ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

アジュマブックスラブピスタッフ相川千尋安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミ菊池ミナト北原みのり具ゆり鈴木はな高橋フミコ塚原久美茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおりハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵牧野雅子行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

banner-1906dame06

欅坂46にはないもの。

李信恵2016.11.08

Loading...


欅坂46がナチス風の衣装を着たことが、国際問題に発展した。ユダヤ系人権団体サイモン・ウィーゼンタールセンター(SWC)は謝罪を要求。欅坂46の所属レコード会社であるソニー・ミュージックと総合プロデューサーの秋元康氏が11月1日にコメントを発表し、謝罪した。

ずっと昔、女性誌でファッションやグルメの記事を書いていた。もともと洋服が好きだった。取材の合間にもブティックを回って、さまざまな服を観た。目を肥やすつもりが、衝動買いしたり。今でもそうだ。

ある日、あるワンピースに一目惚れした。白地に青い蝶の柄、気に行って何度も着た。けれど、ある日そのブランドのことをふと調べたら、1933年よりナチス親衛隊、ナチス突撃隊、ヒトラー・ユーゲントの有名な黒や茶の制服の製造を手がけたとあった。それを知ってから、そのワンピースに袖を通すことをためらうようになってしまった。捨てることもできず、今もずっとクロゼットの中にある。

私は反差別のカウンター活動を取材したり、参加したりしている。差別者は、その行為自体が醜悪なんだけど、時々とんでもない服装の人がいる。全身真っ白の除染作業のような装いで、胸元にはマジックで「除鮮中」の文字。ヘイトデモの常連参加者には、ナチスのコスプレをする男性もいる。ハーケンクロイツの旗も何度も見た。みっともないし、ダサい。けど、差別者がファッショナブルで、スタイリッシュになったとしたら、そっちの方がずっと怖いよな。

3日にイスラエル大使館がソニー・ミュージックと秋元氏に対し、Twitterでメッセージを投稿した。

「タレントさんは多大な影響力があり、皆様がこの重大な問題について知識を持つことが重要です。そこで@keyakizaka46のメンバーの皆様をイスラエル大使館でのホロコーストに関する特別セミナーにご招待させて頂きたいと思います」

ネットでは、「欅坂46は悪くない。衣装をただ、着せられただけだ」みたいな声もたくさん見られた。まあ、そうかもしれない。アイドルとしてプロデュースされているんだし。ただ、20人以上もメンバーがいて、誰一人としてこの衣装の問題に気が付かなかったんだろうか?とも思う。お人形さんのように、ただ着せられて、演じる。それって、なんだかちょっと悲しいなあっていつも思う。自分の意思が見えないところ、そういうのが引っかかる。

イスラエル大使館の発言は、すごい。知識がないから、デマや悪意に安易に乗っかってしまったり、差別に加担したりすることを、私はたくさん見てきた。差別する側は「悪意はなかった」っていつも云う。悪意がある差別は分かりやすいけど、この社会の差別は悪意が無く行われていることも多い。

知ることって、本当に大切。でも、知らせる側はいつもしんどいことも知ってる。それでも伝えるのは、自分のためだけじゃなく、相手のためでもあるから。そして、差別や偏見をなくしていきたいからだ。欅坂46は、ぜひ特別セミナーに参加して学んでほしいと思う。

昔、日本軍慰安婦についてのドラマが放映されたことがあった。確か「愛と哀しみのサハリン」ってタイトルだったと思う。大学生の時に観たと思うので、1991年ぐらいの終戦記念ドラマだったはず。主役を務めた俳優が「(日本軍慰安婦の問題を)“知らなかったこと”自体が罪だと思った」とインタビューで発言したことを覚えてる。

今のこの日本の状況だと考えられないけど、そんなドラマが作られ、そんな発言をした俳優がいた時代があったはずなのに。逆行と云うか、社会がどんどん劣化しているような気がする。どうしたらいいんだろうって、いつも思う。

女性と服、まあ今回はアイドルグループの衣装だったけど、そのことについて考えていた矢先、ある男性ジャーナリスト(田中龍作氏)が柏崎市の市長選に立候補した女性(竹内えいこ氏)に向け、このような発言を行った。

「ダークグレーのスーツ姿。女性候補なのですか?男性候補なのですか? これでは女性有権者の心も、男性有権者の心もつかめませんね。当選する気があるのか、どうか? 疑わしくなりました。」

これに対し、竹内氏は、

「私のスーツの色が、なぜ『脱原発をする気がない』ことに結びつくのでしょうか?私は化粧は嫌いですし、スカートもハイヒールも嫌いです。なぜ女だからとそれを強要されなければならないのですか?女性が化粧しないのもダークスーツなのも『多様性』で認められる社会になってほしいものです。」

「スカートでもパンツでもいい。ヒールでもスニーカーでもいい。ひげを伸ばしていても剃っていてもいい。自分で事業を起こしてもよいし大企業に勤めてもいい。 自分の良いと思うことを選ぶことができる、これが私の考える多様性です。多様な生き方でのびのびとチャレンジできる柏崎にしましょう!!」

と返した。この発言を読んで、胸がすっとした。欅坂46になくて、竹内氏が持っているもの、それは自分の意志なんだよね。ファッションはメッセージでもあるんだから、そこにいろんなものが透けて見える。男性ジャーナリストは、アドバイスのつもりだったのかもしれないけど、ひとことで言えば大きなお世話で、ジェンダーバイアスかかり過ぎ。しかも、そういうことを指摘されるまで、気が付かないもんなんだな。手っ取り早く「男女」を逆にした時に、その言葉や表現が成り立つかどうかなんだけど。

誰かに着せられる服じゃなく、ちゃんと自分で選んだ服を着たいよね。

Loading...
李信恵

李信恵(り・しね)

1971年生まれ。大阪府東大阪市出身の在日2.5世。フリーライター。
「2014年やよりジャーナリスト賞」受賞。
2015年1月、影書房から初の著作「#鶴橋安寧 アンチ・ヘイト・クロニクル」発刊。 

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ