ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

Justin Mccurryラブピスタッフアジュマブックス大杉真心相川千尋安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミキム・ジナ菊池ミナト北原みのり黒川 アンネ具ゆり鈴木はな爪半月高橋フミコ曺美樹塚原久美茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおりハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵牧野雅子行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

ajumabooks

私はアンティル Vol.142 つかの間の春

アンティル2009.05.20

Loading...

私の作戦は成功した。TもKの“嘘”に気がついたのだ。5人兄弟だったことは間違いなかった。しかし、Kの家は貧乏ではなかった。
“頼りにならない父親の代わりに家族をまとめる長男”
“学費をアルバイトで稼ぐ親思いの男”
KがTについていた嘘。

時代は80年代。お金を湯水のように使うことで沸く空気の中、お金に苦労する家族思いの男にはある種のロマンさえ漂っていた。時代が過去に忘れた貧しさと苦労の物語は明治生まれの苦労人の父親(!!!) を持つTにはたまらない魅力だったのだろう。
しかし、Tの心を捉えた幻は崩壊した。Kはしぶしぶ嘘を認めたのだ。Tの心は変わっていった。TのKへの恋心が冷めていく。そのことを私は喜んだ。

『とうとうTが帰ってきた!!』

Tといる時間が長くなっていった。
私に再び春がやってきた。私は二度とあの春のような思いをしないように、男に磨きをかけた。私がもっと男としてそしてこの頃から私は本格的に筋トレを始め、肩パットに頼ってきた“なで肩”からさよならする決意をする。Tと会っていないときはひたすら筋トレ。目指すはトム・クルーズ。なで肩だって筋肉がつけば逞しくなれる。頭の中にトップガンのテーマを流し、トレーニングルームに通った。

胸をつぶすサラシを巻いてのトレーニングは苦しかった。少しでも膨らみがでないようにきつくしばったカラダは立っているだけでもその部分がドクドクと音を立てている。バーベルは常に男性の平均負荷。動くたびに胸が不自然な形になる私に回りはヒソヒソ声を上げる。それでも私はお構いなしだ。バーベルをひたすら持ち上げ、ひっぱり、カラダ改造を目指していた。夜はボイストレーニングだ。高校時代からやっていたボイストレーニングは自己流の枕式だ。枕に口をつけて布団をかぶり、オーオーと声を上げる。空気が薄い状態で低い声を出す訓練は1時間以上は続けなければならない。Tを再び失いたくないという気持ちは私をトレーニングへと向かわせた。トレーニングとTとのデートの毎日。

そしてこの頃から見た目にも以前のようにオンナだと指摘されることがなくなった。
Wから毎日届く電話。私の足はどんどんWから遠のいていった。

W(留守電)「電話して。」
W(留守電)「今日家で待ってるから」
W(留守電)「そっちに行っていい?」

ある日、Tとのデートが終わった頃、Wが家の前で待っていた。

W「なんで連絡くれないの?!」
Wの顔が鬼のように怒っている。
ア「ごめん・・・・」
W「今日家に泊めて」

私はWを自分の部屋に泊めたことがない。どこかでTとの特別な場所だと思っていたからだろう。

ア「それは無理。」
W「なんで!!」
ア「・・・・・・もう、Wとは付き合えない。・・・・・」
W「だれか好きな人でもできたの!!」
ア「うん。」
W「・・・・・!私、諦めないから!絶対!!」

ドラマの1シーンのような会話にどこか実感がわかない。と、同時に自分が作り出している惨い事実が自分自身と重ならない。

ア「でも、もう無理なんだ。」

Wの涙は私を止めることができない。私は部屋に帰っていった。
再び始まったTとの時間。私はこれまでのTとKの関係の風景が副作用のように私を襲う。幸せと不安、喜びと恐れ。Tとの二人だけの時間は束の間の時間だった。

<お知らせ!>

アンティルが、5月23日フェスティバルでラブピースクラブのブース内で、FTMのセックスライフをサポートするグッズの紹介・説明を行います。
場所:代々木公園:ラブピースクラブのブース内
時間:午後2時30分(5分ほど前に集まっていただき、スタッフにお声をおかけください)
フェスティバルの詳細は!http://www.tokyo-pride.org/festival/

Loading...
アンティル

アンティル(あんてぃる)

ラブローター命のFTM。
数年前「性同一性障害」のことを新聞で読み、「私って、コレかも」と思い、新聞を手に埼玉医大に行くが、「ジェンダー」も「FTM」という言葉も知らず、医者に「もっと勉強してきなさい」と追い返される。「自分のことなのに・・・どうして勉強しなくちゃいけないの?」とモヤモヤした気持ちを抱えながら、FTMのことを勉強。 二丁目は大好きだったが、「女らしくない」自分の居場所はレズビアン仲間たちの中にもないように感じていた。「性同一性障害」と自認し、子宮摘出手術&ホルモン治療を受ける。
エッセーは「これって本当にあったこと?」 とよく聞かれますが、全て・・・実話です!。2005年~ぶんか社の「本当にあった笑える話 ピンキー」で、マンガ家坂井恵理さんがマンガ化! 

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ