ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • ハッカパイプス
  • ヘヤビアンの部屋 第3回「トゥカ&バーティー」 <最後にイベント告知あり!>

ヘヤビアンの部屋 第3回「トゥカ&バーティー」 <最後にイベント告知あり!>

ハッカパイプス2019.06.10

Loading...

(S=ハッカパイプス:さいとう / A=ハッカパイプス/あきお)

A もう読みましたか皆さん! フェミニストマガジン「エトセトラブックス」の創刊号!

S ええ、ハッカパイプス単独ライブのことが少しだけ載っていましたね。

A 3行も載ってたよ! うれしいな! うれしいな!

S ありがたいことですね。冒頭からよいご報告ができ、喜ばしい限りです。ということで、今回のテーマは……?

A Netflixです!

S またNetflixですか。

A 最強のNetflixオリジナルアニメシリーズが爆誕しちゃったんだからしかたないよ。

S もちろん書籍・雑誌や映画、ゲームなどのコンテンツも追々取り上げていくつもりなので、Netflixをご覧にならない方も安心してくださいね。

A 巷に溢れる性差別映像コンテンツにほとほとお疲れの皆さんは、これを機にNetflixを始めるのも一つの手かと思います!

S はいはい。

 

*  *  *  *

 

A そのNetflixが満を持してブチ上げてきたフェミアニメ、それが「トゥカ&バーティー」だよ!

 

 

S ひねりのないタイトルですね。

A 何を言うか。これぞ昔から皆に愛されるコンテンツの鉄板よ。「トム&ジェリー」「ウォレス&グルミット」「サイモン&ガーファンクル」「ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス」「プリンス&ザ・」……

S 「テルマ&ルイーズ」とか?

A そう~~~! よくぞ言ってくれました。「トゥカ&バーティー」を観たときに「これこそ私が見たかったカタチの『テルマ&ルイーズ』だ!」って思った。

S 私、実は「テルマ&ルイーズ」を観たことがないんですよ。我ながらヘヤビアンの風上にも置けないとは思うのですが。

A いや、あれは必見の映画だと思うけど、めちゃつらいからね。無理せず、心に余裕のあるときにぜひ。だって結末がもう、つら~~~い! このエンディングしかあり得なかったの!? でも、あの時代にああいう映画撮ろうと思ったらしかたないのかな、とも思うけれども。

S それはそもそもよい映画なんでしょうか。

A いや、結末がショックなだけで、過程は素晴らしかったんだよ。でね、そういう最高の過程に、なんと! 最高の結末もつけちゃったのが今回紹介する「トゥカ&バーティー」なんだな。「テルマ&ルイーズ」を観て、好き! でもつらい……そんなアンビバレントな感想を抱いた方に、トゥカバを観てほしいよ。

A だってね、フェミ視点はもちろんのこと、大人向けアニメを女性が監督すること、それ自体大いに意義があるの! このジャンルはとにかくクリエイターに女性が少なくって。2016年の段階で「アダルト・スイム」っていう深夜帯の大人向けアニメチャンネルのシニア・エクゼクティブ・ヴァイス・プレジデント兼クリエイティブディレクターが「女なんか製作チームに入れても、生まれるのは確執だけでコメディじゃない」とかゴリゴリの女性蔑視ヌカしてるくらいでさ。 ※1

※1 https://www.polygon.com/2016/10/4/13156398/、2019/06/04時点

S  一人のクリエイターの発言としても非常に問題があるが、人を雇い入れる立場の人間がそんな考えを持っていることはさらに有害だ。しかも問題の発言があってなお、その椅子に座り続けていることも驚きです。だいたい何ですか、シニア・エクゼクティブ・ヴァイス・プレジデントというのは。

A とってもとってもえらい人ってことでしょ! ムッカつくぜ、ったく!

S 大人向け海外アニメというと、どんなものがあるんですか。

A Netflixで観られるものだと、「リック&モーティ」や「アーチャー」かな。どっちも内容は面白いけど、やっぱりそういうアニメに出てくる女性って、性的魅力を強調されたり、ケアの役割を負わされたりしてるなと感じる。トゥカバのリサ・ハナワルト監督が参加してる「ボージャック・ホースマン」も大人向けアニメだね。実は、まだ観たことないんだけど。こっちもNetflixオリジナルアニメシリーズの中でも評価が高くてシーズン5まで製作されてるし、ハナワルトが参画してるし、他よりは期待できるかも。今度観てみようっと。トゥカバもシーズン10くらいまでやってくんねえかな。

 

*  *  *  *

 

S さて、そんな「トゥカ&バーティー」はどんなお話でしたっけ。

A 主人公はタイトルにもなっている大親友の鳥女子ふたり、強気でイケイケのトゥカと、優しくて内気なバーティーです。ルームシェアをしていたんだけど、バーティーが彼氏のスペックルとその部屋に住むことになって、トゥカが同じアパートの上の階に引っ越すところから、お話は始まるよ。

S ちなみに、トゥカの隣人は草です。

A ご近所さんは詩人の犬。ゲイかも。

S 何を言っているのかわからないと思いますが、その通りなのだからしかたありません。それでは、特に面白かったところを教えてください。

A なんといっても、女性監督によって、女の友情が茶化されることなく真摯に描かれている点!

S そんなことは当たり前であるべきですけど、今は当たり前じゃないですからね。

A 最初のほうのエピソードでは、トゥカのほうがバーティーをぐいぐい引っ張っていく感じの関係性かと思わせておいて、実は……。トゥカも問題を抱えているし、バーティーが助けてあげなければいけないときもある。バーティーも自分の問題に立ち向かうとき、トゥカの力を借りる。

S 女性同士の関係を、ありがちなステレオタイプに落とし込むことなく描いているといえるでしょう。

A それから個人的にたまらないのが、トゥカが私にそっくりすぎて、他人事とは思えない点! 他鳥事だけど。友達の愚痴に本人よりキレるところとか、仇討ちのアイディアが豊富なところとか。大好きになっちゃう。とにかくキャラクターの掘り下げが秀逸だから、バーティーに感情移入する人もいるかもしれないし、他のキャラクターに感情移入する人もいるかもしれない。このキャラクターは私みたい! って思うと、どんどん引き込まれていくでしょ。そんな登場人物が見つかると思います。

S トゥカの性的指向の描写もよかったですね。彼女がこれまでセックスをした動物たちを回想するシーンで、女性も男性も出てきていたのが印象的でした。トゥカが女性にも男性にも性的魅力を感じる動物なんだということが、ごく自然に伝わるようになっています。

A 他にも、同性同士のカップルが、ドーン! ゲイカップル登場! じゃなくて、息をするように当たり前に出てくるところも心地よかったな。

 

A うーん、賛辞だらけになっちゃったぞ。ここらで少し不満だった点も言っておこうか。せーの!

S まつげ!

A 字幕!

Sまつげの有無でジェンダーやセクシュアリティを表現しようとするな!

A"partner"を「彼氏」って訳すな!

S こちらからは以上です。

A あと全部良いから! あと全部良いから!

 

S 私、スペックルの話をしたいんです。スペックルっていうのは、バーティーのボーイフレンドなんですけど、彼の描き方が非常によいと思いました。第1話でバーティーがトゥカと女同士のルームシェアを解消して、恋人のスペックルと住むことになったとき、正直、こんな男とは別れてほしいと思ったんですよ。

A 私も!「はっ!? トゥカと付き合え!!」って思った!

S そこまでは言ってませんけれど。といっても、この男女は最終的に別れるんだろうな、やっぱりトゥカとバーティーは二人きりじゃなきゃ駄目なんだっていう結末になるんだろうな、と思ったんです。でも、そうはならなくて。ス、スペックル……お前……。

A スペックルはいいやつだよなあ!

S 最後までスペックルの描き方を不快に感じなかったことに、私は驚きました。従来、ただでさえ男性を主人公にした作品が多い中、せっかく女性を主役に据えた作品にこういうふうに男性が登場すると、警戒してしまう部分もあったんです。でも、これからはそんなときに「待てよ。こいつがスペックルかもしれないぞ」と思うことで、ある種の余裕を持ってコンテンツを鑑賞できるようになったんですよ。女性同士の強い絆は、たとえ交際相手の男性が現れたからといって簡単に壊れたりしない。そういう希望を「トゥカ&バーティー」は与えてくれました。あ、もちろんセクシストの男性も出てきますから、安心してくださいね。

A 全然安心できないよ。

S そしてきちんと懲らしめられますから、安心してくださいね。

A それは安心だね!

S 特に好きなエピソードはありますか。

A 気軽に観始めたにもかかわらず、まさかの展開で心をぐっと動かされたのはやっぱり、第9話あたりからの……ダメだっ! ネタバレせざるを得なくなるから、ここは観て、頼む!

S そうですね。私は、いつも忙しいバーティーが「セルフケア・サタデー」と称してまるまる自分のための一日を設けるエピソードが好きでした。お菓子を焼いたり、エクササイズをしたり。あの回はよかったです。

A よかったよね! バーティーを誘ったトゥカが「今日は自分のために使う一日なの」って断られても、それを喜んで受け入れている。これってすごく良い関係だよね。一人で過ごすくらいだったら一緒にいようよ! と言い出してもおかしくない場面だもの。お互い、一人の時間も尊重してあげられる関係って素晴らしいよ。

S その「セルフケア・サタデー」の一環として、バーティーが Women Taking Up Space (WTUS:ウータス) という集まりに参加するんですよ。日本語にすると、スペースを占有する女性の会、でしょうか。この日のテーマは街中での嫌がらせ。電車で隣の男性が足を広げて座りパーソナルスペースを侵害してきたときや、街中で通りすがりに性的な言葉をかけられたときの対処法について、女性たちがワークショップを行います。男性優位の社会の中で毀損されがちな女性の自尊心を回復する、このような機会は大切だと思いました。

A WTUSは最高。今すぐ日本支部結成したい。

S WTUSに限らず、フェミニズムの視点からの言及は数え切れないほど出てきます。

A バーティーが働いてる会社の会議のシーンとかね。マンタラプティング(manterrupting=man+interrupting、女性の発言を男性が遮って話し出すこと)のせいで女性社員が萎縮している中、乱入したトゥカがテーブルに飛び乗って「カカー!」って叫んで(鳴いて?)「今のはこの会議中で3分以上女性が発言していないと鳴るアラームだよ」と警告する!

S 積極的に用いていきたい手法ですね。

A トゥカもバーティーもアラウンド30くらいの年代で、性差別的な世の中に不満や怒りを抱いてる。中でもバーティーが、ティーンエイジャーの女の子たちを見て「あの子たちを守りたい」って言うところ、私は共感のあまり号泣したよ。こんな理不尽な思いを、悔しさを、次の世代に味わわせちゃいけないと思って立ち上がっているフェミニストの皆さん、一緒に泣きましょう。

S 私たち自身も、もっと上の世代のフェミニストにとっては「あの子たち」だったんですよね。

A 先人たちの積み重ねがあって今があるんだもんね。

S ええ、私たちもあとに続きましょう。

 

*  *  *  *

 

A 最後は告知だ! この度、ヘヤビアンの部屋に皆さんをお招きしたいと思います。

S 部屋にですか。困ります。

A もののたとえだよう。

S そうでした。日頃から愉快なコンテンツを探求している我々ですが、皆さんも同じようにフェミニストな視点、クィアな視点を有したコンテンツ探しにご苦労されているのではありませんか。また、万が一良い作品が見つかっても、それを共有する場がなく、お困りではありませんか。

A そこで企画したのが、「ハッカパイプスおはなし会」だ! フェミニスト作品についての話に花を咲かせたり、セクシスト作品についての恨みを吐き出そうぜ! 詳細やお申込みは以下の通りです。待ってるよ?!


<告知>

【第1回 ハッカパイプスおはなし会】

開催日時:2019年6月29日(土) 13:00-15:00 (12:30開場)
参加費:500円
定員:10名様ほど(先着順)
開催場所: ラブピショールーム 東京都文京区本郷7-2-2 7階(LOVE PIECE CLUBと同じ建物です)

ご予約方法: ご予約はメールにて承ります。
メールアドレス hackapipes@gmail.com
件名に「おはなし会参加希望」と記載の上、「当日呼ばれたいお名前・ご連絡先電話番号」をお書き添え下さい。
(ご友人とのご参加をお考えの方は、その方のお名前もご記入ください)

備考:BYOF☆飲みたいものなどをご自由にお持ちください。
※申し訳ございませんが、会場の都合により当イベントは女性限定となります。

Loading...

ハッカパイプス(はっか・ぱいぷす)

ハッカパイプス  あきお / さいとう

2018年12月結成のフェミニスト・コメディ・ユニット。従来のお笑いに含まれるセクシズムに疑問を抱き、新しい形のコメディを目指す。本連載を担当するのはあきおとさいとう。フェミニストかつレズビアンとしての視点から、優れたコンテンツの発掘に勤しむ日々。原稿を書く際には、くわえたハッカパイプが欠かせない。

■メール hackapipes@gmail.com

■Instagram (ハッカパイプス あきお) @akiohackapipes

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP