ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 深井恵
  • 「いままでも」なのか「いまだから」なのか、判断がつかない放送番組の一場面

「いままでも」なのか「いまだから」なのか、判断がつかない放送番組の一場面

深井恵2005.11.29

Loading...

「いままでも」なのか「いまだから」なのか、判断がつかない放送番組の一場面。

先日、N放送の動物ものの番組を見ました。「ムース」っていう世界最大のシカの特集でした。初めて見る動物で、なかなか味があってかわいらしい。水草が好きで、泳ぎが上手。2メートルを超える大きな体。でも、子どもの頃はクマやオオカミに狙われるので、それを防ぐために、進化の過程で子どもの成長速度は非常に速くなっているとのこと、などなど。ま、そのへんはよかったんです。

問題は、繁殖期のハ・ナ・シ。
いわく、「ムースのメスは結婚できる日が限られています」。・・・?????
繁殖期に、メスの体が交尾できる状態になっている日数が限られている・・・っていうことを言いたかったのでしょうが、「交尾」と表現せずに、「結婚」・・・。なんだそれ?!

「交尾」なんて言っても子どもには理解できない?! 性教育バッシングへの対応か?! あえて自主規制か?! いやいやそれとも、自主規制以上に、「セックス=結婚」と子どもに刷り込みたいがためか?! 人間も女が結婚できる年齢は限られているとでもいいたのか?!(・・・深読みのしすぎ? みなさんはどう思います?)

動物の生態を伝える番組は、親が子どもに見せたい番組の筆頭にあげられる教養番組です。ですが、一見、動物の行動を客観的に説明しているように見えるこれらの番組も、伝える側の「ジェンダー観」によって、いかようにも行動説明が変わってしまいます。

ああ、こうしてまた、子どもたちが、そして親たちも、番組作成者の結婚観・ジェンダー意識に影響を受けていく・・。
動物番組の次に、続けてみたニュースの一場面。ある病院で、抗ガン剤治療を、入院せずに通院でできる施設ができたというニュース。そのニュースでの、ある医師のコメント「40代50代の主婦の方が治療をする際、入院せずに通院することで、生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)を落とさず治療が出来る」。

・・・誰の生活の質?!

私にはどうしても、「家族の生活の質」いや、もっとわかりやすく言えば「夫の生活の質を落とさずに、妻は通院で治療することを求められる」というふうに、受け止めちゃったんですよね~。こんな受け止め方は素直じゃない?!
百歩譲って「抗ガン剤治療をする主婦の生活の質」だとしたら、「不自由な入院生活の中で治療するより、住み慣れた自宅でゆったりと治療に専念できる」とでも言うのかなぁ・・。主婦が自宅にいて、ゆったりとした生活はできにくいと思うんですが・・。

医者の妻って、専業主婦が多いらしいから、コメントしてた医師も、「妻がいなくなると生活の質が落ちる男性医師の図」が描きやすかったのでしょうか。ガンになっても家族の生活の質のために入院できない・・・なんてことのないように願いたいものです。

ニュースと言えば、この放送局では「自衛隊の活躍」が頻繁にニュースに出てきますね。迷彩服がテレビ画面に登場する回数、ここんとこ、とみに増えましたよね。いいのかなぁ・・。迷彩服の売り上げ、伸びてるらしいし・・。(迷彩服に対する免疫をつけてる?!・・・気のせいかなぁ?)

そうして、先ほどのニュースの次の番組では、ある女性タレントの新婚当初のエピソードが流れました。そのコーナーの名前が「人妻○○の・・・」で始まるもの。・・・げんなり。

その人は、新婚当初、ゆで卵と生卵の区別をつけるために、ゆで卵に「ハートマーク」をつけて夫に渡していたそうですが、その話を聞いたスタッフが、「新妻の鏡!!」と叫ぶ場面あり・・。もうこんなのばっかりですね。
1時間程度しか見ていませんでしたが、メディア・チェックに引っかかるものだらけでした。いつか抗議し~よぉっと。

Loading...

深井恵(ふかい・めぐみ)

九州某県の高校日本語教員。
日教組の「教え子を再び戦場に送らない」に賛同して組合加入。北原みのりさんとは、10年以上前(ジェンダー・フリー・バッシングがひどかった頃)に組合女性部の学習会講師をお願いして以来の仲。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP