ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

ラブピースクラブショップ

タグ一覧を見る

Justin Mccurryラブピスタッフアジュマブックス大杉真心相川千尋安積遊歩アンティルイトー・ターリ大島史子オガワフミキム・ジナ菊池ミナト北原みのり黒川 アンネ具ゆり鈴木はな爪半月高橋フミコ曺美樹塚原久美茶屋ひろし朝美中沢あき中島さおりハッカパイプスフェミステーション深井恵李信恵牧野雅子行田トモ오오시마후미코

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

おしゃれなセックスグッズはこちらから

ajumabooks

私はアンティル Vol.152 Tの手術

アンティル2009.09.17

Loading...

『このカラダTじゃない!』

好きな人ができたと告白され、でも心もカラダも私を頼りにしていると告げられた夜、Tの股の間で私はその異変に気がついた。
自分のカラダより知り尽くしていたTのヴァギナ。そのヴァギナが明らかに違うのだ。その違い。それは身長155センチ55キロの人と、身長190センチ100キロの人を比べるようなものだ。

ア「・・・・・・・・」

私はピタッと舌の動きを停止する。Tは私の声を隠すように私の頭をつかみ自分のヴァギナに引き寄せた。私は戸惑いながらもTのリクエストに答えて黙々とTのカラダを舐め続けた。
1時間後。

ア「あのこれって・・・・・・」
セックスが終わり、天井を見上げるTに問う言葉を探す。
T「・・・・・・・・・・・・・」
ア「違うよね・・・・・・・・・」
T「・・・・・・・・・・・・・・」
ア「全然、形が・・・・・・・・・・・」

張りつめた空気がラブホの一室に充満する。私には何もわからない。

T「私が死ぬほど悩んでいた悩みなの・・・」
ア「えっ?!何が?」
T「ここの形が。」
ア「小陰唇のことっ?」
T「そう、前にも話したでしょ。オナニーのし過ぎで伸びちゃって、人と形が違うからオトコの人とセックスすることができないと思っていて、ずーっと悩んでいたの。一生結婚も子供も産めないって真剣に悩んでたから、Kのようなオンナのカラダをちゃんと見たことない人と付き合ったの。でも、年下じゃ、やっぱりだめだし、だから整形したの。」
ア「整形?」
T「お母さんもお父さんもそのほうがいいって言うし、伸びたところを切って小さくして、ようやく普通のカラダになれた。」
ア「・・・・・・・・」
T「私は結婚したいの。これで誰とも付き合える。だからあの人と結婚を前提に付き合い始めたの。」
T「・・・・・・・・・・・」

三日月のように狭い弧を描く小陰唇。複雑な形をしていたTの小陰唇は整形外科医の手によって切り取られていたのだ。Tは小陰唇のために男性と付き合うことができないと思い込み、私と付き合い欲望を満たしていた。そしてKという童貞でまじめなKと付き合い、男性と付き合いたいという夢を満足させようとした。そして小陰唇を切り取った。

ア「じゃあなんで私が必要だなんていうの!」
T「私は普通の人と付き合って結婚して子供を産んでその人に守られて暮らしたいの。でも私はもうアンティルなしじゃ生きていけないの。こんな心とカラダにした責任をとって!アンティルがオンナだからいけないんだから、それがアンティルの役目なの!!責任なの!!!」

Tは私を叱責しそして私のカラダに抱きついた。時計は夜3時。私の首元に顔を埋めるように横を向くT、そしてただ上を向く私。天井の鏡に写る二人の姿は小陰唇のようだった。

Loading...
アンティル

アンティル(あんてぃる)

ラブローター命のFTM。
数年前「性同一性障害」のことを新聞で読み、「私って、コレかも」と思い、新聞を手に埼玉医大に行くが、「ジェンダー」も「FTM」という言葉も知らず、医者に「もっと勉強してきなさい」と追い返される。「自分のことなのに・・・どうして勉強しなくちゃいけないの?」とモヤモヤした気持ちを抱えながら、FTMのことを勉強。 二丁目は大好きだったが、「女らしくない」自分の居場所はレズビアン仲間たちの中にもないように感じていた。「性同一性障害」と自認し、子宮摘出手術&ホルモン治療を受ける。
エッセーは「これって本当にあったこと?」 とよく聞かれますが、全て・・・実話です!。2005年~ぶんか社の「本当にあった笑える話 ピンキー」で、マンガ家坂井恵理さんがマンガ化! 

RANKING人気コラム

  • OLIVE
  • LOVE PIECE CLUB WOMENʼS SEX TOY STORE
  • ばばぼし

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOPへ