ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 鈴木はな
  • よく話してくれる韓国のお姉さん Vol.7 手作り美談の日本とユノのマスク

よく話してくれる韓国のお姉さん Vol.7 手作り美談の日本とユノのマスク

鈴木はな2020.05.12

Loading...

韓国では5月6日から日常生活のなかで防疫をおこなう「生活防疫」に切り替わりました。

13日からは小学校や高校の授業も順次再開されるようですが、現地報道によると、今後は学校内では常にマスクを着用し、検温を受ける。生徒間の接触を減らすため、登下校の時間をずらしたり、机と机の間の間隔を空けたりする。飛沫感染を防ぐため、食堂の机と机の間には透明の仕切りを設置する。そして、いちばん衝撃を受けたのは、給食の時間は原則、会話をせず、おかずの交換もしないよう求めていく方針だ、というくだりでした。えーーっ、ご飯食べながら友達とおしゃべり、できないの?  私自身は、他者と話すことで、知らないことを知り、自分を知り、考えを整理し、世界を広げてきた、と思っているので、友だちと一見ムダでどうでもいい話ができない。そのことが、どれほどつらいか、影響が大きいか。子どもたちのことを考えて、いたたまれない気持ちになりました。
(もちろん、大人も飲食店ではできるだけテイクアウトで、その場で飲食する場合も滞在時間はなるべく短く、同じ方向を向いて座る、向い合う場合は交互に座ることなどを推奨されているので、大人もまぬがれはしないのですが)

先日も北原さんとオンライントークだけではあきたらず、トーク後に編集者の友人も交え、Zoomでたくさんおしゃべりをましたが、日本ではまだアルコールすら手に入らない、近くの飲食店がお弁当を買ってくれた人に「マスク2枚贈呈」するキャンペーンをやっている。環境大臣が、感染リスクが高いごみ収集作業員に感謝と激励を伝える絵やメッセージを子どもたちに書かせようとしている、などなど本当に衝撃を受けることばかり。

韓国では今何が起きているのか、私の見聞きしている範囲でお伝えできたら、なんて思っていましたが、むしろ日本では今いったい何が起きているんですか?どうなっちゃってるんですか?と、私のほうが身を乗り出して聞いてしまいました。

昨日も、医療関係者が着る防護服不足が深刻化していると、兵庫県にある学校法人が幼稚園児や児童、保護者にポリ袋を使って「簡易防護服」を約1400着つくらせ、地元の医師会に寄付したというニュースを読んでしまいました。記事には、つくった防護服を笑顔で掲げる関係者の写真がついていたのですが、ただの透明のポリ袋をガムテープでべたべた貼っただけの、なるほど、これは簡易!とうならざるをえない粗末なものでした。子どもたちは、医療関係者への感謝の気持ちを綴った手紙も書いたそうで、記事は、防護服を受け取った医師会長の「ありがたい。子どもたちの励ましが何よりうれしい」という言葉で締めくくられていました。

正直、吐き気がこみ上げてきました。これは美談として消費されるのでしょうか。素人がガムテープでつくった防護服を本当に命の危険にさらされている現場で、医療関係者はほんとうにこれを着るのだろうか。励ましが何よりうれしい?感謝の手紙より、感染の心配をせず、プロがつくった基準を満たした防護服を着て治療に当たれる環境が一番いいでしょう。そういえば、一時帰休中の客室乗務員の人たちも無償で防護服を縫わされていたな。なぜ女や子どもばかりこんなことさせられるだろう。

私は韓国でこんなニュースを見たことがありません。もちろん、私が知らないだけかもしれないので、約2年前、コロナが起きる以前から韓国に住んでいる友人にも記事を転送し、聞いてみました。

韓国でこんなニュースみたことある? 防護服が足りなくて、縫製のプロではない女性や子どもがつくってるなんてことあった?

彼女は「防護服……、聞いたことないです。手作りするのはマスクくらいじゃないでしょうか。東方神起のユノが飲み物を飲めるキャップ付きのマスクで特許をとって話題になってましたけど」とさわやかに答えてくれました。やっぱり手作りは、自分が使うマスクまでだよね?

英語が堪能な友人に他の国の防護服事情も聞いてみたのですが、イギリスでも医療用ガウンが足りなくて自治体が大学生やお針子(seamstresses  ※表現はやや古いけど、縫製のプロを対象に、ということのようです)にむけてボランティアを募ってはいるそうですが、英国公衆衛生庁の定めた水準に沿ってつくるのが条件とか。カナダのある病院でもガウンの寄付を募っているが、受付時に品質チェックがあり、基準を満たしていない場合には破棄されるそうです。いずれにしても、世界的に日本で起きていることがもっとも異常なのは間違いない。

情報公開もせず、有効な施策も取らず、海外に助けもろくに求めず、お金も出さず(そもそも私たちの税金ですが)、我慢だけを強いて、ダメだったら自己責任に転嫁する。女性や子どもを使って「感謝」や「絆」を強要し、ガス抜きとして、そこから外れた一見身勝手に見える人を徹底的に叩かせる。今起きていることを忘れちゃいけない。そして、深く絶望しているし、疲れているけど、私と家族と友人の命と尊厳を守ってくれる政治を取り戻すことをあきらめたくない、と思っています。

※ユノが特許を取ったマスク

※韓国も冷麺の美味しい季節がやってきました。連日食べています。(上)は今日食べた大根の葉のキムチが入った冷麺

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP