁に隙間があって、スーパーのバックヤードの冷気を遮るようなビニール製ののれんが、床まで垂れていた。
 私、期待のあまり、声をかけることもせずその隙間に忍び込んだ。


 狭い空間はかなり温度が低い。照明を押さえた銀色の台の上に、コックコート姿の人覆い被さっていた。
 その背中を盛り上げる筋肉が、凄かった。
 それに、お尻。
 コートの裾に隠れていても、コリコリした大臀筋が、腿の筋肉と繋がるところでキュッと締まっているのがわかる。お尻のエクボまで、透かし見える気がした。
 私、今度はその後ろ姿に、ゴクリと喉を鳴らしていた。
 音が響いて、パティシエが驚いたようにこちらを振り返った。


 「遅いよ、9時には来てって言ったでしょ!」
 コック帽の下の、鋭いまなざしと、きつい声。コートの白が眩しく見えるほど濃く灼けた、セクシーな肌。
 四条丸クンが、ケーキにクリームをデコレーションしている。
 私は声もなく、ため息をついた。


 「……あれ? お客さん? すみませんね、今日の販売員が遅れていて……でもバックヤードに入られたら、困りますよ」
 彼、会釈とともにそう言いながら、私に近づく。甘い香りが、一緒に近づいてくる。
 よく見ると、頬と手にクリームがついていた。
 「……あ……」
 私、反射的に指を伸ばし、彼の頬からクリームを掬い取っていた。
 「え? あ、着いてました……?」
 一転、苦笑いになる表情が、とってもキュート。
 生クリームにお酒でも入っているのかしら。酔っぱらったような気分で私、クリームのついた人差し指を、唇に挟む。


 ふわん、と柔らかく、トロリ、と濃密な感触。
 舌を絡めると、官能的とさえ感じる甘さが、私の口中を愛撫する。
 美味しい。想像通り、いえ、想像よりもずっと美味しい!
 私、ひとかけらも残したくなくて、唇も舐め回した。視界がかすむほど、膝が震えるほど、その甘美な美味しさに呑み込まれていた。


 「……そんなに、美味しい……?」
 声と同時に顎を掴まれ、クイッと上げられた。そして、できあがったばかりのケーキを、口許に押しつけられる。
 「むぐ!」
 なんて言いながら、私はそれを頬張った。 
 乗せられた小粒なイチゴとラズベリーがこぼれ落ちるのが横目に見えた。バッグが落ちるのも構わず、慌てて両手で受けとめる。両手にもクリームがつく。


 彼、私にケーキを押しつけたまま、片手で私の手を取った。そこに着いたクリームを、お返しのように舐め取っている。
 舌先にてのひらをくすぐられ、目の奥がチリチリと熱くなる。
 「はあぁぁ……」
 思わず吐息を漏らすと、ケーキも落ちてしまった。暖房が効いた店内で、コートを脱いでいたおかげで、それは襟ぐりの広いカットソーに触れず、バストの盛り上がりの上に、ボタリと落ちた。


 顔と胸元をクリーム塗れにした私を見つめる、彼の呼吸が荒くなっていく。
 次の瞬間、物凄い力で、カットソーの胸元がブラごと押し下げられた。布地の裂ける音がしたけど、そんなことどうでもよかった。
 彼が私を抱き寄せて、あらわになったバストに、自分の顔でケーキを塗りたくりだしたから。


 ジュルッジュルッと音をたてて、彼がクリームごと私の乳首をしゃぶる。
 「ん、っ、そんなァ……!」
 甘い匂いと、ぬるぬるした感触の中心を強く吸われて、お腹の奥がウズウズしてくる。
 おもむろに顔をあげた彼も、クリームまみれ。
 私、ためらいもなくその顔を両手に挟み、クリームを舐め取った。
 すぐに舌が絡まり、夢のように甘いキスが、長く続く。


 それから、クリームまみれの太い指が、私のお腹を甘く汚し、クリちゃんをデコレートする。
 「ヒッ、や、もったいな、ぁああ……!」
 両手で彼にぶら下がるようにしながら、腰を振ることしかできなかった。
 いつのまにスカートを脱がされたんだろう? なんて、考えている余裕はなかった。
 口ではもったいないと言いながら、私、下のおクチでもあの痺れるような甘さを味わいたくてたまらなかった。


 「じゃあ、やめる?」
 私の心を読んだように、彼がニヤリと笑う。
 私は目を閉じて激しく首を振る。
 「た、ぁべさせて、これ、甘いの、アソコに……ちょうだいッ!」
 口走った直後、ぬるん、と頬張らされた。
 「あはァ、あまいぃい……」
 脳自体が甘味を感じたように、私は目を潤ませて蕩けきった声をあげる。
 クリームを内壁に塗られ、私自身がケーキになってしまいそう。
 彼の、太くて長い指は、私のどこまで届くのかしら。


 いちばん深いところまで塗りこめられたら、私、絶頂の熱さで融け崩れてしまうかもしれない。
 それでも、いい。欲しい。
 「んく、おくぅ、奥まで、食べさせてぇ……おいしぃぃ、おく、奥がおいしいのぉぉ!」


 快楽のクリームが爆発した、次の瞬間。


 「……こちらの、ベリーアソートでよろしいですか?」
 上品な声で我に返った。
 奥のが欲しいの。
 私、そう言ったのかしら。
 ショウケースの後ろに立った女の子が、スクエアな純白の台に、イチゴとラズベリーを乗せ、贅沢にクリームを盛ったケーキをトングでつまみだそうとしている。
 『アレ、さっき私がアソコで食べたケーキ……!?』
 なんとか口に出さずに済んだ。アレ、そういう名前だったんだ。
 私は自分の全身から同じ香りが立ちのぼるようで、顔が火照ってしかたがなかった。


 後ろの壁には、のれんをかけた隙間があったけれど、その奥に向かう勇気は、とうてい出てこなかった。

プロフィール
鍬津ころ
鍬津ころ(くわつ・ころ)
札幌出身、東京在住。山羊座のO型。アダルト系出版社、編集プロダクション勤務後、フリーの編集者&ライター。2011年『イケない女将修行〜板前彼氏の指技vs官能小説家の温泉蜜筆』でネット配信小説デビュー。近著『ラブ・ループ』(徳間文庫)。馬、鹿、ジビエ大好き飲んだくれ系アラフォー女子。タバコの値上がりには500円までつきあう覚悟。