ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 2014.02.20 こんなに泣きたくなる「男女逆転ドラマ」が今まであったか!

2014.02.20 こんなに泣きたくなる「男女逆転ドラマ」が今まであったか!

Loading...

こんにちは!
スタッフ・ユキです。
ちょっと前に、
友達の間で少し話題だったけど、
それほど注目していなかったある動画がありました。
これまで何の動画かよくわからなくて、
スルーしてしまっていましたが、
今日のお昼に見て泣いたねーーーー!!!!
他のスタッフも泣きそうでした。
その動画かコチラ。

このショートムービーの世界では、
男女の関係が逆転しています。
女性が圧倒的に優位な社会で、
日々男性差別に苦しむ主人公の一日です。
男女が逆だと、
ぎょっとするような場面も、
今の社会では「当たり前」になっているということがよくわかります。
いくつか私が「すごい!」と思った場面をいくつかご紹介♪
1、上半身裸でジョギングする女性
 →→そう、なんで男だけトップレスでいいんだよ?!ってすごーく疑問だった。
    男の上半身をわいせつ物にしてほしい。
2、路上でおしっこしてる女子
 →→そう、これもまだやってるサラリーマンいっぱいいるでしょ?!
    やっぱり、おかしいんだってば!!
3、白昼堂々と性暴力を受けても、誰も助けてくれない→警察で2次被害にあう主人公
 →→ここらへんの流れで、思わず泣ける…だけど、こんなことは女には頻繁に起こってるって、
    すごーく簡単に想像できちゃう社会なんだよねぇ・・・。
4、妻との口論
 →→警察からの帰り道「こんなフェミニスト社会耐えられない!」と泣きだす主人公に、
    妻は「そんなお前の男性至上主義みたいなナンセンスに私は耐えられない!」と怒り出す始末…
    今の社会で考えたら、女性差別で苦しんでいることを訴えたら、
    フェミみたいなこと言ってんじゃねーよと責められる、という場面。
    これもめちゃくちゃよくある。

5、レイプ被害にあった主人公を責める妻

 →→「ハーフパンツに半袖、ビーサンなんか着てるからだろ!」と妻。
    男に向けて言ってるから明らかに変な言いがかりなんだけど、
    これが今の社会では被害者の女性に向けられてる言葉だと思うと…泣ける!
もともとフランス語のショートムービーで、
字幕に英語が出ます。
本当に、泣ける。
主人公が男性でも、
性差別での苦しみっていうのはわかるから、
ものすごーく共感できること請け合いです。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP