ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 鍬津ころ
  • LPC官能小説第3回「私はワインレッドの革を張った、重い扉を押し開けた…」

LPC官能小説第3回「私はワインレッドの革を張った、重い扉を押し開けた…」

鍬津ころ2016.07.27

Loading...


 午前中から、FAXの送信ミスや電話の取り次ぎ間違いをやらかして、散々だった金曜日。
 給料日は来週で、お財布の中身はあんまりゴージャスじゃなかったけど、こんな日にまっすぐ帰宅するなんてみじめすぎる。
 だから私、最寄り駅のひとつ前で降りて、以前一度行ったことのあるバーに寄ろうと思ったの。

 そこは、もう転職しちゃった先輩に、飲み会の後で連れていってもらったお店。
 悔しいけど口説かれたりはしなかった。だけど、緩いカーブを描く分厚い木のカウンターや、優雅なカッティンググラスに浮かべたキャンドルの柔らかな光に、すごく癒されたことは覚えてる。それに。
 今思うとあの先輩、ちょっと彼に似ていたかも。
『彼』っていうのはもちろん、最近私のハートとボディを騒がせっぱなしのアスリート、四条丸走(しじょうまる・かける)。
 先輩、背は低めだったけど、胸が厚かった。背広を脱いでシャツの袖をまくったとき、意外に逞しい腕の、肘のかたちがすごくカッコよかった……ような、気がする。
 ま、私も酔っぱらってたから、都合よく記憶を改造してるのかもしれないけど。

 駅近だけど、目立たない裏通り。古びた雑居ビルの2階。あれから2年くらい経つけど、案外覚えているものね。
 私、ワインレッドの革を張った、重い扉を押し開けた。

 カウンターだけの店内だけど、天上が高くて狭苦しい感じはない。オレンジ色の柔らかな照明。BGMが流れてないのが、なんだかすごく大人っぽい感じ。
 金曜日の夜だというのに、他にお客はいないみたい。カウンターを見回していると、何故か私の右側から
「いらっしゃい」
 の声。びっくりしてそちらを見た私、さらにびっくりして、思わず声が出ちゃった。
「うそぉ!」

 赤銅色に灼けた太い首を包む、真っ白なカラー。そのセンターには、黒い蝶ネクタイが行儀よくとまってる。黒光りするベストの胸元は、ダイナミックな筋肉の隆起が、まるで段々畑。
 そして、まくりあげたシャツの袖から剥き出しになった、チキンレッグみたいに逞しい腕。
 その両腕に、スーパーの袋らしきものをぶら下げた彼、記憶の中の先輩どころじゃないほど、四条丸君にそっくりだった!
 どうして四条丸君が、バーテンダーをやってるの!?

「すいませんね、開店したばっかりで。あ、お好きな席へどうぞ。すぐにご注文を伺いますから」
 ショックのあまり、目を白黒させる私に気づかないのか、彼はフレンドリーな調子でそう言った。ドアの右には、ストック用の冷凍庫か何かがあるみたい。彼、盛り上がった背筋とプリッとした美味しそうなお尻を見せて、そこに食材らしきものを詰め込んでる。
 私、彼の方をガン見しながらも、どうにかカウンターについた。

 彼の存在感が移動する。カウンターの中に入る。私の正面に立って、小首を傾げる。
「お待たせしました。ご注文は?」
「……あ、あうあう……えっと……」
 メニューを手に取るけど、注文なんか思いつくわけがない。私、すでにメロメロに酔っぱらっているんだもの。

「じゃあ、貴女のイメージでカクテルをつくろうかな」
 いたずらっぽい口調と同時に、彼は、カウンター越しに、サッと腕を伸ばした。
 次の瞬間、私は彼の逞しい腕に両脇を掴まれ、軽々と持ち上げられている。何が起こったか呑み込む前に、私はカウンターの上に、ストンと座らされていた。
「……え? なに、なに……!?」
 混乱する私の真正面で、彼は垂れ気味の目をくしゃっとさせて、
「どんなカクテルが似合うか、しっかりリサーチしないとね」
 私の脇から腿に手をずらし、屈み込んだ。

 大きなてのひらが私の腿を撫で、スカートをまくりあげる。有無を言わさない力で、両脚を開かされる。軽くつまんだだけで、ストッキングが大きく裂けて、内腿の肌があらわになる。
 彼はそこへ、顔を近づけて……
「ひゃんッ!」
 ペロンと舐められた。思わず、子供っぽい悲鳴が出た。熱くて滑らかな、濡れた感触。それから、強く吸われて頭がぼうっとする。
「すごく甘い……パッションフルーツみたいに刺激的だよ……」
 彼、子犬が毛布に潜るように、スカートの中に潜り込んだ。パンティ越しに、アソコ全体を含むようにむしゃぶりついて、ジュウッと吸い上げたの。

「や、そんな、恥ずかし……あ、アッ、イヤ、いやァん……」
 私、彼のコリコリした肘に両手を突っ張り、顔を上げて左右に振りながら、譫言のような声をあげ続ける。だって、この蒸し暑い中、一日仕事してたのよ。アソコだって、きっとすごく蒸れてる。
 死ぬほど恥ずかしいのに、彼ったら鼻先をワレメに突っ込んで、グリグリする。そんなことされたら、もっと濡れちゃう。

「ほら、ジュースが溢れてきた……」
「言わないでッ、やんッ、あぁああ……!」
 口では拒みながら、私の腰は恥ずかしさと同じ、ううん、それ以上の快楽に、カクカク動いてしまうの。
 彼は肝心の突起を避けて、あちこちを吸い上げる。私はもどかしさに身悶える。恥ずかしいけど、悔しいけど、もう我慢できない。
「……焦らさ、ないで……吸って……クリちゃん、吸ってぇ!」
 ああ……ついに言っちゃった……!


 ガクン!
 痛い!
 私、壁に後頭部をぶつけてた。
 バーのカウンターに座ってたはずなのに、どういうこと?
 あわてて周囲を見回すと、そこはガランとした電車の中。
 半分腰を抜かして、椅子にへたりこむ私の前に、車掌さんがやってきた。
「お客さん、終点ですよ。この車両は車庫に入りますんで、反対側のホームにどうぞ」
「……えぇぇ〜、し、終点〜!?」

 私、手前の駅で降りるどころか、終点まで爆睡してたみたい。今から飲みに行ったら、終電に間に合わない時間になっていた。
 だけど、ものは考えようよね。
 あのバーに、本当に彼みたいなバーテンダーがいるとは思えないし、夢の中にしろ、タダであんな体験ができたんだから、得してるんじゃない?
 週末は、彼をサカナに家飲みしようっと。
 私、そう思いながら、手摺を掴んでよろよろと立ちあがったの。

Loading...

鍬津ころ(くわつ・ころ)

札幌出身、東京在住。山羊座のO型。アダルト系出版社、編集プロダクション勤務後、フリーの編集者&ライター。2011年『イケない女将修行~板前彼氏の指技vs官能小説家の温泉蜜筆』でネット配信小説デビュー。近著『ラブ・ループ』(徳間文庫)。馬、鹿、ジビエ大好き飲んだくれ系アラフォー女子。タバコの値上がりには500円までつきあう覚悟。 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP