ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 高山真
  • よしながふみが『大奥』の華麗な絵巻の中に描く、「学ばない人間の哀しさ」

よしながふみが『大奥』の華麗な絵巻の中に描く、「学ばない人間の哀しさ」

高山真2016.06.02

Loading...


 待ち焦がれた新刊を発売日に入手する。本好きにとっては大きな、そして色あせない喜びのひとつです。最近は、本屋さんを心ゆくまでぶらつくのも体調次第といったところではありますのでアマゾンを使うことも多いのですが、それでも家でページを繰るくらいの体力はいつでもキープしておきませんとね。

 ちょっと前のことになりますが、ゴールデンウィークが始まるころに「発売日買い」をした作品のひとつが、よしながふみの『大奥』13巻。この連載の2014年9月にアップしたコラムでも取り上げていますが、あたくしにとってこの作品は21世紀のマンガ界を代表する傑作のひとつです。

 あたくしはこの連載の2014年9月にアップしたエッセイの中で、『大奥』のことを取り上げています。今回のエッセイは、それを踏襲したものになるので、ちょっと先にこちらを読んでいただけますでしょうか。

「怒り」を絢爛たる色に染め上げる『大奥』、よしながふみの手腕
http://www.lovepiececlub.com/culture/gourmet/2014/09/15/entry_005330.html

 上にリンクしたエッセイも書いていますが、あたくしは、よしながふみが、「男女逆転大奥」という舞台設定の中に散りばめた、現代を生きる人間たちの悲しみや怒りの表現に、毎回、胸をかきむしられるような感覚を覚えています。江戸時代のことを描きながら、どこまでも「現代」。それがこの作品に凄みを加えている、と。

 最新刊の13巻で取り上げられている児童への性的虐待の問題、そこからつながる、「夫(父)による虐待に目をつむることで、子どもをさらなる絶望へと突き落とす妻(母)」の問題については、あたくしは語ることができません。あたくしの知る限り身内にはそういう問題はなかったのですが、友人がこの被害を受けていたことを聞いたことがあります。その話を聞きながら、あたくしは怒り以外の感情が出てこなかったのに、その友人の肩をさするばかりで何も言葉が出てこなかったのです…。

 現在のよしなが版『大奥』では、「男子にだけかかる疫病」はすでに過去のものとなり、「男が家を継ぐ。よほどの事情があるときは女が家を継ぐ」という時代が舞台。その中で、阿部正弘(女)が、13代将軍の徳川家定(女)とともに、幕末に向かう波乱の世を生き抜く姿が描かれています。その大きな物語の中で、今回あたくしが感じたのは、「人間の『学ばなさ』に対する、よしながふみの絶望」でした。

 阿部正弘が、先の11代将軍・家斉に、女として家督を継ぐことを例外的に許され、そのお礼を述べるシーン。阿部正弘の聡明さをすぐに感じ取った家斉との間で、このような言葉のやり取りがありました、

 家斉「皮肉よの。そなたのような聡明な女が女というだけですぐには家督を継げなくなったのも時勢と申すか…」
 正広「ならば以前は男というだけで政(まつりごと)から遠ざけられ種馬にされてきた多くの能ある男がいた事でござりましょう」

(『大奥』13巻・25ページ)

 「男が家を継ぐこと、政治経済の中心にいるのが当たり前の時代/女が子を産む機械になるのが当たり前の時代」から、疫病によって「女が家を継ぐこと、政治経済の中心にいるのが当たり前の時代/男が子を成す機械になるのが当たり前の時代」へと移った、というのが、よしなが版『大奥』のそもそもの舞台設定です。

 「そのふたつの時代を経て、人は学習したのか?」

 よしながふみは、今回、この問いを読者に投げかけた、とあたくしは解釈しました。そして、よしながの答えは「否」なのではないか、と。

 どちらの時代も経験すれば、それを踏まえて「いいとこ取り」をすることも可能なのに、人間にはできない。その愚かしさ、哀しさ…。13巻を読みはじめて、あたくしが最初に胸に大きなひっかき傷がついたような衝撃を覚えたのは、まさにこのシーンでした。いまの時代でも、いえ、いまの時代だからこそさらに重くのしかかってくる、様々な問題を、よしながふみは描き続けているのだと思います。

 この作品を愛読する方々の多くが、「この作品が出るのはあと2巻。徳川15代に合わせて、15巻で幕を引くはず」と思っていることでしょう。あたくしもそのひとりです。よしながふみが、あと2巻の間に、いまを生きる人たちの怒りや哀しみをどのように掬いあげてみせるのか、ただただ楽しみに待ちたいと思います。

追記
PS
 あたくしの新刊『恋愛がらみ。 不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』のサイン本、ラブピースクラブさんでお取り扱いいただいています。少しお時間はいただきますが、あなたのお名前を入れ、一言メッセージも添えさせていただきます(ご注文があったことをお知らせいただいてから、ラブピースクラブさんにお邪魔しますので、どうしてもタイムラグができてしまうことをご了承ください)。
 18歳以上の方でご興味がある方は、こちらをチェックしてみてください。
http://www.lovepiececlub.com/shop/products/detail.php?product_id=3644

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP