ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

Loading...

最近自分の顔を拡大鏡で見る機会があった。
まつ毛エクステをしたのだ。 仕上がりをチェックする為に鏡を覗きこんだら、バッサバサのまつ毛より気になったのが、映し出された紛れも無い現実の顔。
驚いた。 己が余りにも汚かったことに。
いや清潔不潔の話ではなく。 眉毛は伸び放題、元来眉毛エリアでは無いはずのところにも出張している剛毛。両眉が繋がるどころの騒ぎではなく、髪と眉毛がこめかみで繋がるかの勢い。
鼻毛。 頻繁に切っていたはずなのに、3本飛び出ている。 唇の上には髭が。太いぞ。 顎にも産毛だと思っていたものが髭化。
あああああ、何もなかった所にシミ発生。シミが黒子に転生。唇も痩せて縦じわクッキリ。あああああ。 せっかくバサバサのまつ毛にしたのに気分は上がるどころか急降下。 普段しっかり見ているはずの顔ですらこの状況なのだから、まんこは言わずもがな推して知るべし。
40の声を聞く頃発見した白い毛。 青くなって手鏡でまんこチェックすると、2本3本次々と。徳川埋蔵金は探しても出てこないのにわたしの白い毛は続々と。 落ち込んだ。 仲間に話したところ、リアクション様々。
「いやーっ!そんなところ鏡で見るなんておかしいーっ!」 「まだ生えるわけが無い!そんなの老婆の域のことじゃないの?」 「お手入れしているから気付かないわー」
まんこじっくり見ない人多いんだね。 確かにわたしも毛モジャの時はウットリ見るまでは行かなかったけれど、どんな形しているか、毛の状態はどうだと観察していた。あーこれ排泄物に関しても同じかも。それを汚物とする人はすぐ流しちゃうけれど、わたしは健康状態を知るものすごい大事なことだと思っているのでしっかり観察するのね。わたしの生命を維持してくれた成れの果てだから、感謝感謝で(真顔)。おかげさまで何年も病院のお世話になっていませぬ。 ま、そんなワケでわたしはわたしを把握したいんだ、ものすごく。
で、衝撃的なまんこの白い毛。 セックスする時ヤバいからお手入れ必至。 なんだけれど、さ、 実際セックスの時なんてそんなん見えていないよねー。興奮して頭沸いているし。もうやることしか頭に無い、、し、、、
はて? なんか違うぞ。 全然違うぞ。
よがる男の顔をマヌケだなーと思ったり、 目をつぶりながら必死に腰振るってあたし使ったオナニーか?と冷めてみたり、 そもそも正常位の男の腰の動きって江戸時代のからくり人形みたいーと思ったり、 というわたしの目線は俯瞰のカメラの如く一部始終を記録。
じゃあググッとカメラは寄ってきて相手の男にクローズアップしてみました、と。
ああ、イクときAV女優みたいな声上げる人が彼氏だったんだ… キスしようとする男の口から陰毛はみ出ている……そのココロは? しかし酒飲んだ後の唾液って凶器だなクセー! なんて、細かい部分でもめちゃめちゃ色んなことが気になってしまう、わ。
自分だって。 正常位でお腹三段になってるーあたし。 サムギョプサルだわ、腹引っ込めないと! 膣から屁みたいな音出ちゃうわ、ホントこれ一気に冷める音ねー。 あーまだイカないのかなこの男?膣締めるのも疲れてきちゃった、、、とダレたり。
全く集中していないじゃないかっ!
果たしてセックス中こういうこと気にならない人っているんでしょーーか?
わたしは気になる。すごく気になる。 男のいろんなことも気になれば、自分のいろんなことも気になる。 ものすごく観察してしまう。
だからよく獣のようなセックスを!とか、 心が解放されるセックスを!とかいうけれど、 美味しいお酒と時間に酔っ払ったり、 旅の最中だったり、 素敵なシチュエーションだったりで、 一緒に楽しめる相手と色んな条件が揃わなければ、なかなか、なかなか。
まあ常に天国に行けるわけじゃないから、ネタになりそうな男を観察しつつ、 生活感という名のトラップにかからないよう五感を部分的に遮断しなければ快感は得られない。 五感は鈍感、触覚たるクリトリスとまんこは敏感。 これなかなか疲れるのだ。
愛のあるセックスをしていないからよ! 幾多の友人にこう言われた。
キモッ
愛があると、 腰振りカラクリ人形も変な声も臭い唾液の男が、 お花畑の王子様になるんですかー? かわいいカラクリ人形ちゃん!って思えるんですかー? あらクチャい唾液だけれど甘いわぁ!って思えるんですかーーーー?
そんなのは、そう思いたいだけのこと。 そう脳内をすり替えているだけ。 まさに(笑)臭いものに蓋をして見て見ぬ振りしているだけ。 日本人こういうも得意よねー。政治に対してもまさしく同じ。
臭いものは臭い。 滑稽なものは滑稽。 それを認めてからセックスの土俵に立つ。 愛があろうとなかろうと、 思いやりが介在すれば楽しいセックスの始まり始まり。
しかし、数をこなしても、いろんな人といたしてもやっぱりセックスは滑稽だと感じ、 最中に常にネタを探しているわたしはどーなんだろ。
ここまで書いてはたと気付く、
あたしもしかして、セックス好きじゃな、、、、、、?
Loading...

昌浩子(まさ・ひろこ)

バブルのしっぽの時代に青春を謳歌。パーティコンパニオン/家庭教師/スナックのホステスのアルバイトのおかげで財布の中には常に30万円が入っていた学生時代を経て、テレビディレクターとして仕事に人生を捧げたものの、福島原発の事故により人生観がガラリと変わり、エシカルやオーガニックな世界に身をおくべく日々奔走中。東方神起とシャンパンと飛行機をこよなく愛する札幌在住の三碧木星天秤座。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP