ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

ラフォーレ原宿スタッフラブピスタッフ北原みのりアジュマブックスおざわじゅんこ大杉真心安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミキム・ジナ菊池ミナト黒川 アンネ黒田鮎未具ゆりJayooByul鈴木はなJustin Mccurry爪半月高橋フミコ曺美樹塚原久美橘さざんか茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおり成川彩ハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

banner_2212biird

NY発! ママのためのセクシュアルライフ講座。産後の変化は意外に厳しい。だからこそ諦めないことが大切。

ラブピスタッフ2023.07.31

Loading...

NY発のDAME!  2014年にセクソロジストのアレクサンドリアと、マサチュッせーツ工科大学のジャネットが2人で立ちあげ、女性のプレジャー革命を起こしました。NY発の最新のセックス事情や、様々なライフステージにいる女性たちに向けたブログを紹介していきます。今回は、DAMEのブログで紹介された「産後のママのセックス」のこと。産後の性欲や、パートナーとの関係が激変する女性は少なくありません。そんな時、パートナーとより深い絆をもとめ、セックスを楽しむためのヒントです。




母親になることは、大きな喜びと充実感をもたらす経験となりうるでしょう。一方で、母親になるということは、産後のセクシュアリティに関わる、新たな課題が生まれるということでもあります。
出産後しばらくの間、セックスのことが頭から離れない女性もいるでしょう。または、一刻も早くパートナーとの絆を取り戻したいと願うあまり、「6週間の待機」にまったく耐えられないと感じる人もいるかもしれません。またその中間のような状況でも、このブログでは、この”移行期”を乗り切るためのヒントをお伝えします。

それではさっそく、ママになった後のセックスについて、肉体的、感情的、心理的側面から探っていきましょう。複雑な問題を解き明かし、個人的な経験を共有し、母親が自分のセクシュアリティを受け入れ、充実したセックスライフを行うためにきっと役立つはず。

1. 身体の変化を受け入れる

産後のセクシュアリティで最初に取り組むべきことのひとつは、出産後に起こる身体的な変化に対することです。出産の旅は人それぞれ、回復の過程もさまざまです。まずはそのことを受け入れることが大切。
人によっては、身体の回復、ホルモンの変動、身体イメージの変化に、居心地が悪くなったり、相手との親密な関係に影響を与える可能性もあります。私は、娘の出産から肉体的にも精神的にも回復するのに、とてもとても長い時間がかかりました。さらに、新生児に触れ、母乳育児に伴うホルモンの変化も加わり、性欲が信じられないほど低下する時期がしばらく続きました。
この時期には、パートナーとのオープンなコミュニケーション、忍耐、そして自分への思いやりが鍵となります。穏やかなエクササイズに取り組んだり、セルフケアを実践したり、専門家の指導を受けたりすることは、癒しのプロセスを助けます。

2. 感情的なつながりを育む

母親になってからのセックスや愛情は、感情的な側面にとってもとても重要です。とはいえ、母親として要求されること、睡眠不足、さらに、日々積み重なる新しい課題に対応していくなかで、親密な関係を保つためのエネルギーなんて、ほとんど残らないかもしれません。
私の場合、子供を持つ前には想像もできなかったような方法で、感情的にパートナーに寄り添っている自分に気づきました。私は大変な陣痛に見舞われ、産後、何週間もとても弱っていました。その時にパートナーは、私がシャワーを浴びるのを手伝ってくれたり、食事の支度をしてくれたり、時には文字通りスプーンで授乳してくれたりしました。

このような瞬間に分かち合った親密さが、私がセックスと快楽を再び楽しもうと思え、そのことに十分な安全性と安心感を感じるための基礎になったのです。
私にとって、産後の親密さは性的なものではまったくなく、絶対的な親密というような感情的なものでした。願望、恐れ、期待についてオープンで正直な会話をすることで、パートナーとの絆を深めることができたのです。ささやかな愛情表現、一緒に過ごす充実した時間、感謝の気持ちを伝えることで、感情的な火花を再び散らすことができることを実感しています。

3. 心理的ハードルを乗り越える

ママになった後、セックスライフを再開させるときに、心理的なハードルについてパートナーと話し合うことはとても重要です。疲労や、ボディイメージへの不安、育児責任への不安など、さまざまな要因が性欲を減退させます。私はこの時期、セラピストや精神科医、新米ママや母乳育児のサポートグループに助けを求めました。新米ママや授乳コンサルタントとの交流は、この変化を乗り越え、人間関係の変化について悩みを相談する上で最も有意義なものでした。

ママになった女性たちが、セルフケアを優先し、愛する人にサポートを求め、必要であればセラピーを検討することは不可欠です。リラクゼーション法、マインドフルネス、感覚を集中させるエクササイズを試すことは、不安を和らげ、親密さへの前向きな考え方を促すのに役立つからです。

4. コミュニケーションと親密さ

オープンで正直なコミュニケーションは、健全で充実した性的関係の礎です。私とパートナーは、セックスはしない・・・という暗黙の了解をしていました。これは理想的なことではありません。「セックスしない」という部分ではなく、「暗黙の了解」が問題でした。私たちは、プレッシャーや焦りを感じることなく、お互いの懸念や願望について話し合う必要があることに気づいたのですが、そう気づいたことで、再びつながり、強い肉体的なつながりを取り戻していきました。

具体的には、自分の願望やボーダーラインについて話し合い、新しい経験を試していきました。そうすることで情熱を復活させ、2人の絆を強めることができます。忍耐強く、互いを理解し、互いのニーズを知ることで、親密さがより深まっていく環境を育てるのです。

5. セルフケアと喜びの優先

母親として、セルフケアは後回しになりがちです。けれど、自己の快楽を優先し、自分の欲望を探求することは、絶対に必要です。これを別名、オナニー、オナニー、オナニー! と言います! 準備ができたらいつでも、自分の膣口をゆっくり探ることから始めましょう。特に経膣分娩を経験した人は、膣の中の状況が変わっている可能性が高いので、まず自分自身とつながることが、今の自分にとって快楽とは何かを理解するための素晴らしい方法です。出産後、オーガズムを感じることが実際に簡単になったことに、私はとても驚きました。そして、オーガズムはより良いものでした。

これは必ずしもすべての人に起こることではありませんが、妊娠、出産、そしてその後に起こる身体的変化が、実際にクリトリスの神経終末を増加させることを示唆するいくつかの研究があります。プレジャーグッズを使うことで、挿入型オナニーに移行しやすくなります。

結局のところ、ママになった後のセックスは、複雑で個人的な旅なのです。身体的な変化を認め、感情的なつながりを育み、心理的なハードルを乗り越え、コミュニケーションを優先し、セルフケアを受け入れることで、自分のセクシュアリティを取り戻し、再定義することができます。誰もがユニークな経験をしており、万能のアプローチはないことを忘れないでください。自分の旅を祝福し、パートナーと率直にコミュニケーションをとり、充実した満足のいく親密な生活を育みながら、母親としての変容の力を受け入れてください。

DAMEのセックスグッズはコチラから!
https://www.lovepiececlub.com/shop/products/list.php?category_id=634
DAMEはNYの女性たちがつくった、女性のためのセックスグッズブランド。カナダとアメリカで多くの女性たちに指示されています。日本ではラブピースクラブが代理店としてDAMEの哲学、DAMEの思いを発信しています! ユニークなデザイン、圧倒的なバイブの機能など、DAMEの素晴らしさをぜひお手元に!

Becoming a mother can be a transformative experience that brings immense joy and fulfillment. But it also introduces new challenges, including navigating the realm of your own postpartum sexuality. Sex may be the absolute last thing on your mind for some time after giving birth, and that’s perfectly normal. Or, you may find the “six week wait” completely unbearable, as you’re longing to reconnect with your partner as soon as possible. Either way, and anywhere in between, we’re here to help you navigate through this transition.

So, without further adieu, let’s delve into the topic of sex after becoming a mom, exploring its physical, emotional, and psychological dimensions. Join us as we unravel the complexities, share personal experiences, and offer insights to help mothers embrace their sexuality and cultivate a fulfilling intimate life.

1. Embrace Physical Changes

One of the first aspects of postpartum sexuality to address is the physical changes that occur after giving birth. It's important to acknowledge that everyone’s birthing journey is unique, and the timeline for recovery varies. Physical healing, hormonal fluctuations, and changes in body image can impact your comfort and desire for intimacy. It took me a very, very long time to heal physically and emotionally from the birth of my daughter. Add feeling touched out by my newborn and the hormonal changes that come with breastfeeding, and we had the perfect cocktail for incredibly low libido for quite some time.

Open communication with your partner, patience, and self-compassion are key during this phase. Engaging in gentle exercises, practicing self-care, and seeking professional guidance can aid in the healing process.

2. Nurture Emotional Connection

The emotional aspect of sex and affection after becoming a mom is also really important. Balancing the demands of motherhood, sleep deprivation, and adjusting to new routines can leave little energy for intimacy. I found myself leaning on my partner emotionally in ways I never could have imagined prior to having a child. I had a tough labor and was very weak for many weeks, and my partner did everything for me so I could breastfeed our child. I’m talking, helping me shower, preparing my meals, sometimes literally spoon feeding me while I had my hands full nursing the baby around the clock.

The intimacy we shared in these moments has set the foundation for me to feel safe and secure enough to reintroduce sex and pleasure. For me, postpartum intimacy was not at all sexual, but was absolutely intimate and emotional. Engaging in open and honest conversations about desires, fears, and expectations can deepen the bond with your partner. Small gestures of affection, quality time together, and expressing appreciation can help reignite the emotional spark.

3. Navigate Psychological Hurdles

Psychological hurdles are so important to discuss when rekindling your sex life after becoming a mom. A range of factors, including fatigue, body image concerns, and anxiety about parenting responsibilities, can dampen sexual desire. I found the transition into motherhood to be entirely overwhelming, and sought out help from my therapist, psychiatrist, and new mothers’ and breastfeeding support groups. My experiences with new mothers and lactation consultants were the most meaningful in helping me navigate this change and to discuss my concerns about how my relationship was changing.

It's essential to prioritize self-care, seek support from loved ones, and consider therapy if needed. Exploring relaxation techniques, mindfulness, and sensate focus exercises can help ease anxiety and encourage a positive mindset towards intimacy, in addition to finding support from people who are experiencing similar transitions.

4. Communication and Intimacy

Open and honest communication is the cornerstone of a healthy and fulfilling sexual relationship. My partner and I had kind of an unspoken agreement for months that sex was not on the table. This wasn’t ideal–not the ‘no sex’ part, but the unspoken part. We found that we needed to discuss our concerns and our desires without pressure or resentment. Once we did, we found small ways to reconnect and build back up a strong physical connection. Baby steps, as they say.

Discussing desires, boundaries, and experimenting with new experiences can reignite passion and strengthen the bond between partners. Being patient, understanding, and adaptable to each other's needs fosters a supportive environment where intimacy can flourish.

5. Self-Care and Prioritizing Pleasure

As a mother, self-care often takes a backseat. However, prioritizing self-pleasure and exploring one's own desires is essential. AKA masturbate, masturbate, masturbate. Whenever you’re ready, start by exploring your own vulva slowly. It’s likely that things have changed down there, especially if you’ve had a vaginal birth, so reconnecting with yourself first is a great way to understand what pleasure means to you now. I was pleasantly surprised to find that orgasm was actually easier to achieve afterwards. And the orgasms were better.

While this doesn’t necessarily happen for everyone, there is some research that suggests that pregnancy, birth, and the physical changes that occur afterwards can actually increase the nerve endings in your clitoris. It’s certainly worth exploring, and doing so with external stimulation toys can help ease you into penetrative masturbation if that’s your thing.

Ultimately, sex after becoming a mom is a complex and personal journey. By acknowledging physical changes, nurturing emotional connection, overcoming psychological hurdles, prioritizing communication, and embracing self-care, you can reclaim and redefine your sexuality. Remember, everyone’s experience is unique, and there is no one-size-fits-all approach. Celebrate your journey, communicate openly with your partner, and embrace the transformative power of motherhood while cultivating a fulfilling and satisfying intimate life.

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • femistation
  • bababoshi

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ