ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

新企画スタート!ステップアップ式「バイブレッスン」です!!

はらしお・せいら2016.05.18

Loading...


 3ヶ月にわたる膣トレグッズの特集も終わりまして、ひと息…つく間もなく…。
 今月からまた新しい企画・・・ステップアップ式のバイブレッスンをスタートいたします!筋金入りのおもちゃフリークのあなたも、いまいち踏み切れないあなたも、好奇心が抑えられないあなたも、みんな大歓迎~ッ!!

 これまでは主にトーイそのものに観点を置いて掘り下げてまいりましたが、今度はそれを”自分で使っていかに楽しむか・どこまで気持ちよくなれるか”ということにフォーカスを当てて、本気で探ってゆこうと思います。
 これこそまさに、セルフ・プレジャー(マスターベション)の真髄・・・心と体の感度磨きも自分磨きの一つとして当たり前のように流 行ってほしいと思う毎日です(笑)。

 レッスンと言っても、難しいことは何もありません。
 グルメ雑誌を読むような気軽さで、肩の力を抜きながら、色々想像しつつ読んでくださると嬉しいです。あれこれ楽しんでいるうちに、いつの間にか上級者になっているのが理想です・・・!(※”上級者”の定義ですが、色んなおもちゃを使いこなすということより、どれだけ自分の心と体について深く理解しているか、ということだと私は踏まえております。自分の”心と体のツボ”が的確に掴めていると、結果として色んなタイプのトーイが楽しめるようになります。)

 なんといっても、一番最初のステップはトーイを選ぶことから始まると思います 。
 でも、いきなり自分に合うトーイを選んでねっ、なんて言われても全然しっくり来ない、一人遊びは好きだし興味はあるけどなんとなくトーイ自体が後ろめたいとうか恥ずかしい、抵抗がある…。そんなためらいを持つ方もいらっしゃるかと思います。(ノリノリの人はここ読み飛ばして大丈夫です)。

 トーイを使うなんて変態、恥ずかしい、いやらしい……、、悲しいですが、これは今でも結構耳にする悩みです。しかしこの世に存在するトーイは女性が気持ちよくなるために生まれてきたもの。本来、使うことにためらいなどいらないはずなのですが、トーイに対するこの偏見は一体どこからやってきたのでしょう。
 背景には男性向けAVやアダルトコ ミックの影響もあるのかもしれませんね。 男優が無理やり女優の中にえぐい色や見た目のおもちゃを突っ込んで「こんなもんで感じてるなんて淫乱だな!」とか、使い古されたシチュエーションです。
 確かに、10年くらい前までは”セックストーイは男性が女性に対して使うもの””使うことによって男性側の興奮を煽るもの”という側面が強かったように感じます。・・・でも今は違う。体に安全な素材を使った、美しく素敵なデザインのトーイが次々と生まれ、あらゆる女性が自分自身の気分とペースで自由にトーイを選んで使って楽しめる時代です。
 トーイを使うことによって人の手では得られないような快感を味わうことができますし、性感帯の開発にも役立ちます。自分の性感帯 を知ることで、セックスでもイキやすくなります。そして、より深いオーガズムを得て日々のストレスからもすっかり開放されることで、ホルモンバランスの安定も期待できるなどなど、いいことづくめ。

 男性の作り出したイメージによって生まれてしまった偏見…そんなトーイにまつわる足枷をここでガンガンぶっ壊していきたいです。気持ちよくなる権利は誰にでもあります、どうかそれだけは忘れないでいてほしいなと思います。
 心惹かれるトーイを自由に選ぶこと。内側から生まれる快感をまるごと一人で受け取ること。夜ごとにひめたる欲望を誰にも知られることなく叶えてしまうこと…。タブーのない世界で、率直な自分と向き合えるチャンスがそ こにあります。好奇心や不安が胸の中で激しく複雑に混ざり合っていることと思いますが、ぜひとも勇気を出して一歩先の世界を堪能してみてほしいです。

+ + + +

 本題に入りましょう。気持ちよさのツボというのは心にも体にも存在していて、そのどちらも満たされることが絶頂への最短距離だと考えています。最初は分かりやすい体のツボから攻略してみましょう。
 まず女性の性感帯の中でも特にはっきり感じやすいと言われているクリトリス(陰核)。ここは男性器と同じく海綿体でできいて、性的な興奮が高まるとちょっぴり勃起します。指の腹で押したり擦ったり、トーイを使ったり、愛撫方法は沢山あります。
 【レッスン1】ではトーイを使っ てこの最も親しみやすい(?)快楽源であるクリトリスを刺激して楽しんでみましょう。
 性感帯を”開発する”という表現もよく見かけますが、本当にその通りで、フィジカルな快感に体が慣れるまではぼんやりするような、くすぐったいような感じがすることもあるでしょう。もし期待していたような刺激が感じられなくても、どうかがっかりしないでくださいね…!まだ快感を受け入れるための土台が出来上がっていないだけです。気持ちよさはいつも後から着いてきます。

 クリトリスの刺激に最も適しているトーイは”ローター”ですが、これはセックストーイの原点であり、終着点。このコラムだけではその魅力を語りつくせない、非常に奥が深いものです。全国 のアダルトグッズショップの売り上げの中でも常に上位を占めている人気者。
 ロングセラーの秘密はそのシンプルな形状と操作性にあるのではないかと推測しています。まず非常に使いやすい。そのお陰で、慣れてくるほどにまるで自分の体の一部のように使いこなせるようになるのです。シンプルだから飽きも来ない、呼吸さえ詰まるような興奮と安定したエクスタシーを約束してくれる、まさに究極の神器。

 このローターを使ってクリトリス付近に存在する性感体をじっくりサーチしてみましょう。
 形状は大きく分けて二通り、挿入もできる細長いタイプと、主に外側に押し当てて使う丸みを帯びたタイプ。同じローターでもそれぞれ役割が違うので、具体的な トーイを挙げながら解説します。

【VeDO UNI ピンクパープル】
http://www.lovepiececlub.com/shop/products/detail.php?product_id=3613
arai20160518-1.jpg
 目を引く鮮やかなパープルが美しいこのトーイ、素材も性能も申し分ありませんが、プチプラなので入門にばっちこいです。指に装着して使用できるため、フィンガーバイブとも呼ばれています。
 素材として使われているシリコンは丈夫で温かみがあり、肌なじみも抜群のため、トーイに対する恐怖心をあっという間に払拭してくれるでしょう。
 指だと爪などで性器を傷つけたり雑菌による炎症のリスクがありますが、これを使えばそんな危険とも無縁。膣内に挿入できるタイプですが最大直径が2センチなので、男性経験がない方でも安心して遊べます。

 下着越しに、電源を入れ たUNIの先端を外性器の周辺にそっとなぞらせてみてください。そして少しずつクリトリスの中心へ向かわせ、、側面を使って擦ってみたり、やわらかい先端でゆっくり圧を掛けてみたり…自分にぴったりの力加減を探してみます。
 バイブ機能ですが、とても繊細な振動なので、初めてでも体がびっくりしません。続けているうちにむずむずと、焦らされるような高揚感が押し寄せてきたら大成功!興奮がさらに高まり、濡れてきたらそのまま挿入してしまっても大丈夫なのがフィンガーバイブの良い所。
 外側よりも感覚が鈍くなりますが、まず深呼吸… 先端でおへそ側の膣壁をやさしくノックすることで中の性感帯がサーチできます。(中の性感帯についてはまた次回詳しくお話し ます)
中の開発も外の開発もこれ一つでできてしまうため、私もこのタイプのトーイには非常に長い間お世話になっています。
 もちろん乳首や首筋に滑らせても◎ 一人遊びにも前戯を取り入れるとより快感の奥行きが深まるので、時間があるときにはぜひ!

 使ってみていまいちしっくりこなかったあなた…!期待してたのにちょっとがっかり?…落ち込まなくても大丈夫。感度を優しく後押ししてくれる便利なグッズがあります。

【クリトラルジェル・ピンク】
http://www.lovepiececlub.com/shop/products/detail.php?product_id=794
arai20160518-2.jpg
 外性器に塗ることでクリトリスの血流をよくし、感覚をブーストさせるローションです。お洒落なパッケージで、ぱっと見中身 を悟らせません。テクスチャーは水のようにさらっとしていて、べたつきません。塗った箇所はス~っとしますが、時間を追うごとにじくじくと熱を帯びるような高ぶりを感じます。
 この状態でトーイを当ててみると、最初とはまた違った感覚が体験できるはずです。
 一度頭に気持ちよさを覚えさせてしまえば、次遊ぶときもすぐに手がかりが掴めるようになるため、性感帯開発のショートカット役としても役立ちます。

 UNIに続いて、丸みが特徴のストーン型ローターも試してみましょう。スティック型とは違うアプローチで気持ちよさの追求ができます。

【SKY NIMBUS WHITE】
http://www.lovepiececlub.com/shop/products/detail.php?product_id=3438
arai20160518-3.jpg
 こちら、AVEというブランドから、まだ発売されたばかりの充電式 高性能ローターです。今まであった古めかしいトーイの常識を完全に塗り替えてしまうような、ずば抜けたデザインセンスにすっかり心を奪われてしまった人も多いのではないでしょうか。とてもアダルトグッズには見えません…ともすればインテリアにだってなりそうです。 やわらかくはないのですが、このもこもこした形が、手のひらと外性器に心地よくフィットするのです。
 見た目の通りの軽やかさで、長時間操作をしていても疲れないため、体の感覚に深~く集中できます。(集中するときは目を閉じるなど、余計な五感をシャットアウトすると皮膚感覚がより敏感に研ぎ澄まされ、気持ちよさが増幅するので試してみてください♥)

 振動の強さは7段階 もあり、気分と体調に合わせて細かく選べるのが嬉しい。さらにパターン機能まで付いているというお利口さんっぷり。少し慣れてくると、ぽわ~っとした陽だまりのような心地よさから、ジェットコースターのような絶頂超特急まで、これ一つで自由自在に操れるようになります。先っぽのまあるい部分をクリトリスに押し当て、ゆっくりと小さな円を描くようにぐりぐり圧をかければ全身が甘だるくとろけそうになるほどの気持ちよさが襲ってきます…。力加減の調節と、刺激を一定のリズムで与えること、この2つのポイントが押さえられるようになれば外イキは攻略できたも同然です。クリトリスでイくと、シャープな刺激が脳天を直撃したような感じになるので分かりやすいです。
 挿入には向きませんが、UNIよりも先端の面積が広いため、「ここだ!」というツボがより簡単にキャッチしやすくなっています。天高くに浮かぶ楽園へと誘う雲が、ひとりの時間をとびきり鮮やかにに彩ってくれるでしょう。
 使い心地、デザイン、機能・・・その全てに一切の妥協がないカリスマ的トーイです。

 こちらにももう一つ、より一層感度を高めるグッズを加えてみましょう。

【シルクィッドオーガニック【Oジェル】ピロー】
http://www.lovepiececlub.com/shop/products/detail.php?product_id=2762
arai20160518-4.jpg
 クリトラルジェルと同じく、小分けにされたピロータイプですが、使う量によって1~2回使えます。このOジェルはクリトリスだけでなく、外性器全体の感覚 をシュっと研ぎ澄ましてくれます。こちらはとろりとしたジェルタイプで、そのこってり感がとってもエロティック・・・。マッサージするように塗り広げると、刺激がもっと欲しくなるような、もどかしさが沸々と湧き上がってきます。
 NIMBUSローターとの相性もばっちり。塗り広げるようにあてがってみてください。成分の全てが体に優しいオーガニック素材でできています。トーイだけでなく、ローションも組み合わせて自分なりの楽しみをカスタマイズできるのも醍醐味の一つです。

 同じローターでも形や価格がそれぞれ異なるものを紹介させていただきました。ジャンルの奥深さを垣間見ることができたでしょうか。
 リッチなトーイ は頑張る自分へのご褒美に、プチプラトーイは色々なタイプを試してみたいときに…。ラブピースクラブで取り扱っている製品は、プチプラでも品質に妥協しているわけではないので、安心して自分の感性の赴くままに選んでみてください。

 百聞は一見にしかず…と言いますが、実際に使ってみないと分からないことは沢山あると思います。
 この機会に、なるべくリラックスして心と体をゆだねられそうなトーイを、じっくり探してみていただきたいです。そこにはきっと、思いがけない世界が待っているはず。

 人生という長い旅路を共にドライブする、最高の相棒と出会えますように…!

Loading...

はらしお・せいら(はらしお・せいら)

見習いおもちゃソムリエ/アソビニスト
幼い頃、川辺の隅っこで拾ったエロ雑誌や、親の隠し持っているエロ漫画に、好奇心が旺盛すぎたのもありますが、それらが”隠されている”ことに何か根源的なものをうっすらと感じ、興味を掻きたててしまいました。
バイト開始&成人をきっかけに念願であった”大人のおもちゃデビュー”を果たしたものの、その世界に広がるのは想像を遥かに絶する驚異のワンダーランド。
ディルドを筆頭とした沢山のトイを実際に体験することにより炙り出された自分の心や体や無意識の原始的な欲求と向き合わされるうちに段々とトイの持つ不思議な魅力と奥深さの虜に。世の中に存在するあらゆるおもちゃを通して、その有用性やあり方について常に模索を続けています。
ディルドを中心に、巷に存在するあらゆるトイを集めだして早数年…。
いつしかラブピと出会うことがきっかけで、今まで自分が持っていたおもちゃに対する価値観が大きく覆されました。
この先おもちゃはどう変わっていくんだろう?おもちゃは私たちに何をもたらしてくれるんだろう?私たちは自分の体とどう向き合っていくんだろう?
これからも色んな人たちと関わりながら一緒に考え続けたいと思います。 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP