ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

アジュマブックスラブピスタッフ相川千尋安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミ菊池ミナト北原みのり具ゆり鈴木はな高橋フミコ塚原久美茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおりハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵牧野雅子行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

banner-1906dame06

私はアンティル Vol.124 イチゴ事件その50 ラブホテルそれはセックスをする所

アンティル2008.10.01

Loading...

ラブホテルそれはセックスをする所・・・。
そんなことはわかりきっているはずなのに、私はWの言葉に驚いた。

W「Tとしていたように私として。」
上着を脱ぎ、ストッキングを脱ぎ、そしてブラジャーをはずそうとするWの顔はひどく緊張している。その真剣な眼差しに、私は言葉をなくす。
ア「えっ、でも・・・・・」
W「私、アンティルとそういうことしたいの。」

セックスに明け暮れた高校時代。そういうことには慣れているはずだった。大好きなはずだったのに私はWが求めに頷くことができない。それはWとのセックスとTとのセックスが違うものに思えたからかもしれない。周囲からの偏見とTが抱える“オンナと付き合うこと”の罪悪感が二人の関係に黒い影を落としていた日々。その日々から生まれたエネルギーの全てがセックスへと流れていった。泣きながら「愛している」だの「離れたくない」などと言いながら、快楽をむさぼる昼ドラのようなセックス。負のエネルギーは私達のセックスをより盛り上げていた。しかし、Wとのセックスにそれはない。どんな風にセックスをすればいいのかわからない。普通のセックスがわからない。

ア「でも・・・・」
私が下を向いて呟いたその時、私の手がひとりでにふわふわと宙を浮いた。
ア「(ゴク)驚きのあまり唾を飲み込む私」
Wは私の手を自分の右の乳房に持っていったのだ。それはまるで絵に描いたような誘惑。頭には“チャタレー夫人の恋人”のテーマソングが流れ出す。チャララララララ~チャッチャチャ~チャチャーそしてボーっとする私に追い討ちをかけるように、Wが抱きついてきた。
ア「ちょっと待って!!」
W「えっ・・・」
ア「なんでこんなことするの」
W「好きだから」
ア「でもまだちゃんと付き合ってもいないじゃない」
W「何よ!いつもこういうことしてるんでしょう!だったらいいじゃない!!」
この時、私はWがセックスを楽しみたくてしようとしているのではないことに気がついた。
ア「何でセックスがしたいの?」
W「好きだから!」
ア「本当に?!」
W「・・・・・・・・」
ア「・・・・・・・・」
W「お母さんがしていたことがどんなことか知りたいの!だってわからないんだもん。なんでオンナの人が好きなのに私を産んだのか!!」

お母さんが死んでからさらにWは“母の生き方”に悩まされていたのだ。自分が生まれてきた理由は?自分へと注がれた母の愛情とは?母親の愛情を一身に受けて育ったWにとって、母親を否定することは自分を否定することだった。

W「でも私オンナの人が好きだってことがどういうことなのか、わかったの。アンティルのこと好きなの。そばにいてほしいの。だからアンティルならいいの。」

ラブホテルに流れる涙。しかしこれまで私とTが流してきた涙とはあまりに違いすぎる。どうしても私はWとセックスする気にはなれなかった。Wときちんと向き合いたいという気持ちもWとのセックスへの興味も私にはない。あるのはこの場から逃げ出したい気持ちだけ。

ア「ここまで来ておいてごめ・・」
そういいかけた瞬間、私の唇にWの唇があたった。
ア『えっこれはまさか・・・(心の声)』
ア「ちょっと待ってW。もしかしてWはセックスするの初めてなの?」
W「・・・・・・・・・うん。これがファーストキス。セックスもしたことない」

処女。私の脳裏に2文字が浮かぶ。気がつくとWはブラジャーをはずしていた。

Loading...
アンティル

アンティル(あんてぃる)

ラブローター命のFTM。
数年前「性同一性障害」のことを新聞で読み、「私って、コレかも」と思い、新聞を手に埼玉医大に行くが、「ジェンダー」も「FTM」という言葉も知らず、医者に「もっと勉強してきなさい」と追い返される。「自分のことなのに・・・どうして勉強しなくちゃいけないの?」とモヤモヤした気持ちを抱えながら、FTMのことを勉強。 二丁目は大好きだったが、「女らしくない」自分の居場所はレズビアン仲間たちの中にもないように感じていた。「性同一性障害」と自認し、子宮摘出手術&ホルモン治療を受ける。
エッセーは「これって本当にあったこと?」 とよく聞かれますが、全て・・・実話です!。2005年~ぶんか社の「本当にあった笑える話 ピンキー」で、マンガ家坂井恵理さんがマンガ化! 

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ