ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 栗林デバ子
  • 週刊現代の齋藤工主演ドラマ批判の理由は「エロい」「医師をなめるな」。男に消費される女は称賛しても、女に消費される男は貶めるんだなー。

週刊現代の齋藤工主演ドラマ批判の理由は「エロい」「医師をなめるな」。男に消費される女は称賛しても、女に消費される男は貶めるんだなー。

栗林デバ子2015.05.04

Loading...

とうとうGWですねー!!
皆さまは、どんなふうに過ごされてますしょうか?仕事の方もいるんでしょうか。
デバ子は、だらだらとKPOPのライブDVDやネットで犬猫の癒やし動画を見るという、残念かつ充実した連休を過ごしてます。あー、楽しい♪
せっかくなので4月に始まったドラマも見てみようかなって思ってます。
仕事柄、決まった曜日の決まった時間に帰れることか少なくて、ずっとドラマは海外のものをDVDで借りて見てたんですけど、ちょっと気になるドラマがあるんですよね。
それは“あの”斉藤工様主演の「医師たちの恋愛事情」(フジテレビ系 木曜22時~)でございます。“あの”というのはラブピを読んでらっしゃる方ならおわかりですよね?高山真さんが今もっともエロいと絶賛する工様。その工様が病院を舞台に大人の恋愛を繰り広げるというストーリーらしいのです。
そしてがぜんデバ子が興味をもったのは、男性週刊誌が叩いてたから。
新幹線で週刊現代をパラパラと見ていたら、コラム、その名も「週刊テレビオヤジ」(オヤジという自覚はあるんですね・・・)が斉藤工主演の新ドラマが「節操がなさすぎる」と批判を浴びていると書いてたんです。
なんと、その理由はドラマがエロ過ぎるから。
エロ過ぎて批判を受けるって、いったいどんなシーンがあるのかと思ったら、「第1話は医師役の斉藤が入院中の女性患者の背中に手をまわしたり、石田ゆり子演じる先輩をハグしたりといったシーンばかり。さらに第2話では医師同士の不倫まで始まりました。色っぽいシーンがあればいい、という感じでストーリーなんてあったもんじゃありません」(テレビ誌の関係者)。
えっ??たいしたことなくない?きっとこの字面からは伝わってこないけど、そういう何気ないしぐさもセクシーだということなんでしょ。いいことじゃん!
最後まで読んでも、斉藤工がセクシー過ぎるってことへの嫉妬にしか聞こえない。
言ってることが小さすぎて、かわいそうな気もしてきたのですが、エロい女性が主演のドラマでこんな批判があがったことがあるかな、とも思うんです。
たいがいは控えめな服を着てるが実はあの女優はFカップだとか、ドラマをより「楽しむ」ためのヒントしか書かれてなかったような気がします。少なくとも「エロいだけで中身がない」なんて書かれたのは見たことない。
しかも斉藤工がこのドラマに出演したのは、下積みが長く苦労をしているからだと説明。「さすがに本人も今回の役柄にはショックを受けている」(関係者)とか書いていて。
今までヌードになった女優に「下積みが長かったから」「本人もショックを受けている」なんて書いてました??
「体当たりの演技」「本人も覚悟して濡れ場に望んだ」とか、自分たちが快く消費するのに都合のいいことしか書かれてなかったと思うんですけど。
なんで女性に楽しんでもらうための濡れ場を演じるのにショックを受けなきゃいけないんでしょうか。もちろん、これらのコメントは関係者と名乗る人物が勝手に言っているだけなんですけど、男に消費される女は称賛しても、女に消費される男は貶めるんだなーと実感しました。もちろん、その嫌悪と焦りの矛先は最終的には、消費する女に向かうんでしょうね。
おもしろかったのは、コラムの最後に〈医療現場でも「医師をなめるな」という怒りの声が上がっている〉と書かれていたこと。一応、社会派っぽいエッセンスを加えたつもりなんでしょうか。コラムが掲載された同じ号に宇能鴻一郎さんの「女装医者」って官能小説があったんですけど、こっちは医療現場から怒りの声はあがりませんでしたかね??心から心配です。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP