ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 鈴木はな
  • よく話してくれる韓国のお姉さん Vol.2 「ソウルに来て、思考停止していたことに気がつく」

よく話してくれる韓国のお姉さん Vol.2 「ソウルに来て、思考停止していたことに気がつく」

鈴木はな2020.04.03

Loading...

ソウルに来て1カ月が過ぎました。学校はまだ始まらないけれど、生活は、すっごく快適です。
最初に感動したのは部屋に鍵がないこと。マンションのオートロックも自室もナンバーロックなので、出かける時に鍵を持ちあるく必要がない! 盗まれる心配も落とす心配もない。ゴミ出しに行く時も、コンビニに行く時も、後生大事に鍵を持って出ていたのはなんだったんだろう?日本では鍵のない生活なんて想像つかなかった。旅行ではなく実際に住んでみないとわからないことってありますね。

他にも、思考停止していただけなのかなぁと思うことが。コロナもあり、毎日起きてすぐに韓国のニュースをネットでチェックしているのですが、ソウルの警察が4月1日、延世大の男性教授を名誉毀損容疑で書類送検したという記事が出てました。

延世大は韓国の名門私立大のひとつで、規模も大きく日本の早稲田大のようなところです。送検されたのは社会学が専門の柳錫春教授。

現地報道によると、柳氏は昨年9月、延世大での講義中に「慰安婦の加害者は日本政府ではない」、「慰安婦は売春の一種だ」などと発言。学生から「慰安婦が自発的に行ったという趣旨か」と聞かれて、「今も売春を行う過程は自発的なものと強制的なものが半々だ」と説明するなど、元慰安婦の女性たちの名誉を毀損し、さらに学生に向かって「気になるなら一度やってみるか」と発言もしていた疑いがもたれています。学生が講義を録音しており、市民団体の告発を受けて警察が捜査していたそうです。延世大も今年2月に柳教授を講義から外し、教員懲戒委員会にかけて懲戒の可否を検討しているとのこと。

「一度やってみるか」なんて明らかなセクハラだし、容疑が事実だとすれば、本当に許されないことです。と同時に感じたのは、同様の趣旨の発言を日本の大学教授がした場合、果たして日本の警察は書類送検するだろうかということでした。告発しても受理すらしないんじゃないだろうか。

日本では民事訴訟で名誉毀損に問われることはあるけど、捜査機関が捜査したり、刑事罰に問われることは珍しい。それは憲法で「表現の自由」が保障されていて、捜査機関も抑制的に運用しているから――。そう思っていたのですが、今はちょっと違うのかもと思います。

いまツイッターやSNSを見ると、女性や外国人の権利を訴える発信者に対するデマや口汚い誹謗中傷が投げかけられています。こういう人たちと戦う手段が、民事でしかも当事者が大きな負担をおって訴えなきゃならないというのは、抑制的なんじゃなくて、被害の放置、捜査機関の怠慢なんじゃないだろうか。大手出版社が堂々とヘイト本を出版し、女性への性暴力表現が漫画やAVなどで「エンタメ」や「アート」として消費される日本で、大切に守られてきたのは、「暴言や暴力の自由」だったのでは? なかなか捜査はせず、身体拘束には積極的で、起訴したら絶対に有罪に持ち込まないといけない。日本って、相当いびつなのかも。

そして韓国のコロナ事情についても少し。

韓国では1月20日に初めてウイルスの感染者が出てから、2カ月半。1日当たりの感染者数100人を切る状態が続いていて、少しずつ落ち着きを取り戻しているように見えます。保健相も「ピークは過ぎたのではないか」という見解を示してます。

大型商業施設や銀行、ホテルに入る時は必ず検温されるなど警戒態勢は続いてますが、ソウル市内では薬局だけでなく、雑貨屋でもマスクがたくさん売られるようになりました。少なくともマスクがなくて困るという状況は解消されています。

学校についても、政府は高校3年、中学3年生は4月9日から、オンライン授業が始まるのに備え、各自治体が低所得世帯にIT機器を用意したり、国際結婚をした家庭向けに多言語での支援も行うことを表明するなど、水際対策から今後の経済活動や生活支援に軸足を移している感じがします。そんななかで飛び込んできた日本の「1世帯に2枚の布マスク」のニュースには本当にドギモを抜かれました。お肉券の次はマスク・・・。

韓国ではマスクが足りないという状況の時、生まれ年の末尾の数字(1、3、5なら月曜日、2、4なら火曜日というふうに)に販売日を決めて、必要な人が薬局や郵便局、政府指定のスーパーに買いに行くよう求めていました。せめてマスクを行き渡らせたいなら、方法も他の先行している国に学んだらいいのに。

日本でも韓国とほぼ同時期にコロナの感染者が確認されているのに、なぜこんなにも状況が違ってしまっているのか。いま起きているコロナパニックは、ウイルではなく、判断を間違えまくっているリーダーによる人災としか思えません。

韓国には現在、「国民請願」というシステムがあり、青瓦台(大統領府)のホームページに書き込まれた質問や誓願に対し、30日間に20万人が賛同すれば、その話題について大統領はじめ政府関係者が回答しなければならないことになっています。

残念ながら回答義務はないけれど、日本の首相官邸のホームページにもご意見募集のフォームがあります。(https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

私たちの命がかかっているこの状況で、一連のあまりにもおかしな判断。ちゃんと声をあげなければダメなんじゃないか。そう思っています。マスクではなく政治でなければできないことをやってください!

※韓国でも話題になっています・・・

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP