ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 2013.09.18カルチャーショック!

2013.09.18カルチャーショック!

Loading...
こんにちは!! スタッフのエマです! お元気ですか? 昨日に引き続き・・・ 中国でおもしろかったものを写真付きで紹介します! まずはこちら。 じゃじゃん。 コンビニ2.jpg わかりますか? 上海のコンビニのレジ前です。 その目立つ位置に・・・コンドーム! さらには・・・ コンビニ2.jpg 妊娠検査薬、ローション・・・震震棒なるものまで!!! まさかのバイブ!!! 日本では目立たない位置にコンドームがひっそりとあるくらいなのに・・・ 今回2回目の中国旅行だったのですが、初めて行ったとき一番カルチャーショックを受けたのがこれでした。 一人っ子政策などが関係しているのかも知れませんが、コンドームを隠すようにひっそりと売りながら、「盗撮」や「陵辱」という文字が躍る男性向け成人雑誌が堂々と並べてある日本のコンビニよりずっと健全じゃないですか? ※もちろん中国のコンビニにはそんな雑誌は置いてません! 日本では女も子供も行くコンビニに堂々と置かれる、異性愛者男性向けの雑誌。。。 しかも「男女間のセックス」、っていうよりは「女の裸を一方的にいじる」っていう体の。。。 そういうものが公共の場にあって当たり前のものという環境で育ったら、「エロ=SEX」ではなく、「エロ=女の体を凌辱すること」になってしまいそうですが・・・ しかしながら私が缶入りのコンドーム(LOVE BOXって書いてありました。可愛!)を買ったら店員さんに少し驚いた顔で見られたので、そういうものが堂々と売られているからと言って(女性が)買いやすいというわけではなさそうです。 あともう1個感動したのがこれ!! 空港にあったポスター。 服務明星とあるので、「私たちがこの会社の優秀な社員です」というような趣旨のポスターではないかと思われますが・・・ 空港ポスター1.jpg 空港ポスター2.jpg





















女の人が・・・多い・・・ そして「男の後ろに申し訳程度にいる」感じじゃない・・・ 性別で区別されずに扱われているようで、すごくいいなぁと思いました。 昨日も言いましたが、外国に行くと・・・日本が見えてきますね。 ジェンダーギャップ(男女平等)指数ランキングで101位なのはだてじゃないぜ! (2012年。ちなみに中国はこの年69位です。上には上が・・・。詳細はこちら) それではエマでした! 再見☆

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP