ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

banner-1906dame06

「翻弄されるAKB」を楽しむ男子のように、「翻弄されるSexy Zone」 を女子は楽しめるか?

高山真2014.07.21

Loading...

 人生のある時期に、「アイドル」という存在は必要であると、あたくしは自分の実感から確信しています。何度も話題に出すけれど、あたくしの場合は80年代の松田聖子とか、ジャンヌ・モローがアイドルでした。
アイドルは、単に「テレビ番組で歌ったりスクリーンで演技したりしている、可愛い顔した子(性別問わず)」のことではない。ものすごくザックリ言ってしまうと、「世の中のことや、世界のことをまだ何も知らなかった時期に、『この世界でキラキラと生きていく』ことを、体を張って見せてくれる人」、それがアイドルという存在です。
 あたくしの場合、松本隆が書く松田聖子の歌に薫陶を受けまくりでした(この連載の6月2日アップ分参照)。ゲイだってこととも関係があると思うけれど、「世界の誰とも、恋愛はおろか、心を通わせることもできないかもしれない」というおびえを抱えていた10歳~17歳くらいのあたくしに、「恋愛って、ここまで可愛さと強気さを両立しちゃっていいんだ」と思わせてくれたのが松田聖子の歌だった。そして、「底なしの業を引き受ける、その意志が、顔立ちや立居振る舞いに美醜を超えた味を与えてくれる」と教えてくれたのがジャンヌ・モローだったのです。
「私は、私たちは(ボクは、ボクたちは)、なんでもできる」とその存在で語るアイドル(あたくしにとっての松田聖子やジャンヌ・モロー)、あるいは「私には、私たちには(ボクには、ボクたちには)、できることは限られている。でも、だからと言って、自分たちの上にいる、力の大きなヤツらに迎合も服従もしたくない」とその存在で語るアイドル(昔ならジェイムズ・ディーンとか、パンク、ロック系のアーティストなどはこちらの枠。最近なら1990年代の安室奈美恵とか2002年ごろまでの浜崎あゆみの歌の世界観もこっちだと思う。同性のカリスマになるのは、たいていこちらのタイプね。尾崎豊とか)が、10代の子たちにどれだけの勇気やなぐさめを与えてくれるか。
 あたくしの場合、「恋愛対象になる性別の誰か」が自分のアイドルにはならなかったクチだけど、だからと言って「疑似恋愛の対象としてのアイドル」の存在を否定するつもりはまったくないわ。「大人の世界」や「異性との恋愛」に潜在的な恐怖感を感じているオンナの子たちに「こっちの世界も楽しいんだよ」と教えてくれるのが、同世代から少し年上のオトコの子アイドルであったとしても、なんの不思議もないから。だから、もはや子どもみたいな年齢のHey!Say!JUMPとかKis-My-Ft2とかSexyZoneとかに自分自身が惹かれることはないけれど、彼らに惹かれるオンナの子たちの気持ちは、よくわかるのよ。余談だけど、ジャニーズのグループが「キス」とか「セクシー」みたいな、かなり直接的な単語をグループ名にするのってスゴいわね。昔はせいぜい、「光源氏」とか「渋柿」みたいな暗喩だったんだけど。
 と、長々とアイドル論をカマしてきましたが、数日前、こんなニュースが流れました。
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2014071602000193.html
 まあ要するに、「SexyZoneの固定メンバーが5人から3人に減り、残りの枠は流動的になる」という感じかしら。このニュースでは「AKB方式」と表現されているけれど。
 あたくしが、今回のコラムで、今の今まで「AKB」の名前を出さなかったのには、理由があります。別に「歌がヘタ」だとか「可愛い子と思える子がいない」とか、そんなことはこの際どうでもいいの。「AKB(と、派生するグループ)」は、あたくしの考える「アイドル」とは真逆であることが最大の理由なのです。「大きなものが決めたことに迎合し、従わなければ、そのグループで活動を続けていくことさえ難しい。それが大前提になっているオンナの子たち」を見るのは、どうもね、つらすぎるのよ。「年端もいかないオンナの子が、お金も力もある大人に翻弄される」様子を、「物語」とか「試練」として気持ちよく消費することが、心情的にできないわけ。それはあたくしにとって、「運営側・制作側が隠そうともしない残酷さ、酷薄さに乗っかる」みたいな部分があるの。
 ノンケ男子のファンたちが、AKBにまつわるそういった「物語」に、やすやすと乗っかっているのも、まあわかる。たいていのノンケ男子にとって、「強気に我が道を突進していくオンナの子」より「翻弄されまくる可愛い子」のほうが御しやすい存在なんだろうし(90年代の安室奈美恵や、「本性」があらわになってきた松田聖子を支えていたのは、ほとんどがオンナたちだったはず)。また、「AKBのオンナの子たち」と「運営側」だったら、男子が自分を同一視させるのは運営側のほうだろうから。「若いオンナの子たちを手駒にして、翻弄し、それで大金を稼ぐ……。そんな道は不可能じゃない」と思う小僧たちもいるかもしれないわ。
 じゃあ、女子たちは、「翻弄されるオトコの子アイドル」を、運営側の視点で楽しめるか。これ、無理でしょう。日本には、「オンナの子だって、産業とか文化(消費ではなく創造としての文化ね)の中枢で、世界を動かせる」というモデルがあまりにも少ない。そういう「物語」に接してきていない。そんなオンナの子ちゃんたちは、「アイドルと一緒に翻弄されてしまう」ことしかできないわ。これは本当に不幸なことよ。
 最初に言ったとおり、あたくしにとっても、ある時期、アイドルは必需品でした。かつてのあたくしがそうだったように、「その人が光を放っている様子を見ると、ほんの一瞬でも、生きていくことが怖くなくなる」というくらいの切実さで、「自分だけのアイドル」を信じているオンナの子たちが、いまでも日本にはたくさんいると、あたくしは確信している。SexyZoneのためと言うよりはそうしたオンナの子たちのために、あたくしは胸を痛めるわ。
「そんなにもてあそんでくれるなよ」と。

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ