ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 阿部悠
  • Vol.6 女の趣味を「にわか」とバカにしたい男たち

Vol.6 女の趣味を「にわか」とバカにしたい男たち

阿部悠2017.05.01

Loading...


「どんだけマニアックかを競うつもりはない」
わたしは、幼少期に今はなき阪急ブレーブスの子ども会に入っていた。応援団のおっちゃん達と顔見知りになるほど、西宮球場に通っていて、今もなんとなくオリックスの応援をしている。
昔、接客業をしていて野球好きの中年男性に「オリックスファンだ」と話すことがあったのだが、決まってイチローなどのイケメン選手が目当てで「野球が好きなワケではない」ということにされてしまっていた。わたしは世界の盗塁王、福本豊の話がしたいのに。
一時期、話題になった「カープ女子」を検索しようとすると、候補に「にわか」と出てくる。
だいたい野球好きの男が「カープ女子」をこき下ろしているのだが、これがおんなじ趣味を持つ人への態度かと首をひねる。
そもそも野球のルールが分からず、イケメン目当てだったとして何が悪いんだ。
おまえらが大好きな広島カープは市民球団だぞ。(※今もなお特定の企業に全面依存せずに経営を成り立たせているという意味)
ファンのありがたさが他の球団の比じゃないのが分からないのがアホ過ぎる。

男は「女のひとり旅」が超キライ!?
バライティー番組で「今ハマっていること」というお題に、
「ひとり旅です」
と、答える女性に、
「ひとり旅が好きな自分に酔ってそう」
とか意味不明なジャッジを下されるのをよく見る。
わたし自身もひとり旅が好きなのだが、これが男からの評判がすこぶる悪い。
鹿児島県の、人口100人ちょっとの宝島という島で、ソロキャンプをしたことがあるのだが、その話をして、
「出会い目的?」
という反応には心底驚いた。出会い目的で、人口100人ちょっとの島にわざわざ行くか!!
海外の個人旅行となるとさらにクレイジーで、
「女が1人で海外? 危険すぎる! 無責任なことをして大使館に迷惑かけるなよ!」
などと激怒する男までいる。
「あなたみたいにカンタンな英語すら喋れない、タイやマレーシアが先進国なことすら把握していないような人がついてきた方がよっぽど足手まといです!」
とか言おうもんなら、
「心配して言ってるのに」
と、返されるし始末が悪い。
こういう男は、「生半可な知識しか持ち合わせていない女が、フラフラ無計画によく分からない国に出かけている」としか思えず、その女性が自分よりも有能である可能性をまったく考慮しない。
それに、たかだか海外旅行だ。よっぽどの発展途上国でもなければ、ふつうに旅行くらいはできる。
友だちと旅行しようが、日本にいようが、トラブルにあう時はあうだろう。
とにかくあいつらは「女のひとり旅」が気に食わないのだ。
海外で日本人女性が殺害された時に巻き起こるセカンドレイプは、国内の同様の事件よりも凄まじいが、根底にあるのはその「気に食わなさ」だと断言する。

なんの趣味でも固有名詞でマウント
昔からラップとブラックミュージックをこよなく愛していたのだが、たとえば女の子同士で、2Pacのようないわゆるギャングスタラップの話で盛り上がっていると、
「俺はもっと深いのが好きかな。NASとかMOBB DEEPとか。」
などと、どんどん関係ないアーティストの名前を出してくる男のせいで、一体なんの話をしていたのか分からなくなることがたまにあった。
映画の話でもそうだ。
わたしはキル・ビルの話をしているのに、
「タランティーノ好きなら、もちろんレザボア・ドッグスは知ってる? あれ最高だよね! じゃあ、イングロリアス・バスターズは?」
など、固有名詞ばかりが口から出てくる男がとても多い。
「すっごーい! 映画に詳しいんだね!」
という言葉を欲しがっているのはよく分かっているんだが、いい加減めんどくさい。
わたしは作品の何に魅せられたかの話をしたいのであって、いかにマニアックかを競いたいワケではない。
釣りを何十年もやっていることを知ってるのに
「女の人でもカンタンにできる釣りの方法があるんだって! 紹介するよ!」
と、釣りをやらない男に言われたと腰を抜かしていた女性もいた。
音楽でも映画でも、「女の子にオススメ」という言葉が、「ヌルい」「カンタン」「わかりやすい」というような意味を持って放たれていることが多々ある。
けれども、周囲を見渡すと、音楽や映画を幅広く積極的に楽しんでいるのは女性の方が多いような気がする。
たくさん聴いて観ているんだから、「ヌルくて」「カンタン」で「わかりやすい」ものばかりを好むワケがない。当たり前の話だ。

女性の方が趣味と付き合うのがうまい
あくまで個人的な体感だが、女同士で趣味の話をしていても、あまりマウント合戦にはならない。女性の趣味の話は、たとえ興味が無くても楽しめることが多いし、オススメしてくれるものは、ちゃんと「わたしが好きそうなもの」だ。
映画館やレストランのレディースデーは、女性はクチコミで情報を広めることが男性よりも得意なので、宣伝の効果が高いから実施していると聞いたことがある。
さまざまな文化に好奇心を持ち、それぞれの良さを理解し、得た感動を自分の言葉にし、伝達してみんなで楽しむということは、どう考えても男性よりも女性の方が長けている。
女をパッパラパーと決めつけて、「◯◯は知ってる?」「じゃあ△△は?」など、マウント取るのがコミュニケーションと思ってて、ハンバーグとかラーメンしか食ってないとか、男には文化っちゅうもんがまったく分からんのではないか。
とか言っちゃうとNOT ALL MENクソヤローが黙ってないんだろうけど。

Loading...

阿部悠(あべ・ゆう)

兵庫県出身。ローティーンの頃からクラブに入り浸り過ぎて中卒。関西を拠点にクラブDJとして活躍。3.11後の原発事故にショックを受けて反原発活動をはじめ、社会運動に目覚める。最近は「女叩き」カルチャーに怒りを燃やして、ネット上に溢れるミソジニスト達と本名顔出しで日々格闘。ビヨンセを崇拝している。 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP