ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 栗林デバ子
  • カッコ良い!エマ・ワトソンさんの国連でのスピーチ。でもそんな彼女に、脅迫が。

カッコ良い!エマ・ワトソンさんの国連でのスピーチ。でもそんな彼女に、脅迫が。

栗林デバ子2014.09.26

Loading...

いやー、カッコ良かったですねー。
9月20日、ニューヨークの国連本部でおこなわれた女優、エマ・ワトソンさんのスピーチ。日本に住む私たちにも「そう、そう」って共感を呼ぶところが大きかったんじゃないでしょうか。
例えばエマさんの8歳のころの話。
「私は性別による考え方について8歳ごろから疑問を持つようになりました。劇の監督に私がなりたいと言ったら、他の子たちから『えらそうに』と言われ、戸惑ったからです。男の子たちが何かをやろうと言い出した時には、そんなことはなかった」
「15歳の時、私の女友達は所属していたスポーツチームを次々と辞めていきました。『男勝り』だと見られたくなかったからです」
そうそう!デバ子もいつからとは意識していないけど、「でしゃばらないこと」「控えめ」であることを自然と選んでいたと思う。学校でも両親にも「女の子はいいのよ。そんなに頑張らなくても」って言われていたし、高校受験の時も、担任の先生に志望校を告げると、「女の子でコツコツ勉強してない子は直前にいくらがんばってもムリ。男の子は伸びるけどね」って根拠不明のダメ出しを受けました。当時はフェミニズムって言葉も知らなかったけど、ずっともやもやしていたから頭に残っているんだろうと思う。
あとフェミニストについての周囲の受け止め方も。エマさんはこう言ってます。
「フェミニストであろうとする決断が、自分にとって難しい事態を招くとは思っていませんでした。しかし最近、自分なりに調べた結果、フェミニズムは好ましくない言葉として使われていることがわかりました。実際、私は表現が過激で、あまりに強力で攻撃的であり、協調性がなく、男性嫌いで、そして魅力的じゃない意見を言う女性として分類されているようなのです。なぜこの言葉がそれほど不快なのでしょうか?」
確かに、日本でも「フェミニスト」を自称すると、面倒くさい女だな、と受け止められるんですよね。デバ子も日本に住む女性として、空気を読む練習だけはたっくさん積んできているんで、会社でも飲み会でもあまり歓迎されていないことはひしひしと感じています。イギリス(エマさんはイギリス出身)もアメリカも日本と事情は変わらないんですね。
そして、エマさんがスピーチ後、脅迫を受けたという話を聞いて、ますますその感が募りました。
英語圏版「2ちゃんねる」ともいうべき匿名掲示板の住人によって、
「あのクソフェミニスト女のエマが、自分が他の女と同様の売春婦だってことを世界に向けて晒すらしい」
「フェミスピーチをしたあの女の裸がネットで晒されるってよ」
という書き込みがなされ、ジェニファー・ローレンスさんのヌード流出に続いて、「エマ、次はお前だ」という脅迫サイトまでできたとか。
ゲスい。ゲス過ぎる!!それに、男性が男女平等を訴えて脅迫されるなんて聞いたことないですよね。やっぱり、女だから攻撃されるんだ。しかも必ず、「売春婦」「ヌード」とか性的なキーワードで貶められるんですよね。
男たちよ。エマさんの話をちゃんと聞きな。
「私は男らしくないと見られるのを恐れ、助けを求められずにいて精神的に病んでしまう若い男性たちを見てきました。実際に、イギリスでは自殺が20歳から40歳までの男性の間で最大の死亡原因となっています。男性として成功に必要なものはこれだ、という歪んだ概念によって男性が自信を失い、不安に陥る姿を見たこともあります。男性もまた、平等の恩恵を受けてはいないのです。私たちは、男性がジェンダーの固定概念に縛られていることをふだん話題にはしません。しかし私にはそう見えます。そして、男性がそうした固定観念から自由になれば、女性の側にも自然に変化が訪れるはずです。もし、男性が女性に認められるために男らしく積極的になる必要がなければ、女性も男性の言いなりにならなければとは感じないでしょう。もし男性が女性をコントロールする必要がなれければ、女性も男性にコントロールされる必要はありません。男性、女性、どちらも弱さを感じる自由があります。男性と女性どちらも強くなる自由があります」
あなた方の低レベルで下品な攻撃に比べ、エマさんはあなた方の生きづらさにも触れてくださっていますよ。男女平等を訴える女に対し、女性に何かを奪われると思い込んで、攻撃してきたり、警戒する男たちは多いけど、フェミニズムは男から何かを奪うんじゃない。男も女もお互いに生きやすくなるための思想なんですよね。
で、ちょっと話はそれますが、日本のヘイトスピーチ問題。
8月28日に開かれた自民党「ヘイトスピーチに関する検討プロジェクトチーム」で自民党の山田賢司衆院議員がこんな発言をしたそうです。
国連人種差別撤廃委員会が日本のヘイトスピーチについて出した勧告について、
「国連にご注進している団体はどんな団体かネットで調べれば出てくる。ほとんどが朝鮮総連等の朝鮮系の団体が言っている。」
「いわゆる国連に、あのー、このチンコロというと 怒られますね。あのーご注進している人権団体はどういう団体なんだと」
「人権を謳う団体は人権を考えている団体ではなく日本を貶めるために人権団体と言っているだけ。
産経新聞の人が大統領批判して捕まるそんな国こそが人権侵害だと言い返すべき」
というトンデモ発言を繰り返したんです。
デバ子、「チンコロ」って言葉初めて知りましたよ。
不良やヤクザの言葉で「告げ口」のことを指すんですね。こんな言葉を使って平気でいる議員がいるなんて。
誰も差別しないし、誰からも差別されない。差別撤廃はフェミニズムと同じ、誰もが生きやすくなるための手立てだと思うのですが。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP