ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

〈寄稿〉少年アヤちゃん 「最高のセックス最悪のセックス」

少年アヤちゃん2014.04.16

Loading...

去年の秋、浅草に熊手を買いにいった帰りの電車で、痴漢に遭った。
おそるおそる振り返ると、ハゲていて、太っていて、おまけに鼻毛まで飛び出したオヤジが、ぱちんと私にウインクした。
膝が震えた。こわいと思った。しかし、なぜこわいのかと考えると、分からなかった。
逃げるように途中駅で降りると、痴漢は私の腕を強く強くひっぱって「来い」と言った。私は、思わず着いていってしまった。
狭い個室トイレに入ると、痴漢は、なにかものすごいカードでも切るような顔で、チンコを取り出した。巨根だった。形は立派だが、全体的に色素が薄く、蒸した鶏肉のように生気がない。
「舐めてくれる?」
はい、と従う。めちゃくちゃに頬張って吸い上げる。
白い巨根は、見た目どおりの無味無臭で、まるでプラスチックでもしゃぶっているような感じだった。つまんないなあ、と思う。
もうどうにでもなれと、ファーストキスもくれてやった。ぶっちゅうう……という音はひたすら下品で、キスに対して抱いていた幻想が、一瞬のうちに砕けていった。ただいいこともあって、ずっと歯にはさまっていたカツオぶしの残骸が、スポンと取れて、痴漢の口腔に吸収されていった。
左手には、ど派手な熊手が握られたままだった。下町の職人さんが丹精込めてつくった、2万近くする上等な熊手。とても繊細なものなので、トイレの床なんかには置きたくなかった。「お客さん、きっといいことありますよ!」と笑って、三三四拍子をしてくれたお兄さんの笑顔が、罪悪感のむこうに霞んでいく。
ハァ、パパパン、パパパン、パパパン、パン。
ヨッ、パパパン、パパパン、パパパン、パン。
痴漢は果てた。やはり匂いのしない精液を、汚れた便壷に吐き出して。
なんてことない顔で痴漢と別れたあと、私は滝の用に汗をかいて、自宅のソファに倒れ込んだ。翌朝目覚めると、二日酔いよりももっと酷い頭痛で立ち上がれず、一日中吐いたり叫んだりした。救急車を呼びたいのに、視界がぼやけて、うまくダイヤルが押せない。
薄れゆく意識のなか、これは裁きだ、と思った。
それから数ヶ月、ずっとあの時感じた恐怖と、裁きの正体を探し続けた。
性被害に遭ってしまったこと。被害者である自分から逃げるため、ほとんど意地で相手役を演じてしまったこと。
色々な要素が浮かんだが、どれもしっくり来なかった。もっともっとグロテスクな答えが、きっとあるはず。
そしてこの間、ようやく答えを見つけた。
私を苦しめていたのは、あまりにも強烈な、父親への罪悪感だった。
私と父親には確執があり、もう16年近く、まともな会話をしていない。
根底にあるのは、幼少期に感じた、父親のホモフォビアだ。しかし今になって思えば、父親なりに隠そうとしてくれていたと思う。問題は、そんな彼の気遣いを見抜いてしまった私自身にある。
父親を拒絶する一方で、私はずっと、息子になりきれなかった自分を責め続けている。
もはや父親自身も望んでいないであろう、「完璧な息子」になるため、それを投影した「男らしい」男の子たちに自己投影して崇拝したり、わざと女言葉を使って、父親をもっともっと裏切ってやろう(だから叱って!)と足掻いてみたり。
痴漢は、こんな私を、家のなかから救い出そうとしてくれた、ある意味白馬の王子様だったのかもしれない。そう、だから着いていったんだ。
しかしキスをして、セックスをして、おとなになってしまうことは、私にとって恐怖でしかなかった。父親のこどもで無くなってしまうことに、耐えられなかった。
だってまだ、こどもとして、父親になにもしてやれていない。キャッチボールをしたり、並んでハイキングに出かけたり、こっそり女の子の話をしたり。
痴漢に遭ったあと、知り合いから「せめてイケメンだったらよかったのにね」と言われたが、あの日触れてきたのがトムクルーズでも、韓流スターでも、やはり同じように傷付いたと思う。いやもはや、恋人相手のセックスだったとしても、傷付いたんじゃないだろうか。
そう思っている自分を発見したとき、ばっかじゃないの、と脱力した。
だけど、どうしようもない。気付いたところで、変われない。
塔の上のラプンツェルは、どうやって塔から出たのだろう。
調べたら、長い髪を垂らして、そこから王子様を登らせたらしい。
首、もげちゃうでしょ。いやひょっとしたら、塔からの救済なんて幻想だ、ってことを言いたいんだろうか。
塔の外には、遥か地平線が続いている。それは朝も夜も、どんな季節のなかにおいても美しく、これを一生眺め続ける人生も悪くない、なんて思えてくるのだった。

Loading...

少年アヤちゃん

平成元年、消費税と共にうまれ、自己愛と自己否定に翻弄されながらコラム&エッセイなどを執筆。河出書房webサイトで日記の連載をしているほか、ブログを元にした書籍「尼のような子(祥伝社)」発売中。 

関連記事

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP