ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 朝美
  • GLORIOUS WOMEN! 炸裂するオンナのパワー  パンとバラとオンナと

GLORIOUS WOMEN! 炸裂するオンナのパワー  パンとバラとオンナと

朝美2015.04.04

Loading...

  


HELLO WORLD~♪
HOPE YOU ARE ENJOYING THE LOVELY SPRINGTIME.


カリフォルニアは、椰子の木を揺らす潮風が心地よく、太陽ギラギラの夏日和(こちらは、すでに夏の到来!?)が続いております。


さて、3月は、INTERNATIONAL WOMNEN’S DAY。
国際女性の日がありましたね♪


2015年、今年のテーマは、“EMPOWERING WOMEN, EMPOWERING HUMANITY, PICTURE IT!”。
”ウーマンエンパワーメント“、”ヒューマンエンパワーメント“”思い描く“。
そして、“MAKE IT HAPPEN”・実現“を目指しています。


インターナショナル・ウーマンズ・デイは、1908年、ニューヨークで1万5千人の女性労働者が婦人参政権の要求と非人道的な労働条件の環境改善を訴えてストライキを起こしたコトが発足のきっかけになったといわれています。


1910年、世界17カ国、100人以上が集ったコペンハーゲンの国際婦人会議では、ドイツのソーシャリストであり、女性新聞DIE GLEICHHEIT(イコーリティ・平等)の編集者でもあったCLARA ZETKIN・クララ・ゼトキン女史が“女性の政治的自由と平等のためにたたかう”“女性の権利と女性の地位の向上、平和のための行動を起こす”と声を上げました。


翌年、1911年、オーストリア、デンマーク、ドイツ、スイスにて女性の権利や差別の禁止を訴えるキャンペーンが開催されましたが、同年、3月25日、ニューヨークの被服工場でトライアングルファイヤーと呼ばれる火災が発生。イタリア人やユダヤ人を含む14歳から23歳の146人の移民労働者が建物に閉じ込められ、女性労働者123人と男性労働者23人が犠牲となってしまいます。


この非人道的な出来事に怒りを感じた女性労働者たちは、再び、声を上げて立ち向かいます。

tomomi2 0403.jpg


“THE WORKER MUST HAVE BREAD, BUT SHE MUST HAVE ROSES, TOO!!”.
生きていくためにパンは必要だけれど、私たちは、バラも欲しい!!


“BREAD AND ROSES!”
パンとバラを!

tomomi0403.jpg


“BREAD FOR ALL, AND ROSES, TOO!”
全てのものにパンを。そして、バラを!

生活の安定と生活の向上のシンボルでもあるパンとバラ。
このスローガンを挙げて、デモが繰り広げられました。


長い歴史をもつインターナショナル・ウーマンズ・デイですが、その背景には、女性たちの多大なる活力と漲る精神力と努力があり、現在に受け継がれています。あの日、あの時、あの女性たちが声を上げてくれたからこそ、今のワタシたちがあるということを忘れてはなりませんね。


この日、ここロサンゼルスでは、米国に移民してきた女性たちの暮らす環境、中絶の権利、暴力や強姦の防止と対策、労働環境、貧困、多種多様なジェンダーやセクシャリティーの理解とヘルスケアーの質の向上などを訴えるソーシャル・ジャスティス団体、青少年と女性支援団体、弁護士や医師、各分野で活躍する専門家など500人以上の人々がロサンゼルス市役所前に集り、“WOMEN’S RIGHTS ARE HUMAN RIGHTS・女性の権利は、人権である”と声を上げ、ダウンタウン地区を行進しました。


国連・UN WOMENグッドウィル・アンバサダーとして活躍中の英国の女優エマ・ワトソン さんは、ジェンダー・イコーリティーのスピーチで、こう語っておりましたね。


“DON’T LET ANYONE TELL YOU WHAT YOU CAN OR CANNOT ACHIEVE!”
“これは、できる。これは、成し遂げられない”。なんて、決めつけられたくないわ。


“BE WHATEVER YOU WANT TO BE”.
なりたい自分になることが大切なの。
、、、と。


ついでに、大変、恐縮ではありますが、ワタシの相棒くん曰く、


“女性が幸せだと思えない社会。女性が安心して暮らせない社会は平和とは言えない。成熟した社会とは言えない”。
、、と申しております。


我が相棒ながら、なかなか、いいコトを言うなあ~と感心感心。


今やハイブリッドの時代。多種多様な言語、文化、ジェンダー、セクシャリティーとそれぞれの生き方を尊重し、自分自身の意見とビジョンをもったハイブリッドキッズやハイブリッドウーマンたちのグローバルな活躍が期待されています。


まだまだ、米国も女性の権利が尊重されているとはいいにくい社会ではありますが、一人、一人の意識を高めて、前進あるのみ。


今後、ますます、炸裂するオンナのパワーに期待が高まります!
GO GIRLS~♪


今日も、カリフォルニアから朝吠えを聞いて頂き、ありがとうございます。
HAVE A WONDERFUL DAY!


GRATITUDE 感謝
KEEP SMILING!


写真:HALE DAVIS


THE VOICE OF WOMEN AROUND THE WORLD?!
動画みてねっ♪



100 YEARS OF INSPIRATIONAL WOMEN:


Loading...

朝美(ともみ)

様々な業界を渡り働くジョブホッパー。米・最も働きたい企業にランクインするフォーチュン500企業に籍を置き、ライター、ライフスタイルリサーチャーとしても活躍。ランニング、ヨガ、ダンスとネコと自由を謳歌する自由人。
Welcome to my site:
https://morningbeauty917.wixsite.com/mysite

NY発の女性による女性のための女性のFAST COMPANY が主導するwoman of sextechのチームメンバー:https://www.womenofsextech.com/tomomi-shirai

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP