ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

banner-1906dame06

≪沢部ひとみさん×ラブピースクラブ 『百合子、ダスヴィダーニヤ -湯浅芳子の 青春-』リーディングトーク≫

Loading...

昨年好評だった「アンアンのセックスできれいになれた?リーディングトーク」。今年も「ラブピースクラブ読書会」の開催が決定しました!
秋の夜長に、一冊の本についてみんなで学んで、みんなで語ってみませんか?

今回は、二人の女性の物語『百合子、ダスヴィダーニヤ -湯浅芳子の青春-』を取り上げます。
みなさんは、「湯浅芳子」という人をご存知でしょうか。
1896年(明治29年)に生まれ、1990年平成の時代まで生きたロシア文学者です。
ダンディな外見と、自由で勝気な性格。「男女郎」と揶揄されることもあった湯浅は、女性を愛する女性でした。
『百合子、ダスヴィダーニヤ -湯浅芳子の青春-』は、その湯浅が愛した「宮本百合子」と過ごした日々を記したノンフィクション作品です。
二人は試行錯誤しながら、女同士の「名のない愛」を築いていきます。
また湯浅は、男性優位があたりまえだったこの時代に、鋭い視点を持ち、男女間の不平等や「女らしさ」について秀逸な考察をしています。「フェミニスト」と名乗らずとも、彼女はいつでも「女」の視点に立っていました。

今回のリーディングトークでは、ゲストに『百合子、ダスヴィダーニヤ -湯浅芳子の青春-』の著者、沢部ひとみさんをお招きします。
湯浅芳子に実際に会い、話し、親交を深めた沢部さんに、湯浅芳子とはどんな人物だったのか、大正・昭和の時代に女が二人で生きていくとはどういうことだったのか、詳しくお話いただきます。
ジェンダーやセクシュアリティの違和感を抱えながら、明治、大正、昭和、平成の時代を強く生き抜いた湯浅の生涯を、具体的なエピソードとともに、一緒に振り返ってみましょう。
そこにはきっと、女性を愛する女性だけでなく、すべての女性にとって重要で意義深い「気づき」があるはずです。
歴史の中で埋もれてしまうことの多い「女のセクシュアリティ」や「女同士の関係」を、この書籍を通して、今改めて考えていければと思っています。ぜひお気軽にご参加ください!


【トークゲスト】
沢部ひとみ さん
Sawabe2015.JPG1952年静岡県生まれ。早稲田大学卒業後、公立学校教員をへてライターとなる。人物ノンフィクションを中心に執筆。
代表作に『百合子、ダスヴィダーニヤ ―湯浅芳子の青春―』(文藝春秋・学陽書房女性文庫)、『評論なんかこわくない』(飛鳥新社)がある。
2007年からパフスクールを主宰。ジェンダーやセクシュアリティ、マイノリティの視点に立ち、生きる知恵と勇気を共有し、学び合う場を提供している。現在は「再出発のための自分史」講座や、コミュニケーション力を高めるアサーティブ・トレーニングにも取り組んでいる。


【ワークショップ開催概要】
【開催日時】 2016年9月16日(金) 19:00~21:00
【参加費】  1000円(お茶・お菓子・おみやげ付き)
【開催場所】 ラブピースクラブショールーム 東京都文京区本郷7-2-2 2階
【ご予約方法】ご予約はメール またはお電話で承っております。
メールアドレス love@lovepiececlub.com
電話 0120-812-554 / 03-5840-6455
「お名前・ご年齢・ご連絡先電話番号」をご連絡下さい。
(お友達とのご参加をお考えの方は、お友達のお名前・ご年齢もご記入ください)
書籍『百合子、ダスヴィダーニヤ -湯浅芳子の青春-』(書籍をお持ちであれば、ご持参ください。お持ちでない場合も、ご参加いただけます。)
※誠に勝手ながら、当イベントは女性の方(生物学的な意味での女性)に限らせていただきます。
※受付ダイアルは土日・祝日はお休みです。
blog20160816.jpg

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ