ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

Loading...

 

トルコ人とのハーフの長女は今年15歳。反抗期真っ盛りです。
小さい頃はよく「天真爛漫」と言われていました。トルコ人の女の子にありがちな、子供の時から女っぽいということもなく、子供らしい子供でした。昨年の高校受験までは、男の子に混じってサッカーをしたりするような娘でしたが、最近は違うんです。


まず、格好を気にするようになりました。
高校は自由服の学校なのですが、前は私が買ってきたzaraなどのミニスカ、サロペットなどのデザイン物も気に入って着ていたのに、今はTシャツとジーンズしか着ません。フリルがついたりした女の子っぽいものは嫌がります。冬もTシャツにパーカー。雨が降っていてもコンバースで行こうとします。可愛い長靴を買ってやったのに、全然履いてくれません。今年の冬はそれで何度喧嘩したことか。。。変わったデザイン物など買おうとすると、怒ります。他の子と違う格好をすることを極度に恐れています。いつの間にか私より背も大きくなって、足も24,5cmです。靴を次々買い替えてやらねばなりません。


友達と出かける時はアイラインを引きたがります。私のアイライナーを隠れて使って困るので、ティーンズ向けのを買ってやりました。。。しかしちゃんとメイク落としで落とさないので、顔を洗ったあとパンダになってしまうんですが、それを指摘すると怒る!


ちょっとX脚気味なのをすごく気にするようになって、手術の方法はないものかネット検索していました。youtubeでグロい手術のビデオを発見したあとは、怖がって手術の道はあきらめたようですが、別のビデオで見つけたエクササイズをときどきやっています。でも「ときどきじゃだめなんだよ」と指摘するとまた怒る。。。

次に、四六時中携帯から音楽をきいています。
娘のお気に入りはAvril Lavigne。インターネットで無料カラオケアプリをわたしのIPADにダウンロードして、うるさく歌いまくっています。その他にも80年代ヒット曲もトルコではけっこう流行っていて、RedHotChiliPeppersや、Eurythmixなんかも聴いています。トルコのポップスは一切ききません。音楽を聴いていない時もずっと鼻歌を歌っていて、5歳の下の子もずっとしゃべっているし、お姉ちゃんの歌を何度もきかされているので変な英語で一緒になって歌い出し、うるさいこと極まりない。翻訳などやっている最中だとちゃぶ台をひっくり返したくなります。


テスト週間なのに、facebookでいつまでもチャットしていたり、友達と長電話するのも困りもの。もうすぐ夏休みでずっと家にいるのかと思うと先が思いやられます。。。
いつもは妹に「フンっ」という感じなのに、テスト勉強の合間にリビングにスゥーっとやってきて、妹を羽交い締めにして泣かせたりします。うるさくてかなわない!

こんな娘でも大きくなったら親孝行してくれるんでしょうかね。

 

adachi0610.JPG

 

 
Loading...

安達智英子(あだち・ちえこ)

多摩美術大学 インテリアデザイン科卒。
トルコ留学後、トルコ民家の研究に携わる。現在は翻訳、通訳、取材コーディネート業の傍ら、トルコで折り紙の普及に努めている。
翻訳書:ノーベル賞作家オルハン・パムク著「新しい人生」(藤原書店)
    レハー・ギュナイ著「サフランボルの民家」(YEM 出版)
    トルコ語への翻訳では丸木俊の「ひろしまのピカ」(İleri Yayın)
著 作:「世界遺産サフランボル・民家とくらし」(自費出版)
共 著:「タビトモ会話トルコ語」(JTB パブリッシング)
挿 絵:「ゼロから話せるトルコ語」(三修社)

ブログ:masalgibi.blog.fc2.com
WEB :www.torukosoudan.com

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP