ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

Justin Mccurryラブピスタッフアジュマブックス大杉真心相川千尋安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミキム・ジナ菊池ミナト北原みのり黒川 アンネ具ゆり鈴木はな爪半月高橋フミコ曺美樹塚原久美茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおりハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵牧野雅子行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

ajumabooks

Loading...

Tを会社から自宅まで送る日々が終った。

T「私に彼氏がいるって噂になっているの!黒いサングラスをした男が毎日、私を迎えに来てるって、同僚の男の人からからかわれてるんだから!!もう絶対に来ないで!!」

自分が男に見られたことに少し喜びながら、透けて見えるTの本心に悲しみを抱く。TがKと別れてから続いていた束の間の平和。ドライブにも行った、映画にも行った、旅行にだって行った。あの日々が終るなんて!私にはTしかいないのに!Tがまた私のもとを去ろうとしているなんて?!!
T IS MY World!!

この日からTとの連絡が途切れた。電話をしても家にいない。1月後のある日、私はたまらずTの会社の前で待つことにした。『Kの時と同じように誰かとつき合っているのかもしれない』『Tを失うなんてどうしよう!』心が折れる寸前まで私は追い詰められていた。

ビジネス街にあるその街は夕方ともなると人の流れが道を埋め尽くす。私はサングラス越しの黒い世界で必死にTを探す。あの人でもない。あっ!あのTだ!いや違う・・・。『あっ!Tだ!!』15分後、とうとうTを見つけた。
Tを見つけ走り出す私。

「T!」
私の声を聞いて振り返ったのはTだけではなかった。
「誰?この人」「えっ!なんでもないの。アンティルさん久しぶり!元気?!!」
「えっ!なにをいっ・」「私の会社ここなんだ!」「この人、例のサングラスの人なんじゃないのか?」「違うよ。(笑)そんな人いないって!じゃあねアンティルさん!また電話するね!!」「ティ・・」

Tは少し年上の男と共に地下鉄の駅に消えていった。背広がカラダの一部になっているような男の姿が目から離れない。私の制服にはなることはないであろう背広。その背広が似合う男。絶望的な気持ちになり私はただただ部屋で小さくなり続ける。その絶望を和らげるものなどT以外、存在しない。
酒も睡眠も友人との電話も私にはなんの足しにもならない。トゥルルル
夜12時、電話の音が暗い部屋の中で鳴り響いた。

ア「もしもし!」
Tだ。
T「私だけど、なんで来たの?!!」
ア「だって連絡もくれないし、会いたくて・・・」
T「私がレズだって思われたらどうするのよ!」
ア「どういうこと?私とずっと一緒にいたいってT、言ってたじゃないか」
T「私は結婚して子供もほしいの!普通の生活がしたいの!アンティルじゃ私の望みを叶えられないでしょう!!私今好きな人がいるの。うちの近くに住んでいて。高い車も持っていて。すごく大人なの。」
ア「・・・・・・・・」

受話器を持ちながら、声を上げて私は泣き続けた。なんで、なんでと繰り返し言いながら、受話器を切ることも出来ず涙だけを落としていた。

T「あなたが悪いのよ。」
ア「・・・・じゃあもう私と二度と会えなくなってもいいってことなんだね。ヒックヒク・・・」

私の鳴き声がしゃっくりのように繰り返し同じ音をたてる。

T「それは許さない。あなたには責任があるの。私にはアンティルも必要なの。」
ア「!!!???????」

頭が逆回転し、血が勢いよく流れていくのが自分でもわかる。体中でTの言葉の意味を考えようとしているみたいだ。“好きな人がいる”という言葉に絶望し、“アンティルも必要なの”という言葉に喜ぶ心は完全にパニック状態だ。

T「私はもうアンティルがなくては生きていけない。頼りにしてるの。心もカラダも。」
ア「?????!!!!!!!」
40分後、私はTとラブホテルのベットの中にいた。
T「今日私その人とセックスしたの。」

そう言って私に抱きつくTを拒否することもなく、縋るように抱きつくことしか出来ない私はもう完全に正気を失っている。キスをし、胸を舐める。Tも私もいつもよりきつく抱きしめ合う。そして足もとに顔をうずめた時、私はTのカラダの異変に気がついた。
『これTの身体じゃない・・・・』
目隠しされて足元に顔をうずめ、舌先だけでTを探さなければならないことがあっても必ず当てることができる私が間違えるはずがない。これはTじゃない!
Tとの終焉まであと11ヶ月。

Loading...
アンティル

アンティル(あんてぃる)

ラブローター命のFTM。
数年前「性同一性障害」のことを新聞で読み、「私って、コレかも」と思い、新聞を手に埼玉医大に行くが、「ジェンダー」も「FTM」という言葉も知らず、医者に「もっと勉強してきなさい」と追い返される。「自分のことなのに・・・どうして勉強しなくちゃいけないの?」とモヤモヤした気持ちを抱えながら、FTMのことを勉強。 二丁目は大好きだったが、「女らしくない」自分の居場所はレズビアン仲間たちの中にもないように感じていた。「性同一性障害」と自認し、子宮摘出手術&ホルモン治療を受ける。
エッセーは「これって本当にあったこと?」 とよく聞かれますが、全て・・・実話です!。2005年~ぶんか社の「本当にあった笑える話 ピンキー」で、マンガ家坂井恵理さんがマンガ化! 

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ