ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 深井恵
  • 原発事故を機に核武装を狙う?!

原発事故を機に核武装を狙う?!

深井恵2012.08.15

Loading...

ロンドン五輪では23人の選手がレズビアン・ゲイをカミングアウトしていたそうですね(22人とか24人という報道もあるみたい)。行きの飛行機でエコノミーだった日本女子サッカーも、帰りはビジネスだったとか。また、カタール、サウジアラビア、ブルネイからは初の女子選手が参加。全加盟国・地域が女子選手に門戸を開いたというから、いろんな意味で一歩前進したオリンピックとなったようです。まだまだいろんな意味で平等じゃない面もありますが。
その一方で、ロシアのサンクトペテルブルクでは、マドンナがコンサートで同性愛を支持する発言をしたことで、条例違反にあたるとして告発されたとか。サンクトペテルブルクでは今年の3月に「未成年者(18再未満)に対する同性愛や小児性愛の宣伝禁止」という条例が施行されていたらしく、未成年者のいるコンサート会場(公共の場)で、同性愛者の尊厳や恋愛の権利を訴えたりしたことが、同性愛を宣伝したと受け取られたらしい。小児性愛は支持すべきでないと思うが、同性愛については未成年の頃から、差別や偏見をなくしていくためにも情報提供したほうがいいと思うんだけど・・・。今回のマドンナの発言が、条例の見直しにつながればいいなぁ。第21回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭も9月14日(金)から17日(月)まで東京青山で開催されるので、こちらも入場者が増えるといいですね。
それはさておき、テレビや新聞、雑誌、ツイッター等々、さまざまなメディアがオリンピック中心に動いていた間に、「原子力の憲法」とも呼ばれている原子力基本法がさらりと改正されていました。6月20日のことです。自民党の要請を民主党が受け入れて成立したと、東京新聞等で報道されていたようです。
原子力基本法第一章総則の第二条(基本方針)
原子力の研究、開発及び利用は、平和の目的に限り、安全の確保を旨として、民主的な運営の下に、自主的にこれを行うものとし、その成果を公開し、進んで国際協力に資するものとする。
だったものが、
二条の次に次の一項を加える。
2 前項の安全の確保については、確立された国際的な基準を踏まえ、国民の生命、健康及び財産の確保、環境の保全並びに我が国の安全保障に資することを目的として、行うものとする。(下線太字筆者。以下同じ。)
「安全保障」って、「国の防衛」(もっと踏み込めば、戦争?!)ですよね。そもそも福島の原発事故を踏まえて、原発の安全規制を進めるために原子力規制委員会を設置するための原子力基本法改正だったはずが、なぜ、「我が国の安全保障に資する」などという文言を入れ込んできたのか、まったくもって意味不明。かつて、沖縄で米兵による少女暴行事件をきっかけにして米軍基地の整理縮小を求める動きが出たときに、「沖縄の痛みを全国で分担する」という大義名分で、全国各地の演習場に米軍の訓練が広がってしまったように、「転んでもただでは起きない」というか「盗人猛々しい」というか・・・。事態をいい方向に変えようとする動きを逆手にとって、悪い方向へもっていく手法が、原発事故にも使われてしまった気がして、いやな気分です。
加えて、同じ日に「宇宙航空研究開発機構法」も改正されていました。少々長くなりますが、当該の条文は以下の通り。
第一章総則の第四条(機構の目的)
独立行政法人宇宙航空研究開発機構(以下「機構」という。)は、大学との共同による宇宙科学に関する学術研究、宇宙科学技術(宇宙に関する科学技術をいう。以下同じ。)に関する基礎研究及び宇宙に関する基盤的研究開発並びに人工衛星等の開発、打上げ、追跡及び運用並びにこれらに関連する業務を、平和の目的に限り、総合的かつ計画的に行うとともに、航空科学技術に関する基礎研究及び航空に関する基盤的研究開発並びにこれらに関する業務を総合的に行うことにより、大学等における学術研究の発展、宇宙科学技術及び航空科学技術の水準の向上並びに宇宙の開発及び利用の促進を図ることを目的とする。
この条文について、
「内閣府設置法等の一部を改正する法律」第三条 独立行政法人宇宙航空研究開発機構法(平成十四年法律第百六十一号)の一部を次のように改正する。
第四条第一項中「平和の目的に限り」を「宇宙基本法(平成二十年法律第四十三号)第二条の宇宙の平和的利用に関する基本理念にのっとり」に改める。
要するに、「平和の目的に限り」が「緩和された」ということ、つまり、「平和の目的に限らなくてもよくなった」ということです。「原発を稼働させ続けることが核抑止力になる」と某自民党議員が発言していたことが思い出されます。
8月10日に消費税増税法が成立してしまい解散時期が焦点になっているようですが、「原発、是か非か」から国民の目をそらさせ(オリンピックも一役買ったか?!)こっそり関連法を改正し、「増税するかしないか」にばかり目を向けさせての解散選挙はいったいどんな結果を生むのか。「自民もダメ、民主もダメ、やっぱり維新の会しかない」などと判断してしまう有権者も多数出てくるのか・・・あれこれ考えると憂鬱になってしまう、今日この頃です。

Loading...

深井恵(ふかい・めぐみ)

九州某県の高校日本語教員。
日教組の「教え子を再び戦場に送らない」に賛同して組合加入。北原みのりさんとは、10年以上前(ジェンダー・フリー・バッシングがひどかった頃)に組合女性部の学習会講師をお願いして以来の仲。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP