ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

あまりにハルモニたちが置き去りにされてないか

栗林デバ子2015.12.28

Loading...


12月28日、韓国のソウルで行われていた日韓外相会談が終わり、従軍慰安婦をめぐる問題について日本と韓国の両政府が解決を確認しました。

両国の外務大臣が行った共同記者会見の中継を聞きながら、戦後70年の今年、両国が合意にいたるなんてすごい瞬間に立ち会ってるんだ(テレビの前だけど)、という興奮と安倍政権がどんな言葉でお詫びをするんだろうという不安と入り交じった気持ちでいました。

岸田大臣が冒頭「当時の軍の関与のもと多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題」だとして「心からの反省とお詫びを申し上げる」ときちんと謝罪をしたことにはホッとしましたが、最後まで会見を聞いて気になったのは、当時、慰安婦としてつらい思いを強いられたハルモニたちがどんな風にこのニュースを見ていたのか、です。

岸田外相と韓国のユン外交部長官、2人の男が正面を見て、お互いの政府の立場を述べあう。ハルモニたちに

「心身にわたる癒やしがたい傷を負った女性に心からの反省とお詫びを申し上げる」
「すべての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、こころの傷の癒やしのための事業を行う」

そういう一方で、何度も

「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」
「国際社会でたがいに非難、批判することを控える」

ということを強調してました。

そこなの??
もちろん、大きな政治問題として日本と韓国の間に横たわっていることは間違いない。
でも、でもあまりにハルモニたちが置き去りにされてないか。

日本大使館の前の少女像についても、韓国政府は「可能な対応方向について関連団体との協議を行うなど、適切に解決されるよう努力する」と言っていましたが、それはハルモニたちとすりあわせをした上での発言なのでしょうか。

元慰安婦を支援する団体「韓国挺身隊問題対策協議会」のユンミヒャン常任代表はその少し前、「少女像の撤去は絶対に受け入れられない」と名言してましたけど・・・。

自分たちの代弁者であるはずの国に勝手に「最終的に解決した」って言われたとしたら、まるでうらぎられたような、捨てられたような気持ちになるのではないでしょうか。

日本が予算を出して立ち上げる財団は女性たちの心を癒やす事業というけれど、まずハルモニたちがどんな風にしてほしいのか、その要望に耳を傾けないことには、そんな事業はなしえないのでは?

会見で2人の外相は「来年からは日韓関係を切り開く」と言ってましたが、本当にそんなことは可能なのでしょうか。当事者が「解決していない」「納得してない」と言っていることを無理やり「解決した!」とフタをしても、きっとその思いはまた別の局面であふれでてくるのではないでしょうか。

今回が今年最後の更新になります。1年お付き合い頂きありがとうございました。いろいろしんどいことが多いけれど、来年こそは今年もより良い年になると信じたい!祈るような気持ちです。

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP