ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

アジュマブックスラブピスタッフ相川千尋安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミ菊池ミナト北原みのり具ゆり鈴木はな高橋フミコ塚原久美茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおりハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵牧野雅子行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

banner-1906dame06

ラジオでCOVID-19 VOL.10 東京五輪、こんな状況での強行姿勢、こうなったらゴリハラでしょう。

北原みのり2021.05.21

Loading...

2020年8月から毎月一度、災害研究者であり、日本女医会の理事であり、銀座青木ペインクリニックの青木正美医師と、京大→東大→ハーバードで感染症研究をしてきたオガワフミさん(オガワフミさんのコラムはコチラ!)と新型コロナウィルスの「今」を語ってきました。

定点観測のように語り続けていますが、一度たりとも、「先月よりも少しよくなったね」という日がない日本の現実。それは決して技術不足でも、PCR検査機械不足でもない。むしろ技術は高く、検査機は世界有数保有している国でもある。皆保険制度という素晴らしい医療制度もある。それなのに!?!?! この惨状はなになのか。

感染症専門家であり、現職の福祉職員であるオガワフミさんと、青木医師による、今を記録するためのラジオです。

今回は青木医師から「東京五輪、こうなったら、もうゴリハラ」という言葉が出ました。東京五輪を推進するために、私たちが受けているのは、ハラスメントの域、暴力なのだということです。今、立ち止まり、考え、想像力と知識を得るために。私自身が、毎回非常に学ぶことが多い時間です。ぜひ聴いて下さい。

Loading...
北原みのり

北原みのり

ラブピースクラブ代表
1996年、日本で初めてフェミニストが経営する女性向けのプレジャートイショップ「ラブピースクラブ」を始める。2021年シスターフッド出版社アジュマブックス設立。
著書に「はちみつバイブレーション」(河出書房新社1998年)・「男はときどきいればいい」(祥伝社1999年)・「フェミの嫌われ方」(新水社)・「メロスのようには走らない」(KKベストセラーズ)・「アンアンのセックスできれいになれた?」(朝日新聞出版)・「毒婦」(朝日新聞出版)・佐藤優氏との対談「性と国家」(河出書房新社)・香山リカ氏との対談「フェミニストとオタクはなぜ相性が悪いのか」(イーストプレス社)など。

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ