ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 朝美
  • 2015年 地球人宣言! Be the difference It’s time to woman up!!

2015年 地球人宣言! Be the difference It’s time to woman up!!

朝美2015.01.16

Loading...
ラブピースクラブの皆さま。 明けまして、おめでとうございます~。 海外に住むワタシにとって、ラブピースクラブの記事は、オンナのホンネが読める貴重な情報源っ!今の日本の状況や女性が置かれている現状を知っては驚いたり、悲しかったり、怒りがフツフツとこみ上げてきたりしていたワタシですが、今年から、ラブピースクラブで執筆させて頂ける機会に恵まれました。 日本での暮らしに馴染めなかった(、、というか、馴染もうとも思ってなかった)ワタシは、渡米を決意。渡米当初は、日本で学んできた英語が全く通じないことに衝撃を受け、大学の講義についていくのもやっと。毎日の生活も四苦八苦。社会にでてからも、波アリ谷アリの連続でしたが、泣いたところで、誰も助けてはくれないこの国に、“冷たいっ!”と感じたことも数知れず。でも、そこで、メソメソ・ウルウルして立ち止まってる時間があったら、吠えて吠えて吠えまくれっ!ということを身をもって知ったので、へこんでは立ち上がり、落ち込んでは這い上がり、何とかサバイバルして現在に至っております。 当時のワタシは、ガイコクへの憧れが強く、自由とは海外に出ることでもあったので、日本で暮らしていくことが窮屈でたまらず、、、。それが、海外で暮らすようになってから、自分のルーツやアイデンティティを意識するようになり、日本を知りたくなり、日本と日本人について考えるようになり、自分が日本人であることを自覚するようになり、今では、日本人としての誇りをもち、こちらで暮らしています。 肌や顔、身体。ジェンダー、セクシャリティー。国、言葉、文化、宗教、習慣、育ってきた環境も価値観も多種多様な社会の暮らしは、みんな、一人一人が、違う。違うがアタリマエで、同じは、ほとんどありえない。日本では常識なコトだって、ここでは、通用しない。そもそも、常識って、一体、何だ?って考えさせられることの方が多いのです。 多種多様な社会での暮らしで、日本(自分)のやり方はこうだ、日本人(自分)はこうだ、日本人(自分は)だからこれでいいのだ。なんて、一つの考えとビジョンに執着していたら、可能性は逃げていくし、自分の世界も広がらないので、客観的な視点で自分の国と自分を見つめコトを学び、まずは、意識を高めて、自己のマインドセットを改革していくことが大事なのだな~と日々、実感しています。 日本で日本人として暮らし、周りが日本人だらけのマジョリティーの中で守られた環境の中で生活していると、マジョリティーな価値観と集団のフローに慣れてしまって、本質を見失ってしまったり、情報に流されて、自分で考えることを怠ってしまったり、無意識のうちに感性が鈍くなってしまうこともあるのではないかなとも思います。 自分の身は、自分で守る。自分のコトは、自分で考える。自分のコトは、自分で選択して行動を起こす“THINK FOR YOURSELF” “THINK BEFORE YOU ACT”と良識力・“COMMON SENSE”コモン・センスを磨いていくコトが、ここでは、空気を読むコトよりも大切なサバイバルスキルでもあります。 正直、アメリカは自由と平等であるとはいいにくい社会です。この社会でマイノリティーとして暮らすことは、ある意味、守られてない部分もあるので、人によっては、孤独感や怒り、悲しみを感じることもあると思います。ワタシ自身、こんなに長くアメリカで暮らしているのに、今だに理解不可能、意味不明なコト、不都合なコトに遭遇するなんてことも日常茶飯事。分けわからん勝手な理由をつけられて、トンでもない展開に頭を抱えることもあります。 自由を尊重するからといって、何を言っても良い。何をやっても良いなんて考えるのは大きな勘違い。自由であるがゆえにコモン・センスのアンテナをフル活動。ヒューメイン(HUMANE)であり、社会に貢献できるコトが前提にあって、やっと自由が得られるのではないのかな~と思っております。 それでも、まだ、ここで暮らす理由は何なんだ?と自分に問いかけてみたら、束縛されないコト。ダイバシティー豊かなこと。大らかで何気ない暖かさに胸打たれること。年齢に沿った生き方ではなく、人としてのあり方と意見と経験を尊重してくれるコト。オンナはこ~だ。こ~しろ。こ~だろうなんて、社会が勝手に作り上げたオンナ論にふりまわされる必要がないコト。ベタつきのない人間関係が保てるコト。ありのままの自分でいられるコトではないかなと思ったりもしています。 まだまだ、修行の足りないワタシには、自分の中にあるバイアス的なマインドセットが邪魔をすることのほうが多いのだけれど、カラフル・スピリッツで、この時間を皆さんと一緒に分かち合うことができると良いな~と思っております。 2015年が皆さんにとって、素晴らしい一年となりますように。 JOURNEY IS ALL ABOUT CHANGE. SO, YOU BE THE DIFFRENCE. GRATITUDE 感謝 KEEP SMILING~♪
Loading...

朝美(ともみ)

様々な業界を渡り働くジョブホッパー。米・最も働きたい企業にランクインするフォーチュン500企業に籍を置き、ライター、ライフスタイルリサーチャーとしても活躍。ランニング、ヨガ、ダンスとネコと自由を謳歌する自由人。NY発の女性による女性のための女性のFAST COMPANY が主導するwoman of sextechのチームメンバー:https://www.womenofsextech.com/tomomi-shirai

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP