ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 鍬津ころ
  • LPC官能小説第13回「もう皆、気付いてるかも……お相撲を見ながらはしたなく悶えてる姿が……」

LPC官能小説第13回「もう皆、気付いてるかも……お相撲を見ながらはしたなく悶えてる姿が……」

鍬津ころ2017.05.23

Loading...


 お相撲ブーム、と言われてるけど、マジでそうみたい。
 チケットが、取れないんだって。
 発売日になると、ネットも電話繋がらないうちに、全日完売御礼しちゃうんだって。なんて、人ごとみたいに言う私。

 ウチの会社、地味な中小企業だけど、社長か何かのコネで大相撲のチケットが数枚、回ってくるの。
 もちろん枡席なんかじゃないけど、今やプラチナチケットだから、社内では厳正な順番制。その順番が、ついに回ってきたってわけ。
 隣の椅子には別部署のお局様が座るみたいだけど、相性が悪ければ席にいなければいいし。
 正直、体積が大きすぎる半裸の男同士の取っ組み合いより、初めての国技館の方に興味があった。

 最寄り駅は大混雑。まるでお祭り。
 外人の団体さんもけっこう多い。
 相撲ブームって、本当なのね。
 それに、お相撲さんって、けっこうイケメンが多い。ピンクのマワシが可愛い宇田君とか、ガチムチでかっこいい岩浦君とか。
 そんな人気力士の会場入りを見ようと、力士入場口には、アイドルの入り待ちみたいな人垣ができていた。
 誰が誰だかわからないけれど、目の前を通りすぎる力士は、思わずのけぞるほど迫力たっぷり。身の厚さなんか、私の三倍くらいありそう。
 とはいえ、お相撲さんに欲情はしないなあ。私がキュンッとかジュンッとかするのは、やっぱり……。

 トリップしかけたとき、気がついた。
 入り待ちの人垣の奥、やや影になったベンチに腰掛けている人。
 ポロシャツにデニムという普通のかっこうで、サングラスをかけて帽子をかぶってるけど、私の目はごまかせない。むしろ、誰も気付いてないのがおかしいでしょ。

 私、人目を引かないよう、そっとベンチに忍び寄った。
 スマホをいじる彼、四条丸駆クンの、うつむいたうなじに盛り上がる筋肉の素晴らしさ。やっぱり、マッチョはこのくらいがちょうどいいのよ。
「……お相撲、お好きなんですか?」
 間近に見る腕の筋肉や、フリックに苦労しそうなほど大きくゴツい指先を、うっとり見下ろしながら、そう囁いた。
 彼、びっくりしたように顔を上げる。
 片手でサングラスをずらす仕種と、そこから目を覗かせて、
「……みつかっちゃった」
 と言う悪戯っぽい口調が、たまらなくキュート。
 ゴツいのに可愛い、コレが彼の魅力よね。
「いい所に連れてってあげるから、内緒にしてよ」
 そんな交換条件なんかなくたって、彼を独り占めできるだけで最高なのに。

 彼の言う「いい所」は、二人用枡席だった。
 私の二階席とは比べ物にならないくらい、いい席なの。
「連れが急に来れなくなったって、さっきは誰を誘おうか迷ってたんだよ」
 コンサートなどとは違って、国技館の中はとても明るい。
 周囲の人々は、お酒や焼き鳥を飲み食いして、昼間から赤い顔。声援を送ったり、力士についての感想を披露しあったり、けっこううるさい。
 そんな中、五分ほどで一試合、つまり取り組みが淡々と行われていく。
 テレビ中継をながら見したことはあるけど、力士を呼び出す独特の節回しや、神主みたいなきらびやかな行事さんの衣装が、すごく楽しい。

「……お相撲、初めて見るんです……こんないい席で、嬉しい!」
 我ながら弾んだ声。ニコニコしながら私を見ている彼と目が合う。
「そんなに喜んでくれると、僕まで嬉しくなってくる」
 口を耳に寄せ、肩を抱いて囁かれた。息がかかって、ゾクっとする。
 彼はクスッと笑って、
「……感じちゃった? ダメだなあ、国を代表するスポーツを観戦しながら、こんな……」
 続けて囁くと、私の耳の中を舌先でチョンと小突いた。
「……ッ!」
 その瞬間、うなじから脳天にまで突き抜ける、悩ましいピンクの刺激。

 明るい照明、太鼓や拍子木の音。ハケヨイ、ノコタノコタノコタ……と、繰り返される声。歓声。拍手。
 アナウンサーの冷静な実況。
 そのただ中で、私、衿元から差し込まれた手と、スカートの下に侵入した手に、お仕置きされ続けてる。
「……だ、ダメ、ですぅ……みられ、ちゃ、ンアッ」
 パンティー越しにクリちゃんを摘まれると、我慢できない。
「く、ンン……ふぅ〜、んふ〜……」
 なんとかささやきの低さに留めているけれど、乳首とクリちゃんを同じ動きでつねられて、喘ぎが止まらない。
 枡席の一番後ろではあるけれど、背後の通路は途切れることなく人が行き来してるのに。

 彼は私の耳を攻め続けながら、
「……もう皆、気付いてるかも……お相撲を見ながらはしたなく悶えてる姿が、実況に映ってるかも……」
 言葉でも追いつめてくるの。
 そんなことになったら、私、私……。
「……ふぁ、はぁっ……」
 彼の指が、パンティの隙間から入ってきて、私のぬかるみを掻き回す。
 いつの間にか誘うように正座の両膝を開いている私。かすむ視界。たぶん、目も潤んで、顔も赤くなっているはず。
 そんな私が全国中継されちゃう。
 股間からのヌプヌプといういやらしい音もマイクに拾われて。
 手をついて。
 待ったなし。
 そんな言葉の合間に、私のよがり声が混ざって。
 残った、残った、という声にすがる気持ちで、私はエクスタシーをこらえる。
 だけど、彼の指は二本に増えて、奥へ奥へと怒濤のがぶり寄り。
「んくっ、くぅうん、や、やぁん……」
 ヌポッ、ヌポッ、と容赦ない突き押しが繰り出される。
 気持ちよすぎて私、おかしくなってる。
 Gスポに張り手が決まるたびに、どうしても声が出ちゃうの。

 腰の辺りが浮いてるみたいで、周囲の何も目に入らない。
 もうダメ、残ってなんかいられない。
 狭い土俵を飛び出して、快楽の絶頂へ。
 イく姿を世間に晒されても、もうどうなっても構わない。
「イかせてっ、てっぺんまで、うっちゃってぇ……!」

「……えええッ!?」
 自分の声に、自分でびっくりした。
 私、通路に尻餅をついてる。
 段差を踏み外してしまったみたい。
 はるか下、遠くの土俵では、午後の取り組みが続いている。
 あの枡席のどこかに、もしかしたら彼は、本当にいるのかもしれない。
 私は夢遊病者のようにフラフラと立ち上がり、一階席へと向かった。
 そして、一階席はチケットがないと入ってみることすらできない、という大相撲トリビアを学んだのだった。

Loading...

鍬津ころ(くわつ・ころ)

札幌出身、東京在住。山羊座のO型。アダルト系出版社、編集プロダクション勤務後、フリーの編集者&ライター。2011年『イケない女将修行~板前彼氏の指技vs官能小説家の温泉蜜筆』でネット配信小説デビュー。近著『ラブ・ループ』(徳間文庫)。馬、鹿、ジビエ大好き飲んだくれ系アラフォー女子。タバコの値上がりには500円までつきあう覚悟。 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP