home >> shop >> BOOKS・CD >> エッセー >> フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか

フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか
香山リカ&北原みのりが語る、「性の語り難さ」。フェミニストの北原と、どちらかといえばオタクよりの香山さんが、今、私たちの社会にある問題を提起していきます。

LINE   
フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか

画像をクリックして拡大イメージを表示

●著者:香山リカ・北原みのり
●出版社:イーストプレス
●出版日:2017年11月
●246p

販売価格:¥1,512(税込)
在庫有り

Item Number: 05090213

ポイント獲得数: 70 ポイント

フェミニストの北原みのりと、どちらかといえばオタクよりの香山リカさんの対談集。
性の表現や性売買。フェミにとっては避けられない話題だけれど、なかなか語るのが難しいこと。表現の自由は尊いけれど、では、暴力や性差別、ヘイトも「ひょうげんのじゆう」として尊重しなければいけないのか。または、AV出演強要問題で、AV産業の産業による被害が明かになったけれど、AV業界をクリーン化することが答えなのか、それとも社会として「どんな方向を目指せばいいのだろう」。そんなことを、「答え」を求めるのではなく、女の当事者として諦めずに語り合います。

香山さんは89年の宮崎勤事件の時、「宮崎は自分だ」と考えたそうです。なぜそう考えたのか。そしてその香山さんがこの四半世紀に、どのように性をみつめ、リベラルの言論人としてどのように性の問題を捉えてきたのか。また89年の宮崎勤の事件により、よりフェミを自覚した北原にとって、あの事件がこの社会にもたらしたものをどう考えているのか。
フェミとオタクを対峙させているのではなく、フェミとしてオタクとして、性の問題を語り合い、どこか相性が悪そうにみえる、論点が色々とかみ合わない感じに見える性の問題を丁寧にあぶりだしていきます。

ラブピースクラブでお買い求めいただいたお客様には、お客様のお名前を入れて北原のサインを入れてお届けします。
お名前ご不要の場合は、ご注文時にメモ欄にお書き添え下さい。

関連商品

  • くされ女子!
  • フェミの嫌われ方
  • バイブガールズ4号
  • バイブガールズ5号
  • ガールズセックス
  • メロスのようには走らない。
  • 毒婦たち 東電OLと木嶋佳苗のあいだ
  • くされ女子!in Deep

只今ご注文頂くと
7月24日
のお届けになります。

地域やお支払い方法によってお届け日が異なります。お住まいの地域をお選びください。日時指定も可能です。詳細はコチラから。

  • 送料は全国一律600円
    2万円以上ご購入で無料
  • プライバシー重視
  • スタッフは全員女性
  • 支払方法各種あり
    credit

CATEGORIES 商品カテゴリー

YES 18歳以上ですので入場します
NO 18歳未満ですので退場します