ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 栗林デバ子
  • 人種差別・女性差別・職業差別を全肯定した産経新聞に掲載の曽野綾子さんのコラムに世界中がびっくり。

人種差別・女性差別・職業差別を全肯定した産経新聞に掲載の曽野綾子さんのコラムに世界中がびっくり。

栗林デバ子2015.02.16

Loading...

2月11日付の産経新聞朝刊に掲載された曽野綾子さんのコラム「透明な歳月の光」、読みましたか?
想像以上にすごいですね。
日本社会が人口減少に向かい、労働力が不足していくなかで、移民については「認めなければならない(何様!!)」と主張した上で、
「もう20~30年も前に、南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は居住区だけは、白人、アジア人、黒人と分けて住む方がいい、と思うようになった」
「爾来、私は言っている。人間、事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住地だけは別にしたほうがいい」
とか言っちゃってます。
もちろん、悪名高きアパルトヘイト(人種隔離政策)を容認、賛美するものだ、と南アフリカ大使館などから抗議を受けていますが、ちゃんと読むと問題はそれだけじゃない。
曽野さんといえば、2013年にも週刊現代で「何でも会社のせいにする甘ったれ女子社員たちへ」というタイトルで、女性社員は子どもを産んだら仕事をやめるべき、とトンデモ発言をしてました。昔は貧乏暮らしが当たり前だったと、女性は育児に専念すべきで、産休をとることや、待機児童解消まで批判。
デバ子の認識では、「特に女性差別の激しい安倍首相のお友達」でした。
ただ、この意見を「コンプライアンス・タブー(職場では言えない本音)」として、企業で働く中高年の男たちの代弁者として曽野さんを使った週刊現代についても、「女を叩くのに女を使うな!」も反発を感じました。なんだか利用される曽野さんも気の毒だな、と。
今回のコラムも、人種差別だけでない、女性差別と職業差別に満ちてます。
まず曽野さん、高齢者介護の分野で特に人手が不足しているとして、こんなこと言っちゃってます。
「高齢者の面倒を見るのに、ある程度の日本語ができなければならない、とか衛生の知識が必要がなければならないということは全くないのだ。どこの国にも祖母の面倒を見るという家族の構図はよくある。孫には衛生上の専門的な知識はない。しかし優しければそれでいいのだ。『おばあちゃん、これ食べるか?』という程度の日本語なら、語学の訓練などまったく受けてない外国人の娘さんでも2,3日で覚えられる」
あまりに堂々とした職業差別ぶり。
知識も言葉もいらない。優しければ良いって・・・。これ介護の仕事をあまりに軽んじ得ている。立派な差別でしょ。
曽野さん、御年83歳。いつ介護を受ける側になってもおかしくない年齢です。
言葉もわからない、専門的知識もない人に介護されていいんでしょうか?
苦痛を訴えても、してもらいたいことを要求しても、ニコニコして「おばあちゃん、これ食べるか?」しか言わない人材でいいんでしょうか?
なんで介護業界の人は抗議しないのか、本当にわかりません。
さらに、「日本に出稼ぎに来たい、という近隣国の若い女性たちに来てもらって介護の分野の困難を緩和すること」が必要だとも。
なぜ、介護を担うのは「外国人の娘さん」「若い女性たち」なのですか?
家事、育児、介護などは女の仕事だと信じて疑わないんでしょうねー。
その考え方が社会に根深くしみついているから、あなたの心配する「少子化」「若年労働力の低下」は改善の兆しすらみられないんですけど!!
こんな差別に満ち満ちた原稿が、編集者に止められることもなく、全国紙に堂々とのっちゃうなんてあまりにひどいです。
産経新聞は東京編集局長名で記事について、
「当該記事は曽野綾子氏の常設コラムで、曽野氏ご本人の意見として掲載しました。コラムについてさまざまなご意見があるのは当然のことと考えております。産経新聞は、一貫してアパルトヘイトはもとより、人種差別などあらゆる差別は許されるものではないとの考えです」
との見解を示しましたが、これが許されるのであれば、ヘイトスピーチ、どんな名誉毀損を載せても、「執筆者本人の見解であり、本社は○○の考えです」で許されることになる。
産経新聞は、報道機関として果すべき役割について、「私たちは、私たちの理念と決意を宣明した産経信条および新聞人に対し高い倫理意識を求めた新聞倫理綱領を遵守する」としています。産経信条のなかには、
一、産経は世界的な視野で平和日本を考える(われわれは国際社会からの孤立は許されないとの認識に立ち、対立より協調を、戦争より平和を選ぶ。平等友愛の精神をもって自立をもとめる国々をたすけ、ともに世界の共存共栄をはかってゆく)
とある。
でも今回のコラム、南アフリカのみならず、全世界からも批判されてて、世界からの孤立を招いちゃってますし、平等友愛の精神にまったくかなっていないと思うのですが。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP