タイトル画像
ラブピースクラブショップ
スタッフおすすめトーイランキング
バイブレーター編!
No.1
誰もが虜になる大人気吸引式バイブ!!
No.1
うっとりするほど美しいトーイ
No.1
ラブピースクラブロングセラー! 北欧の最高傑作トーイ。
「慰安婦」問題、「かわいい!」が知るきっかけになることも⁉
18.06.28 by 玖保樹鈴



 6月9日に東京都内でおこなわれた、「キボタネ」の設立1周年記念シンポジウムに参加してきました。

 https://www.kibotane.org/

「キボタネ」とは一般社団法人・希望のたね基金の略で、韓国と日本の若者の交流などを通し、人権問題としての「慰安婦」問題への理解を深めるために設立されたものです。理事の1人が北原みのりさんなので、ご存知の方も多いのでは?

 以前お会いしたことがある、被害者の金福童ハルモニも来日されシンポジウムで挨拶されていました。金ハルモニは被害者女性たちとともに韓国政府を相手取り、日韓政府の合意により受けた心身の被害への損害賠償を求める裁判を起こしていました。しかしこのシンポジウムが終わった直後の6月15日に、ソウル地裁は請求を棄却しています。
 民間の調査会社によると韓国では現在、文在寅大統領の支持率は約8割となっているのだとか。「悪名高き朴政権を倒して、国を自分たちの手に取り戻した!」という喜びの声が大きいようですが、THAADミサイルや「慰安婦」被害者への救済など、手つかずになったままの問題も実は色々あります。そこを見ないふりしての全面支持はちょっとできないかなと、玖保樹的には思っているのですが……。

 シンポジウムでは、キボタネのスタディツアー参加者たちの声を集めた冊子が、カンパした人を対象に配布されました。私も頂いたので目を通してみると、ツアー参加者が立ち寄った場所が掲載されていて、その中で私が気になった場所がありました。それは「慰安婦」被害者のハルモニ達が描いた花などをモチーフにした商品を販売し、問題解決のための寄付をしているソーシャルベンチャー「マリーモンド」です。
 http://marymond.kr/main/index

 miss Aのスジがスマホケースを使っていたのが話題になり「スジ・フォンケース」と呼ばれていたことは冊子でも触れていましたが、コスメブランドのA'PIEUとコラボしたり、BTSのメンバーがアパレルを着ていたりと、韓国内ではなかなかメジャーな模様。
 https://twitter.com/BTS_twt/status/565749709315137536
 メッセージ性があり、かつそれは女性への戦時性暴力にNOを突きつけるものだなんて、日本では考えられない。でも何よりデザインがステキらしいと聞きつけたので、ソウル弾丸ツアーのついでにマリーモンドのショップに行ってまいりました〜。

 地下鉄2号線のトゥッソムという駅が最寄ですが、ここで降りたのは今回が初めて。近くに文化芸術公園があるからか、学生の姿を多く見かけました。で、駅から歩くこと約5分。ちょいちょいカフェなどが並ぶ一角に、マリーモンドがありました。

 まず外から店を覗いただけでも、十分にかわいい……! そしてフラワーアレンジメントスクールやカフェを兼ねている店内は、まさにお花だらけ。私がみやぞん(お花大好き芸人)だったら、歓喜の声をあげていたかもしれません。

 この日は学生さんと思しきグループへのレクチャーがおこなわれていましたが、その横で黙々と商品をチェックする玖保樹。スマホケースやステーショナリー、バッグからアパレルまでが並び、いずれもアーモンドや桃の花などがちりばめられていました。「ひえーっ! 欲しいものだらけだよ」と日本語で独りごちつつも、この花々は例えば桃の花は2017年に亡くなった朴チャスンハルモニ、木蓮は金福童ハルモニ、ムクゲは金学順ハルモニと、それぞれに意味を持っていることもわかりました。またアーモンドは、家庭で虐待されている子どもの被害回復を意味するもので、生命と回復、そしてあたたかな日常などをイメージしています。

 しかしかわいいグッズを売っているだけではなく、少女像をむやみに撤去したり移転されたりしないために、少女像を公共造形物に指定する署名を集めているなど、マリーモンドは硬派なアクションも起こしてます。
 入口こそは「かわいい」だけど、込められた思いの大きさや重さを知れば知るほど、1つ1つのグッズを大事にしていこうという気持ちにさせられる。そんなブランドって日本にも、いや世界にも類を見ないと思うのですがいかがでしょう?

 日本では「慰安婦」という言葉を聞いただけでものすごい反応を示す人がいる一方で、逆に「知識もなければ知ろうとも思わない」人も多い気がします(個人の感想ですけど)。また外見主義の悪しき象徴として「かわいい」は時に糾弾の対象にされます。でもそれでもマリーモンドのような「かわいい」グッズが、歴史問題を考えるきっかけになるのは、悪いことではないと思います。
 好きなKポのスターとお揃いにしたいとか、ただかわいいから欲しいとかでも別にいい。そうやって認識されることで、「慰安婦」問題に関心が向くことこそが大事なんじゃないかな。だからこそ、ぜひ日本でも買えるようにして欲しいなあと願う玖保樹でした。ではまた!

写真がどヘタクソでかわいさが伝わりきらない気もしますが、ショップはガラス張りの外観が目印です。

2018062801.jpg

スマホケース(約2500円)とハンドミラー、ペンケース(ともに各400円)を購入したら、ステッカーや付箋などのノベルティを頂いてしまいました!

2018062802.JPG
プロフィール
久保樹りん
玖保樹鈴(くぼき・りん)
政治から恋愛までを、ぬるま湯程度の熱さで語るフリーライター。
中の人の好きなものはタヌキラーメン。