ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

私はアンティル vol.49 Tの「後悔」が始まった日

アンティル2006.07.26

Loading...

欲望のままにTとSEXをし続けた高校の3年間。
私はTと会うために学校に通った。

どんなに言い争っても、Tが知らない男とSEXしても、私たちは次の朝には学校で顔を会わせ、セックスをした。言葉にならない想いや言葉にしてしまった事実を打ち消すように私はTのまんこに指を入れた。
そんな生活がずっと続くと思っていた高校3年生の秋、私たちの関係をのちに大きく変える出来事が起きた。

「お前はこの学校のドブネズミだ!」
私はA高校の名物生徒だった。レズで素行が怪しくて勉強をしない背の大きな女。それが私だった。家を抜け出しTの家に行き朝方に家に戻ったり、一晩中テレホンセックスをしてヘトヘトになっていた私にとって教室は安心して眠ることが出来る場所だった。しかし“質のいい”女性を育成する高校として定評のある高校だったA高校はそんな私を許しはしなかった。

「アンティル!!!!!!またおまえか!」

2000人近くが集合する朝礼で列を乱し気ままに行動する私を叱責する光景はA高校の一つの名物になっていた。
Tとのことをきっかけに“自分は何者であるか”“なぜ生きているんだろう”と、悩み、頭を抱え、毎日、私に偏見や中傷の視線を落とす社会との攻防を続けていた私にとって、そんな教師の怒りなど小さく平和で無いに等しいものだった。だから私はどんなに怒られても顔色を変えずへらへら笑っていられた。そして教師たちはそんな私を気味の悪い生徒として意識し始めていったのだ。席順に指される国語の本読みは私を飛び越え次の人を指名する。私の友人には私との付き合いをやめるように説得をする。

「アンティルやばいんじゃないの?」
教師たちの言動に心配する友人が声をかけてくれた。しかしその心配でさえも私にとってはどうでもいいことだった。私はただゆっくりと眠りたかった。

そんな私に高校3年の春、衝撃が走った。
「アンティルは付属の女子大に行くのはムリだ」
教員室の座る担任が薄笑いを浮かべながら私に成績表を見せた。向かいの机にはTとTの担任が同じような光景を作っている。Tの担任が私を指さしているのが見える。

1度も開くことがなかった教科書があったほど、勉強とは無関係な学校生活を送っていたため、気がつけば進学のボーダーラインを大きく下回る評定平均になっていたのだ。それはTも同じだった。Tと同じ大学に行けないかもしれないという事実を突きつけられた私に、好奇な視線の中で一から自分の場所を見つけていかなければならなくなるという不安が突然降ってきた。向かいのTは涙を浮かべ担任の話を聞いている。私の前では、私に嫌悪を示すことを隠さない担任が何かを言っている。

「あんたが進学出来たら何でもしてあげるわよ」
その時私は、どんな言葉を投げつけられても反応しない自分の心に、私が今、置かれている場所を感じ取った。社会と私。遠い相反する存在だからこそ、私は向こう側から投げられるものに感じない。それが日常で当たり前のことだから。
『しかしその社会に社会人として入っていかなくてはならなくなるかもしれない。』
そう思うと、私は不安でいっぱいになった。

「やばい」
2学期の終了までがリミットだ。この間の2ポイント近く上げないと私とTは学校から追い出される。
『Tともう学校でSEXできなくなる!』
『国語、数学、英語。これはどんなにがんばっても間に合わない、こうなったら一か八か選択科目に賭けるしかない!』
私は得意そうな科目を選び、その科目で1学期、2学期とも最高点を取ることを決意した。
運命の2学期。私は再び担任に呼び出され職員室に向った。

「運のつよいコね。我が校の恥さらしになるわ。しかしあんたが行ける学部は家政科よ」
担任の顔が私への憎しみに溢れ歪んでいた。
『男のように見られたい私が家政科か・・・でもよかった!』
急いでTの教室に行くと、Tは友達に背中を擦られながら泣いていた。
『なんで同じことやってるのにアンティルは進学できて、私は出来ないの!!』
Tの中で、私と出会ったことへの後悔が始まった。

Loading...

アンティル(あんてぃる)

ラブローター命のFTM。
数年前「性同一性障害」のことを新聞で読み、「私って、コレかも」と思い、新聞を手に埼玉医大に行くが、「ジェンダー」も「FTM」という言葉も知らず、医者に「もっと勉強してきなさい」と追い返される。「自分のことなのに・・・どうして勉強しなくちゃいけないの?」とモヤモヤした気持ちを抱えながら、FTMのことを勉強。 二丁目は大好きだったが、「女らしくない」自分の居場所はレズビアン仲間たちの中にもないように感じていた。「性同一性障害」と自認し、子宮摘出手術&ホルモン治療を受ける。
エッセーは「これって本当にあったこと?」 とよく聞かれますが、全て・・・実話です!。2005年~ぶんか社の「本当にあった笑える話 ピンキー」で、マンガ家坂井恵理さんがマンガ化! 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP