ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 朝美
  • CELEBRATE TODAY’S VICTORY! に・じ・い・ろ びゅーてぃふる

CELEBRATE TODAY’S VICTORY! に・じ・い・ろ びゅーてぃふる

朝美2015.07.03

Loading...
   HELLO WORLD~♪ WELCOME SUMMER! カリフォルニアは、サマ~バケ~ションの真っ只中です。 ビーチシティでは、ビーチランやビーチバレー、サーフィン、夏フェスにパ~ティ~と盛り上がっております。 さてさて、6月は、カリフォルニアの夏の幕開けにふさわしいサマーパ~ティ~、L.A. PRIDEが開催されました。海の向こう側から来た人も、海のこちら側で暮らしている人も、全員集合。虹色サマー・セレブレーションは、40万人の人々が詰め掛け、今年も大盛り上がりでした。 1970年、ハリウッドで開催されたL.A. PRIDEは、1979年にウエストハリウッドに移転。LGBTの認識と人権、平等の意識を高めるためにLGBTリーダーと各支援団体、エンターテイナーやアーティスト、コミュニティーが一丸となり、L.A. PRIDEを盛り上げてきました。 大きな成長を遂げて、コミュニティーに愛されるL.A. PRIDEですが、近年では、LGBTシティであるウエストハリウッドに暮らす住民のパレード離れ。裸、アルコールなど、セックスアピールが目的なのか?といった指摘。踊って騒いで、パーティー化したフロートの数々は、一体、何のため??と首をかしげられ、メインストリームで活躍するシンガーやハリウッドセレブレティーらのプロモーション出演ではなく、地元で活動するLGBTエンターテイナーやアーティストを支援しろっという声もあります。 それに加えて、当日の駐車場料金やフェスティバル料金の高さも問題視されています。パレードの観覧は無料ですが、通常、週末の駐車場料金5ドル~10ドルの駐車料金は、パレード当日には、20ドルに。フェスティバル会場の料金は、20ドル~100ドルと高額。 パレード本来の目的は薄れ、LGBTコミュニティーを支援する団体への配慮が欠けている。クリエイティブ不足。アイデア不足。変化がないとも問われています。商業的になりすぎてしまっているのではないかとの声もあり、さっさっとハリウッドに戻ってくれという意見もあるほどです。 毎年、何かと指摘の多いL.A. PRIDEではあるのですが、LGBTの権利に留まらず、人権や女性、どうぶつの権利、環境問題を巡って活動する様々な支援団体の活動とその思想に触れることで、色々と考えさせられるコトも多くあり、人種のるつぼロサンゼルスならではの多種多様な虹色パレードは、一見の価値ありではないかな~と思っています。 また、派手さはなく、規模も小さ目ではあるけれど、ミッションを胸にコミュニティーの支援活動と地元との触れ合いを育みながら精力的に活動しているコミュニティー重視のLGBT団体やパレードもあるので、こちらも楽しめます♪ 最近は、LGBT関連の良いニュースも耳に入ってきますね♪ アイルランドの同性婚を認める憲法改正案では、世界初の国民投票で62%が憲法の改正に賛同。 元オリンピック金メダリストのブルース・ジェンナー氏がカミングアウト。過剰とも思えるハリウッドチックな演出とその報道には、少々、ウンザリさせられ、カーダシアン・ファミリーなんて、ど~でもよいわと思っているワタシではありますが、「もう、私に秘密はない」と堂々と立ち振舞うケイタリン・ジェンナーの姿に感動。彼女のカミングアウトが大きく報道されたコトで、社会のジェンダーへの認識が深まったコトは大きいかと思います。 、、、が、やはり、そこは、カーデシアン。 これを話題に、自分たちのプロモーション活動も怠らず、あちこちに登場しております。 のぉぉ~!! 、、、と、さて、気を取り直しまして、、、。 先月は、アメリカの連邦最高裁判所が、全州で同性婚を認める判断を下しましたね。 ワタシの周りでも、皆、ハグハグハグ~で大喜びでした~♪ rainbow 2.jpg このニュースが飛び込んできた週末は、世界のオープン・ジェンダーな動きとLGBTコミュニティーとその家族や友人に焦点をあてたドキュメント番組が放送されました。 そして、この夏の話題の番組が、“Becoming Us”。 トランスダディの父親、カーリー(元・チャーリー)と離婚した母親のスージー。トランスダディと暮らす17歳のベンの様々な想いと葛藤を描いたトランスペアレンツ・リアルティー番組がABCのファミリーチャンネルで放送されています。 この番組の反響は大きく賛否両論に分かれているようですが、その注目度は高く視聴率も上々とのこと。 「世界がLGBTの動きに注目しています。自分自身を問い、自分のアイデンティティに疑問を持つことは、とても自然なこと。真実を描いたストーリは、自身を知るきっかけともなります。私たちのためになるのです」と語るのは番組の製作者でもあるアシュエイム氏。 THIS IS OUR SIMPLE WISHES. L = LIFE  G= GETS  B = BETTER  T = TOGETHER  一緒に作ろう。豊かな暮らし。 ねっ♪ 今月も、カリフォルニアから朝吠えを聞いて頂き、ありがとうございました。 今日も、素敵な一日をお過ごしください♪ ENJOY YOUR DAY! GRATITUDE感謝 KEEP SMILING~♪ 写真:HALE DAVIS ABCファミリー“Becoming Us ”Premiere Preview LGBT 5年前と5年後 MOVING Video for Global LGBT Equality: Going All Out
Loading...

朝美(ともみ)

様々な業界を渡り働くジョブホッパー。米・最も働きたい企業にランクインするフォーチュン500企業に籍を置き、ライター、ライフスタイルリサーチャーとしても活躍。ランニング、ヨガ、ダンスとネコと自由を謳歌する自由人。
Welcome to my site:
https://morningbeauty917.wixsite.com/mysite

NY発の女性による女性のための女性のFAST COMPANY が主導するwoman of sextechのチームメンバー:https://www.womenofsextech.com/tomomi-shirai

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP