ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

Loading...

8月も終わりますね。
ラブピスタッフのMです。
8月もあと数日ということで、2019年の夏はなにか『夏らしいこと』ができただろうか、としばらく考えていたのですが、残念、何もできていません。

夏と言えば夏休み、夏休みと言えば宿題、宿題と言えば……Yes,自由研究!

これだッ!!!

夏が始まる前に「elvie(エルビー)」自腹買いしたスタッフMが、膣トレについてご報告させていただきます。

大人の自由研究、『膣トレの実践』です。

※全ては個人の感想ですのでご了承ください。

 

さて、いきなりですがトレーニングの成果です。

Strength LVs

6月26日 92

8月10日 138

45日間で、膣圧1.5倍達成!!!

エッ、ウソでしょ? さすがに盛(も)ってるでしょ??
 という幻聴が聞こえますので、証拠にアプリの管理画面お見せしますね。

なお、パーソナルベストは8月5日の158です。

トレーニング開始日から比べて、171%です。

 

※以下詳細レポです。

 

【トレーニング初期 6月の膣トレ】

6月26日、スタッフMは税込み価格29,160円の膣トレグッズ『elvie(エルビー)』を熟慮の末購入しました。
弊社の敏腕営業のデスクが私の斜め前なのですが、営業用にelvieの動作確認をしている様子を眺めていたら、欲しくなってしまったのです。
elvieは、アプリでトレーニングし、成果の管理までこなしてくれる膣トレボール。
斜め前で「おもしろ~!」と笑いながら膣トレボールをギュギュッと握り、ポンポンと軽快にゲームをクリアしていく様子の楽しそうなこと楽しそうなこと……。

私も膣圧でゲームをクリアしたい!!

さて、その日の夜、初めての膣トレです。
あらかじめインストールしておいたアプリを起動して、Bluetoothで本体をペアリングします。
(スマホのBluetoothボタンを押すと、勝手にペアリングしてくれます)
ペアリングが完了したら、さっそく挿入!
スタッフMは月経カップで慣れていたので、挿入の時にも特に違和感なく、するりと挿入できました。

トレーニング内容は、膣圧で画面上のポリゴン状の宝石を操作し、山を飛び越えたり、的に当てたり、といったもの。

トレーニングはだいたい5分くらいで終了。

最後に総括のようにその日のStrength LVsを測定します。
無言・全力で膣圧を高めて「92」でした。

これ、MAX100の92なのか、それともMAX10,000の92なのかでだいぶモチベーションも変わってくると思うんですが、どうなんでしょうね。
(どうなんでしょうね?)と思いつつ、泡タイプのトーイ用クリーナーで本体を洗ってバスルームにぶらさげ、その日は寝ました。

翌朝、尻に違和感です。

なんだこれ??? 尻の一部が他人みたいです。

出社して、elvieの先輩に「初elvie、めちゃくちゃ楽しかったです!」と大興奮しながら報告したところ、「Mさん、お尻に違和感ありませんか?」と。
ありますあります、エッなんでわかったんですか?!
「『お尻』としか形容できないんですけど、なんか謎のエリアが筋肉痛になるんですよ!!」
な、なるほど。

筋肉痛になると、本当に筋肉に効いてる、って感じがしてちょっと嬉しく思えたのでした。

 

【トレーニング中期 7月の膣トレ】

7月、スタッフMは風邪をひきました。
めちゃくちゃ咳が出ます。
マスク必須。

elvie中に一度咳き込んでしまったことがあったのですが、画面上でちょうど計測中だった膣圧が物凄い乱高下を繰り返しておりました。

膣トレは骨盤底筋のトレーニングであり、尿もれなどの予防にもなるというのは広く言われていることですが、そもそも「咳やくしゃみの拍子に尿が漏れてしまう」というお悩みが多いと聞きます。
今まで咳やくしゃみの時の膣圧なんて気にしたこともなかったけれど、こうして測定してみると、これはトラブルが起きてもおかしくないな、と思える感じでした。

なお、7月も生理中以外は毎晩elvieでのトレーニングを続け、それこそ酔っぱらって帰宅した夜もきっちり膣トレに励みました。
結果、画面上に表示されるポリゴン状の宝石の色が何段階か変わり、かつトレーニングメニューが増え、アプリ開発者のユーザーを飽きさせない工夫を感じました。
もはや膣トレをしないと一日が終わった気がせず、眠れない、という域でした。

 

【そして現在 8月の膣トレ】

8月に入り、ついに最高値の「158」を叩き出したわけですが、現在も膣トレは続いております。
トレーニング開始当初は、山を飛び越えたり、的に当てたり、といった内容でしたが、今は「円の中に30秒キープ」とか、「あらかじめ決められたラインの上を膣圧で微妙に調整して走り続ける」とか、より緻密な操作を求められるものになってきています。

実感としては、これはあくまでも個人の感想なのですが、お手洗いに行く頻度が減りました。
いや、尿意は我慢すべきではないと思うのですが、脳が「尿意!」と思ってからこれまではすぐにお手洗いに行っていたのですが、別にすぐにお手洗いに行かなくても平気になったというか……。

あと、「やせた?」と言われました。
体重を記録していたわけではないので、本当にやせたかどうかはわからないです。

あと、これはショックだったことなのですが。

elvieを使い始めて、わりとフランクに周囲に「膣トレしてるんだ!」と言って回ったのですが、仲がいい子ほど「じゃあオトコつくらないとね!」と言ってきたのがなんだか非常に無念でした。
ヘテロセクシュアル、シスジェンダーのスタッフMに対してのコメントとしては間違っていないのですが、違うんです、違うのよ、セックスの為にやってるわけじゃないんです。

自己の鍛錬と日々の日課と健康管理の為にやってるの。

自分の為の膣トレなの。

「オトコつくらないとね」じゃ、ないのよぉぉおお!!!(絶叫)

『膣トレ=セックス』なわけではないのです。

『筋トレ=セックスアピール』じゃないですよね。

喩えがちょっと違うかな。

あと、まぁ、もちろんそういう人もいるかも知れませんけど。

「膣トレしてるんだ!」と言われたら「セックスの為か」と縛られた視点で見ずに、「効果どう?」くらいの広げ方をしてくれると嬉しい。

もしくは「私もやってる! 何使ってるの?」と返ってきたら、もっと嬉しい。

ラブピの社内では過半数がelvieユーザーなのですが、切磋琢磨という感じで楽しくトレーニングを続けられているので。
夏は終わるわけですが、スタッフMは引き続きスポーツの秋ということでトレーニングを続けてまいります。

 

(スタッフ・M)

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP