ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 朝美
  • オンナの革命を呼び起こせ BREAK THE CHAIN! 10億人の世界運動V-DAY 

オンナの革命を呼び起こせ BREAK THE CHAIN! 10億人の世界運動V-DAY 

朝美2015.03.06

Loading...


HELLO WORLD~♪
THE SPRING HAS COME OUT!


ラブピースクラブの皆さんは、どうお過ごしでしょうか?


さて、2月14日といえば、バレンタインデーでしたね。こちらでは、男性から女性にチョコレートやお花、贈りものを送る日とされていますが、日ごろ、お世話になっている方々にサンキューチョコレートを送ったり、貰ったりもすることもあります。どちらにしても、女性たちは、お・も・て・な・しを頂く立場なので、どっぷりと女王さま気分を楽しめるというラブラブラブリ?な日なのであります♡♡


もちろん、バレンタインデーだけに限らず、日ごろから、女性をココロの奥深くから愛して頂き、理解して頂き、女性たちの声、ココロとカラダ、生き方をリスペクトして頂きたいところ。


しかし、残念なことに、世界では、多くの女性や少女たちが、肉体的、精神的な虐待、 貧困、ドメスティック・バイオレンスの標的になっており、3人に1人の女性が強姦や性的暴行による被害者になっていると国連女性開発基金も報告しています。


女性にとって、地球上で最も危険な場所と呼ばれているコンゴ民主共和国では、女性や少女たちが戦略的に強姦されています。女性が壊されるとコミュニティー全体が極地に追い込まれてしまいます。コミュニティーを滅ぼすため、全てを破壊するために女性や少女たちは強姦され続け、こどもやお年寄りも標的となっているのです。


コンゴの資源には、テクノロジー、家電、宝石産業、自動車産業などワタシたちの暮らしに不可欠なものも多く含まれています。ワタシたちには関係のない場所、関係のない問題では済まされないはずなのです。正義が不在する絶望的な環境の中で暮らしていかねばならない女性や少女たちが多くいることを知っておくべきだと思います。


また、アフガニスタン、パキスタン、ソマリア、インドなども、女性にとっては、危険な場所とされています。性的・精神的暴力、アシッドアタックや名誉殺人、人身売買や性奴隷、児童結婚。ソマリアでは、“女性は二本の足の間に悪いものをつけて生まれた”として、95%の女性が女性器切除を受けているという報告もあります。


先進国アメリカでは、4人に1人の女性がドメスティック・バイオレンスの被害にあっており、12人に1人がストーカー被害。6人に1人の割合で女性が強姦被害にあっているといいます。


ワタシたちは、この現実を知り、向き合う方法を考えてみることが必要ではないでしょうか。


1.jpg

だから、この日、2月14日。
女性に対する暴力の根絶を目指す革命V-DAYと呼ばれているこの日。
ワタシたちは、ここに集まります。


これは、ONE BILLION RISING ・V-DAY革命と呼ばれおり、1998年、NYのフェミニズム演劇、ヴァジャイナ・モノローグの劇作家イヴ・エンスラー さんが発起人となりはじまったものです。女性の暴力に立ち向かう10億人の世界運動はグローバルなソーシャルイベントとして開催されています。


ここロサンゼルスでも、88カ所でイベントが開催され、革命の踊り“BREAK THE CHAIN”のフラッシュモブダンスが街頭で繰り広げられています。ロサンゼルス市役所の公園の前で開催された同イベントは、国籍、年齢、ジェンダー問わず、ハリウッドセレブレ ティ、活動家、政治家、ジャーナリスト、支援者たちが駆けつけ盛り上がりを見せつけます。



5.jpg


7.jpg

ハリウッドからは、ティーン女優でありファッション・アイコンでもあるジェネビー・ハネリアスちゃんも駆けつけ「フェミニズム論のメディアの伝え方、それぞれの捉え方によって、フェミニズム論が理解されがたいものであることも確か。でも、わたしは、女性や少女、こどもたちのために立ち上がり、声を上げ、伝え続けていきたい。わたしは、このような問題に正面から立ち向かっていきたい」と語ってくれました。何と、ジェネビーちゃんは、まだ、16歳!たくましいのですっ!


それに続き、暴力の被害者である女性たちが女性への暴力撲滅を訴えるスピーチもあり、胸打たれる歌声が会場中に響き渡りました。ポールダンサーやベリーダンサーによるパフォーマンスは、それぞれの体型、年齢、肌の色、真の女性の美しさとは何かを問うもの。メディアや社会やオトコたちが勝手に創りあげた女性像を打ち破ろうとするメッセージが隠されていました。


最後に、ワタシたちの革命の踊り“BREAKE THE CHAIN”で、ワタシたちは、新たなるステップを踏み出します。目指すは、ただ一つ。“PEACE OVER VIOLENCE”!


「女性を解放することは、男性も解放するということでもある」 と語るイヴ・エンスラー氏。


tomomi0306gazou.jpg


これは、ワタシたちの声。魂の踊り。
ワタシのために踊ります。
あなたのために踊り続けます。


RISE(立ち上がれ)、RELEASE(解放), DANCE(ダンス)JUSTICE (正義) !


今日も、カリフォルニアから朝吠えを聞いて頂き、ありがとうございます♪


GRATITUDE 感謝
KEEP DANCING~♪


*BREAK THE CHAINの動画は、女性や少女たちの歌や踊り。BREAK THE CHAINのコレオグラファーであるデビー・アレン氏やイヴ・エンスラー氏の踊る姿も見れます。
CHECK THIS OUT!



10億人の世界運動 V-DAYウエブサイト:
http://www.vday.org/old-index.html


http://www.onebillionrising.org/


写真:HALE DAVIS


Loading...

朝美(ともみ)

様々な業界を渡り働くジョブホッパー。米・最も働きたい企業にランクインするフォーチュン500企業に籍を置き、ライター、ライフスタイルリサーチャーとしても活躍。ランニング、ヨガ、ダンスとネコと自由を謳歌する自由人。NY発の女性による女性のための女性のFAST COMPANY が主導するwoman of sextechのチームメンバー:https://www.womenofsextech.com/tomomi-shirai

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP