home >> shop >> 咲ききれなかった花

咲ききれなかった花
ラブピースクラブの出版社「アジュマブックス」の本、「咲ききれなかった花」は、「慰安婦」にさせられた女性たちに絵を教えた美術の先生が描く、性暴力トラウマ治癒の物語です。

LINE   
咲ききれなかった花

画像をクリックして拡大イメージを表示

販売価格:¥2,970(税込)
在庫有り

ご一緒にいかがですか?

Item Number: 5458

ポイント獲得数: 135 ポイント

美術の時間は、思いがけずに、女性たちのトラウマ治癒の時間になっていきました。

ラブピースクラブ代表の北原みのりはこの本に出会って、アジュマブックス設立を決めました。「慰安婦」女性たちに絵を教えていた女性が記した本です。

1993年~1997年までのあいだ、日本軍性奴隷制被害者ハルモニたちに、絵を教えていた女性がいました。

美大を卒業したばかりの20代の女性が、ハングルを教えるボランティアとして、ハルモニたちが暮らす「ナヌムの家」を訪れた日から本書ははじまります。壮絶な性被害を体験した女性たちを前に、天気の話くらいしかできない自分、無力な自分に逃げるように帰宅したあと、「自分にできることはないか」と考え、「そうだ、絵なら教えられる」と思いついたことをきっかけに、ハルモニたちとの美術の時間がうまれたのです。

本書は、ハルモニたちの美術の先生として共に時を過ごしたイ・ギョンシンが2018年に記した美術の時間の物語です。

はじめは身の回りにあるモノを実写していく時間でした。ある日、ナヌムの家に行くと、ハルモニたちの空気が怒りに満ちていたといいます。日本政府が「慰安婦」問題について否定したニュースが流れた日でした。美術の先生は今日は絵の授業は無理かも・・・と思いながらも、ハルモニたちにある提案をします。その提案が思わぬ方向に、ハルモニたちを、そして著者であるイ・ギョンシンさんを導くことになりました。

絵を描くことが、壮絶なトラウマを抱えた人たちにとってどのような力になるのか。性暴力でうけたトラウマを治療するという概念もない時代に、美術の時間を通して自らの過去を「描いた」ハルモニたちとの時間が丁寧に描かれます。この時間を通して数多く残された絵の背景にあった物語、またハルモニたちの活き活きとした言葉や、涙、笑いが蘇る。





ajuma books はシスターフッドの出版社です。

アジュマは韓国語で中高年女性を示す言葉。美しい響ですよね。

たくさんのアジュマ(未来のアジュマも含めて!)の声を届けられたらという思いではじめました。

アジュマブックスのロゴは、急いで書いた手書きの猫。

これは放浪の民ホボがサバイブするために残した記号の一つです。

意味は「親切な女性が住んでいる家」

アジュマと猫は最強の組み合わせですよね。

柔らかで最強な読書の時間を深められる 物語を紡いでいきます。

書きたい人、作りたい人、大歓迎です。

一緒にシスターフッドの世界、つくっていきましょう。

ajuma books 代表 北原みのり 


関連商品

  • ブスの開き直り
  • ハヨンガ
  • バイブガールズ5号
  • フェミの嫌われ方
  • わたしは黙らない 性暴力をなくす30の視点
  • 韓国女性アーティストによる性暴力をテーマにしたCD 「イヤギヘチュセヨ」
  • フラワーデモを記録する
  • アンアンのセックスできれいになれた?

只今ご注文頂くと
5月28日
のお届けになります。

地域やお支払い方法によってお届け日が異なります。お住まいの地域をお選びください。日時指定も可能です。詳細はコチラから。

  • 送料は全国一律600円
    2万円以上ご購入で無料
  • プライバシー重視
  • スタッフは全員女性
  • 支払方法各種あり
    credit
    Amazon Pay
YES 18歳以上ですので入場します
NO 18歳未満ですので退場します