ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

その発言が誰かの元気に

深井恵2015.03.12

Loading...

もの言わぬ教員が増えている。そう思うようになって久しい。職員会議での発言も、言う人が限られている。会議時間の短縮を図るために、会議資料は事前に配られ、会議の前に、目を通すように言われている。「事前」と言っても、一日か二日前。配布されてすぐに目を通さなければ、あっという間に職員会議当日を迎えてしまう。会議の資料も、前年度のものを今年度の担当者が、数字を変えて提案・・・というものが多い。年度だけ変えているものや、担当者名を多少手直ししているものがほとんどだ。たまに、人事異動でいなくなった昨年度の人の名前が残っていたりもする。授業の傍らでそういった雑務をしなければならないのだから、無理なからぬ面もある。
事前に配布されていれば、まだ、目を通す時間はあるのだが、部外秘の重要事項など、会議室でその場で配られる資料の場合(その場で回収されることにある)は、そうはいかない。提案者の説明にあわせて資料をめくりながら、自分の担当する業務や、自分のクラスの生徒が関わる事柄がないか、猛スピードでスキャンする。自分と自分のクラス以外の人の事柄にまで、頭が回らない。時には、A3サイズのデータをA4サイズに縮小した資料まであり、文字の大きさも8ポイントあるかないかの極小だったりする。進みつつある「老眼」を皿のようにして読み進めるのだが、自分の名前と自分の担当クラスの記述を見つけて「すべきこと」を理解するだけで精一杯。
そうして、「おや?」と不明な点があれば、挙手をして質問をする。読み落としはないか、他のページで説明されている事柄ではないか・・・と、その質問が、間抜けな質問でないといいなと、思いつつ質問する。幸い、これまでにしてきた質問は、ほとんどがきちんとした質問だ。毎回の職員会議で、2,3回は質問している。私以外の職員は、滅多に質問しない。みんな、質問しなくてもわかっているんだろうか? すごい理解力だと、感心する一方で、ホントにわかっているのだろうか?という疑問がつきまとっていた。
そこで、先日あった、組合女性部の食事会の時に、思い切って聞いてみた。「職員会議資料、あのスピードで説明されて、理解できてますか? 私は、自分の担当のところで精一杯で、なかなか他のところまで、頭が回らないんですけど・・・」。すると、返ってきた言葉は、「頭はついて行ってないよ」「あの時間じゃ無理無理。あなたは理解してて質問しているじゃないの」「私は、職員会議の時間に理解することを諦めて、後でわからないことがあったら聞くことにしている」等々。
「みんな理解していない」ということにホッとしつつも、それでいいのか?!との思いが強くなる。職員会議で質問が出ないまま、ろくに議論のないまま、後になって問題点があちこちから出てきて、直前にバタバタと変更事項が入ってくる。そういった事態に陥ったことが、これまでに多々ある。会議資料を丁寧に読んでいてその内容に沿って行動していたら、後で突然内容が変更されて、「えっ、いつの間に変更になったの?」と驚かされたこともある。
「職員会議は学校の意志決定機関ではない。校長が決定するための、あくまでも補助機関だ」。と言われるようになってかなりの年月が経つ。この状態はそう簡単に改善されないだろう。職員会議でいつも一人で質問し続けるのもむなしい気分になる。職員の中には、「またアイツが何か質問してる」「やめときゃいいのに」「質問するから会議が長引くのに」くらいに思っている人もいるかもしれない。しかし、やめるわけにはいかない。おかしいことはおかしいと声に出し続けたい。
先日、組合女性部の全県下の委員会があった。そこでも議案書に関して質問をした。質問したのは私と もう一人くらい。私の質問がなかったら、ものの30分で委員会が終わりそうな勢いだった。組合の会議でさえも質問も意見も出てこないのか・・・ここでも「またアイツが何か質問してる」「やめときゃいいのに」「質問するから会議が長引くのに」などと思われているかもなぁ・・・とちょっぴり悲しい気分になりかけていたのだが、隣の席に座っていた、他の支部女性部長が、声をかけてくれた。
その方は、今年度で定年退職されるという。お話を聞くと、私が新採用で勤めていた高校に、同じ時に娘さんがその高校の生徒として通っていたとのこと。まさに、このコラムの最初に話題にした、男女混合名簿導入前夜の高校の保護者だったのだ。そして、その方は、「あなたの発言にいつも元気をもらっていたのよ」と、言ってくれた。自分の発言が、気づかないところで、誰かを元気づけていたなんて、考えても見なかった。これからも、質問していこう。声を上げ続けようと、元気をもらった一言だった。

Loading...

深井恵(ふかい・めぐみ)

九州某県の高校日本語教員。
日教組の「教え子を再び戦場に送らない」に賛同して組合加入。北原みのりさんとは、10年以上前(ジェンダー・フリー・バッシングがひどかった頃)に組合女性部の学習会講師をお願いして以来の仲。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP