ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 鈴木はな
  • よく話してくれる韓国のお姉さん Vol.4 当たり前に女性がいる国。

よく話してくれる韓国のお姉さん Vol.4 当たり前に女性がいる国。

鈴木はな2020.04.17

Loading...

15日、韓国では4年に1度の国会議員総選挙が投開票されました。

各テレビ局とも投票が締め切られる18時過ぎから選挙特番を放送していて、与党で革新系の「共に民主党」と野党で保守の「未来統合党」の候補者の対決を、ネットフリックスで配信している韓国ドラマ「キングダム」(おもしろい!)みたいな演出で見せているテレビ局もあり、とにかく盛り上がってました。

実際、関心はとても高くて、投票率は66%超。あちこちにある期日前投票所には建物の外まで長い行列ができていました。国民の7割が選挙に行っているなんて、残念ながら日本では考えられないですよね。

そして友人の家に送られてきた候補者や公約を紹介するパンフレットを見て、またため息が出ました。ふつうに女の人がいるから。革新系、保守系、政党にかかわらず、男と同じくらい女性がいるから。政党に候補者の男女均等を求める候補者男女均等法が施行されているにもかかわらず、そんなものはないかのように、政権にも政党にもほとんど女性がいない日本で生きてきた私には見たことがない「当たり前」がある。

 

そして韓国の人たちの選択は、今の文在寅政権の信任でした。
選挙前は与党「共に民主党」の苦戦が報じられていましたが、結果は与党が定数300の議席のうち、民主党と連携する比例政党をあわせると、過半数を大きく超える180議席を獲得。民主党が国会で過半数以上の議席を獲得するのは盧武鉉政権時以来16年ぶり、ひとつの政党が国会の5分の3を超える議席を占めるのは1987年の民主化以来、初めてのことだそうです。
勝因には文政権の新型コロナウイルスへの迅速な対応にあると多くのメディアが分析しています。ここ数日は韓国での新規感染者は20人台にとどまっていて、収束は近いのではないかとも言われています。(実際、文大統領も14日、「コロナ後」について、「ポストコロナ時代を最も早く準備し、迎えるため国民が心を一つにしてほしい」と発言している)

私は7時過ぎから、友達とネットで選挙速報を見ていたのですが、当選確実が報じられると、韓国の地図が「共に民主党」であれば青、「未来統合党」であればピンクに変わり、その選挙区がどちらの候補者を選んだのか、一目でわかる。時間を追うごとに、韓国の地図が次々に青で埋まっていく。すごいダイナミックだな。私は、日本で自分の投じた1票が実際に国を変えているという実感を一度だって持ったことがあっただろうか。いや、ないよね。
だって、コロナによる緊急事態宣言を受けて新聞通信各社が行った、日本国民の安倍政権の評価を見ると、不支持が47%と支持を上回ったものの、今も42%の人が支持していると(4月13日付読売新聞)いうではないですか!本当に、本当にびっくりする。

医療関係者から「マスクがない」「これ以上、患者を受け入れることができない」と悲鳴が上がっている。緊急事態宣言後も約8割の人がいまだに会社や仕事場に通勤していて、「自宅にいたいけど生活していけない」「自分たちは捨て駒なのか」と憤っている。そのさなかに、紅茶を飲みながら、「友達と会えない、飲み会もできない。ただ皆さんの行動によって多くの命が救われています」なんてツイートしちゃう人をですよ?いま飲み会が開けないことがもっとも多くの人の悩みだとでも?
そして大阪市長の「防護服代わりに雨がっぱ」発言にもドギモを抜かれました。
防護服が足りないために医療関係者がゴミ袋をかぶって治療にあたっているから、松井一郎市長が市民に広く未使用の雨がっぱの提供を求めたというニュース。

1月下旬に最初の感染者が発見されてからこの3カ月。いったい政府や政治家は何をしていたんでしょうか。他国が医療崩壊している、外出禁止令を出しているという事態をいったい何を考えて見ていたのだろうか。ずっと先進国で生きていると思っていたけど、そうではなかったんだな。
3カ月近くたった今もマスクが提供されなくて、感染への恐怖と戦いながら、ゴミ袋をかぶって仕事しなきゃならなくて。そんな状況でも政府や行政ではなく、市民がカッパを寄付するって。何のために今まで税金を払ってきたのか。それでも今のリーダーのままで良いんでしょうか。

文大統領は総選挙の結果を受けて、こんな談話を発表しています。「国民の選択に対し、喜びを前に重大な責任を全身で感じる」。そして「国民が選挙を通じて見せたのは切実さだ」「より謙虚に国民の声に耳を傾ける」と。
ああ、国民の声を謙虚に聞いてほしいと思っている人は他にいます。国民の命と生活を守る重い責任を全身で感じてほしい人は他に、他にいるんです。

今回の選挙結果について「日韓関係の改善にはマイナス」みたいな報道をしてる日本のメディアの記事も見ましたが、日韓関係を上から目線で語ってる場合ではないのでは?日本おのPCR検査数を増やすために、韓国のノウハウはどんなものかとか検査キットを輸入する方法はないのか、とかそういう記事が読みたいです。

※フェミニスト候補者、シンジエさんの選挙活動の様子です。残念ながら落選でしたが。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP