ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

ラフォーレ原宿スタッフラブピスタッフ北原みのりアジュマブックスおざわじゅんこ大杉真心安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミキム・ジナ菊池ミナト黒川 アンネ黒田鮎未具ゆりJayooByul鈴木はなJustin Mccurry爪半月高橋フミコ曺美樹塚原久美橘さざんか茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおり成川彩ハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

banner_2212biird

モテ実践録(32)アプリにはない経験、そしてアメリカへ。

黒川 アンネ2023.02.20

Loading...

前回の更新で、マッチングアプリを使ってトラブルに遭ったと書いて、その後、そのことについて追加で連載を更新しようかと思ったけれども、結論から言うと、大っぴらに詳しく説明する必要はないと思ったので、書かずに日々を過ごしてしまった。

11月から無職になり、失業手当ももらえる期間の後半に突入したが、流れるように日々が過ぎていく。というのも、規則的に朝起きて、洗濯をしてご飯を食べて、部屋を片付けたり、映画を見に行ったりしていると、それだけで毎日は過ぎていく。これまで、1日8時間ほどの仕事があったのだから、その分が丸々自由になると思われて、無職開始当初は「小説でも書こう、翻訳書を出そう」と本気で考えていたが、これまで後回しにしてきた生活のことをやって、そして就職活動をして、もう除籍間近の通信の大学の課題を済ますと、時間はそんなに残っていない。もう友人たちも、私が不安定な道を突き進んでいるのがかえって面白いらしく、「無職、おめでとう!」「お金のこと以外のトラブルがすべて解決した(ように見える)」などと喜んでくれた。そんなこんなで丸3カ月が過ぎ、私は変わらず無職だが、実はいま、成田空港にいる。

連載の中で何度も「ニューヨークに行けば私はモテる気がする」と書いたが、せっかく(お金はないけれど)時間があるので、ハローワークの認定日の合間をぬってアメリカに行くことにした。ロサンゼルスまでの航空券がセールで6万円台だったので、ロスに滞在し、それから片道1万円強の国内線でニューヨークに行く。アメリカに行くのは2001年、中学生のときにホームステイに行って以来で、当時の記憶はほぼ完全に薄れている。3年前の2月初旬に、仕事先のフランスから帰って以来の海外(当時はコロナウィルスの流行が中国で始まっていて、それでもみんな普通に生活しマスクもしなかった。私は滞在中にひどい風邪をひいてしまって、1カ月ほど声が出なくなったのだが〈あ、そういえば昨年のコロナの後もそうなった〉、乗り換えのアムステルダム空港の検疫で「どうして声が出ないんだ」と呼び止められたときは、「トゥー・マッチ・パーティー」とガサガサの声で返すと、係員は笑ってゲートを通してくれた。平和な時代だったなと思う)。それも20年以上ぶりのアメリカで、私はビビリにビビリ、ほぼ毎日近所の100円ショップに通っては、「何か役立ちそうなもの」(ポータブルの加湿器、ウェットティッシュ、圧縮袋など)を買いまくった(今日、成田に来る前もワイヤーチェーンが欲しくて寄りました)。

先にも書いたけれど、お金はない。ないと言いながら、定期預金の通帳を見ると、昨年舞台の仕事をしていた頃の貯金や、本の印税(皆さまのおかげです、ありがとうございます)の貯金を合わせると結構な金額になったので、もう、わざわざアメリカに行ってお金のせいであれこれ諦めるのではなく、これを使って経験を積もうと考えた。そして、最初は「Tinderでもやろうかな〜」などと言っていたのが、周囲の人にいろいろな滞在中のアドバイスをもらううちに、Tinderをやるとかそんな場合ではない、到着初日に最終日を迎えるプッシー・ライオットの展示も行きたいし、フェミニスト書店にも行きたいし、黒人歴史月間なので詩人のJessica Care Mooreのパフォーマンスも見たいし、もうたくさんの「見たい」「行きたい」「体験したい」にまみれて、私は眠れないほどに興奮し、毎日ガイドブックやウェブサイトをひたすらに見つめ、ミュージカルやジャズなどチケットをどんどん予約した。

話は戻るが、マッチングアプリを試して数十人とメッセージを交換し、計6人と実際に会ったが、そこで私が悟ったのは、この人たちと話すことがないということだった。なんとか共通の話題を探そうとするが、そこで私は「私が合わせて差しあげている」と、謎の上から目線を内包してしまう。かといって相手も、私の見た目を理由にしてだと思うけれども、やっぱり謎の上から目線である気がすることも多かった。私が合わせて差しあげていると思うのと同じらい、相手もたぶんそう思っていた。たぶんアプリには私の探している人はいないと思い、アプリを消すだけではなく、わざわざ退会した。ともかく今は、目の前のアメリカ旅行に緊張しながらも多大な期待を込めている。どんな珍道中になったかは、またご報告できたらいいなと思う。

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • femistation
  • bababoshi

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ