ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

アジュマブックスラブピスタッフ相川千尋安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミ菊池ミナト北原みのり具ゆり鈴木はな高橋フミコ塚原久美茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおりハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵牧野雅子行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

banner-1906dame06

私はアンティル Vol.117 イチゴ事件その42 Tからの電話

アンティル2008.05.21

Loading...

Wの母親の葬式が終わりWの家にも日常が帰ってきたある夜、久しぶりに自分の家に戻った。何週間ぶりだろう。一人暮らしを始めてからほとんどWの家に転がり込んでいた私を待っていたかのように暗い部屋の中で何かが点滅している。
“用件25件”

チカチカと点滅する光が部屋中に赤い影を映し出す。私はボタンを押してぐったりとしたカラダをベットに投げ出した。
「アンティル!学校にそろそろ来ないとやばいよ~待ってるね」
「○○新聞です。今月の購読料を集金したいのですがお戻りになられたら連絡をいただけますでしょうか」
「お母さんだけど、ちゃんと食べてるの?たまには連絡ちょうだいね。」

私は真っ暗い部屋の天井をぼんやりと眺めながら留守番電話を聞いていた。
メッセージが吹き込まれた日時を知らせる機械ボイスが、いかに長い間留守をしていたかを教えてくれる。

「アンティル久しぶり元気?たまには連絡してね。私は昨日、初めて給料をもらったよ。」・・・・・・・・
留守番電話を聞きながらウトウトとし始めた時、留守番電話の中から懐かしい声が流れ出した。

「わたしだけど。いないの・・・じゃあ(ガチャ)」
私は飛び起きてもう一度テープを巻き戻す。
「わたしだけど。いないの・・・じゃあ(ガチャ)」
『Tだ!この声は間違いなくTだ!』
録音されたのは2週間前。公衆電話からかけているような音がする。
「わたしだけど。・・・本当にいないの?・・・アンティル?・・・・(ガチャ)」
Tからのメッセージは3日続けて届いていた。
『何があったというんだ!』

トゥルルルル トゥルルルル
「お久しぶりです。アンティルですけどTはいますか?」
私だと知って不機嫌な声になったTの母親がTを呼んでいるのが聞こえる。
タッタッタッタッ 走って電話口に向う音がする。
「もしもしアンティル?!久しぶり。(小声になって)あと30分くらいしたら公衆電話からかけ直すから家にいてね。(普通の声に戻って)そうなんだ。わかった。またね。ガチャ」
聞き耳を立てるお母さんを気にしてか、Tはわざとらしい芝居のような声を上げ早々に電話を切った。
『今更何の用があるっていうんだ?!!!』
一言も会話を交わせなかった私の心の中に怒りとも、驚きとも、戸惑いとも、よろこびとも言えない激しい感情がカラダの底から突き上ってくる。
『ようやくお酒を飲まなくても眠ることができるようになったのに!!!』
数ヶ月を経てやっとTのいない日々に慣れてきた私をTの電話が一瞬にしてもとの私に戻す。部屋を出られない私。電話線を切れない私。電話なんていらないと言えなかった私。そして私はTの電話を待っていた。

Loading...
アンティル

アンティル(あんてぃる)

ラブローター命のFTM。
数年前「性同一性障害」のことを新聞で読み、「私って、コレかも」と思い、新聞を手に埼玉医大に行くが、「ジェンダー」も「FTM」という言葉も知らず、医者に「もっと勉強してきなさい」と追い返される。「自分のことなのに・・・どうして勉強しなくちゃいけないの?」とモヤモヤした気持ちを抱えながら、FTMのことを勉強。 二丁目は大好きだったが、「女らしくない」自分の居場所はレズビアン仲間たちの中にもないように感じていた。「性同一性障害」と自認し、子宮摘出手術&ホルモン治療を受ける。
エッセーは「これって本当にあったこと?」 とよく聞かれますが、全て・・・実話です!。2005年~ぶんか社の「本当にあった笑える話 ピンキー」で、マンガ家坂井恵理さんがマンガ化! 

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ