ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 栗林デバ子
  • スカートめくりとJK(女子高生)性産業は、もはや、日本が世界に誇る文化?

スカートめくりとJK(女子高生)性産業は、もはや、日本が世界に誇る文化?

栗林デバ子2014.11.09

Loading...

 

 

 

 

人間の想像力ってはかり知れないものがありますね。
みなさま、まずは↓をご覧ください。
http://vvstore.jp/i/vv_000000000047132/
これ、ビレッジバンガードで売っている付箋だそうです。
商品説明をみると、
「スカートめくりフセンは、スカートめくりをモチーフにした、二つ折りのフセンです。
気軽にスカートをめくることができ、パンティーのところに書いた伝言メモをスカートで隠すことができます」
「スカートめくりフセンを貼って、気になるあの人との距離を縮めましょう。職場や学校の温度が、少しあがりますように」とある。


デバ子、震えました・・・。
「気になるあの人との距離を縮めるって」、「職場の温度があがる」って何?!
こんな付箋が職場のデスクに置かれていて、「デバ子様 ○○さんから電話がありました」とか書かれてたら、完全なセクハラじゃないですか?狂った職場でしょ。
牟田先生、教えて下さいっ!!


この「スカートめくりシリーズ」、流行っているみたいで、なんとカレンダーhttp://vvstore.jp/feature/detail/2207/まで発売されています。

 

debakofazou1110.jpg

気持ち悪いのがキャッチコピー。
「どうぞお気軽にめくってください」
「月が変わるとなんだか悪いことをしている気分になります」
「日々のストレスもこちらのカレンダーで発散しましょう」
スカートめくりでストレス発散って・・・。


こんな存在自体がセクハラのような商品がよく企画会議を通ったな、と思っていたら、ネット上に開発者のインタビューが載っていました。
ぜったい気持ち悪いオッサンだろ、と思いこんでいたのですが、開発者は女性でした。
ふだんはパッケージデザインとか広告制作の仕事をしていて、最初は学生時代に卒業制作でつくったものだそうです。


「かわいらしい感じのエロを表現しよう」「いかにも女子高生っぽいもの」にしようと、スカートのひだにまでこだわったといいます。
女性の話を読んでいるうちに、ぎゃーぎゃー騒ぐ方がおかしいのか?これは、もしかして可愛いんじゃないか?と頭が混乱してきてしまったんですが、女性がこのカレンダーに対するお客さんの反応について語っているコメントをみてハッとしました。
「皆さん、笑ってましたね。お年寄りからお子さんまで、たくさんの方がスカートをめくっている姿は、見ていて楽しかったです。でも男性の中には、人前でめくるのが恥ずかしかったのか、めくらずにそのまま『一つください』と言って買っていかれた方もいらっしゃいましたね。ちなみに、この間ドイツに行ってきたんですけど、ドイツのデザイナーさんに見せたら『Very funny』って言われました(笑)」


笑っている?Funny?
インタビューではデザイナーの女性が何歳くらいか分からなかったのですが、もはや、女性にとっても、「女子高生が性的に男に消費されるのは当たり前」のことなんですね。
そこには違和感や不快感は感じないんだなーと。

 

debako1109.jpg

最近、JK(女子高生)を売りにした性産業が増えてます。
「JKリフレ」とか「JKお散歩」とか。マッサージをしたり、デートしたり、あくまで売春ではないから、堂々と行われているし、女子高生も気軽なアルバイト感覚で入ってく。
もちろん、性的なサービスを提供しないからOKではないし、2014年の米国務省人身売買報告書はJKお散歩を人身売買の形態の一つとして批判してます。
でも日本では摘発されるのなんてごく一部。野放し状態です。


女子高生、女性が性的なものとして値段が付き、消費されることが当たり前な国。
日本ってすごいところまで来ているんですね。

 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP