ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

banner-1906dame06

松田聖子以上のタスクを背負わされたアイドル・木村拓哉を、遅ればせながら応援します

高山真2014.07.07

Loading...

 

 

 7月に入り、新ドラマが次々にオンエアされるわね。個人的には、フジテレビが3本も自局のリメイクをやることに驚いているのだけれど。


 妻夫木聡や瑛太などが出る『若者たち』は、なんと48年前に、田中邦衛主演でオンエアされていたものだそうよ。あたくしもさすがに生まれる前のことだから、このドラマがどういうものなのかわからないわ。『GTO』は、EXILEのAKIRAが主演するバージョンとしてはセカンドシーズン的な位置づけだけど、もともとは反町隆史が主演したものよね。


 で、『HERO』は、木村拓哉が2001年に主演した連続ドラマを、本人主演でもう一度やるわけね。13年ぶり2回目。って、なんか高校野球か昔の紅白みたいな響きだわ。若い方はご存じないだろうけど、20世紀の紅白歌合戦は、歌手が歌うとき、画面に「3年連続3回目」とか「5年ぶり3回目」といった情報がテロップになって出たものなのよ。そんな昔の紅白に敬意を表して、今回の木村拓哉の『HERO』、あたくしは『HERO2014』と表記することにいたします。『さそり座の女2009』(美川憲一)とか『古い日記‘03バージョン』(和田アキ子)みたいなのと同じ系統だと思ってくださって結構よ。


「なんかバカにしてる」と思った方もいるかしら。まあねえ、過去にもいろいろ、木村拓哉の「肌質」に関して書いてきたから、推定4人の読者のみなさんは特にそう思うかもね。でもあたくし、いまの木村拓哉は1周回ってかなり好き。と言うのも、木村拓哉の「“変わらないこと”の期待のされ方」って、ちょっと可哀想なくらいのレベルだから。


 木村拓哉は、40を過ぎても「ヴィンテージ」の域に入ることを未だに許されていない、日本芸能史上、唯一の「大看板アイドル」です。「ヴインテージアイドル」とは「いま現在、数字的にはたいしたことがないけれど、『刻んできた歴史そのものは諸手を挙げて評価せざるを得ない』と万人に認めさせてしまう人」のこと、とあたくしは定義しています。


実はかの松田聖子でさえ、1994年には「ヴィンテージ」扱いになっているのよ。1989年にシングルチャートの1位が取れなくなって、紅白歌合戦の出場も途切れ、その後はしばらく、売り上げ的には本当に落ち込んだ。嵐のようなバッシングもあった。そんな5年を過ごしたあと、1994年に『輝いた季節へ旅立とう』で紅白に久しぶりに登場するのね。この曲も、実はチャートでベストテン入りしていないの。それでも、12月31日の夜、『ツァラトゥストラかく語りき』の調べとともに天井から降りてきた巨大なミラーボールの中から、天使の羽を背負った聖子が満面の笑みで現れたとき、多くの人がひれ伏したのよ。「すげえオンナだ」と。


当時の聖子は32歳。その年齢で、聖子は「新曲がベストテンに入らない」ということが「取るに足らない小さなこと」と扱われるアイドルになったわけ。ヴィンテージシーズンの突入ね。その後は、「ザ・芸能界」のトップどころ1?2%の「超上位層」に位置する人々、たとえば石橋貴明や中居正広などが、「共演できることを異常なほどありがたがる」ことで、「聖子ヴィンテージ」の熟成に一役も二役も買っていたわ。


ひるがえって、木村拓哉はどうなのか。あたくしの知る限り、「あぁ、気ぃ遣われてるわねえ」と思うことはあっても、超上位層のタレントが「木村拓哉との共演をありがたがっている」場面を、見たことがありません。また、前作の主演ドラマ『安堂ロイド』が、その内容よりも視聴率のことばかりが話題(しかもネガティブ寄り)になっていたのも、まだみなさんの記憶に新しいのではないかしら。40代に突入してもなお、ここまで「数字」のことを言われるアイドルなんて、いまだかつて存在していない。木村拓哉は、松田聖子すら経験していない未曾有の状況にいるわけよ。「数字より、ありがたいと感じさせるステージ」への移行を、聖子以上に許されないアイドル、しかも、性別はオトコ。「オバさんになること」の何万倍も「オジさんになること」、つまり「ありがたいと感じさせるオトコ」になることがオトクな、この日本でね。


「アイドルが、アイドルのままで年をとる」という「困難」と、最初にがっぷり四つで組んだのが聖子なら、オトコのアイドルでそれに最初に取り組み、かつ、聖子以上にK点を伸ばし続けているのが木村拓哉という感じね。この「木村拓哉ひとりの肩にかかる、しんどさ」を、ジャニーズ事務所は感じて、何かを学んでいるのかしら。


SMAPのあとに「国民的」という枕詞がついたオトコの子グループといえば、嵐。でも嵐は、「絶対的エース一枚看板で成り立つグループ」ではなく「メンバー全員の対等な関係性を見せていく」ことで成り立っているグループね。SMAPは、たとえ香取慎吾のファンや中居正広のファンであったとしても、「SMAPの看板は誰?」という質問には「木村拓哉」と答えざるを得ない、明らかなパワーバランスがあった。対して嵐は、「嵐の看板は?」と訊かれたら、どのメンバーのファンであっても、「嵐は、5人で嵐」的な答えがいちばん多くなるじゃないかしら。


嵐のような構成だと、グループ全体にかかる『圧力』(個々の加齢やグループの人気の衰えといった、すべての芸能人が向き合わなくてはいけないもの)が、誰か1人に集中してしまうことはなくなる。個々の重荷が、多少なりとも軽くなるわけよ。SMAPから嵐への、この「流れの変化」が単に偶然だとしたら、ジャニーズ事務所の無意識の嗅覚にはおそれ入るしかありません。


 今度の『HERO2014』は、まず間違いなく、オンエアの翌日には2001年の『HERO』と視聴率の比較をされていることでしょう。そんなキリキリするようなタスクを、40代になっても負わされている「キムタク」を、今回は、ちょっと本気で応援していたりするのです。今度はどこまで肌をピンピンにして出てくるのかしら……。「応援してるなんて言ったそばからこのオカマは」って? いいえ、これがあたくしの応援の仕方なのよ!

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ