ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 鍬津ころ
  • LPC官能小説第19回「しょうがないな」そんな微笑で手招きされて…

LPC官能小説第19回「しょうがないな」そんな微笑で手招きされて…

鍬津ころ2017.11.28

Loading...


 ここ何年かで、すっかりお馴染みになったフードフェスティバル。

 去年は女友達と行ったんだけど、皆ナンパを意識して、食欲をセーブしまくり。結局ナンパもされなかったし、欲求不満しか残らなかった。
 だから、今年は一人で来たってわけ。
 そんなに派手な催しじゃない。地元の商店街主催だけど、普段は手が出ない老舗の天ぷらや、A5級の和牛が、屋台で食べられるんだから、満喫しなきゃ損じゃない?

 小春日和の日曜日、午後の会場はけっこうな人手だった。
 ネットで紹介でもされたのか、明らかに地元民じゃないカップルやファミリーも、楽しそうに列を作っている。
 辺りに漂う、美味しそうな香り。
 朝ご飯を抜いてきた私のお腹は、香りに反応してグーグーとうるさい。
 ちょっと張り切りすぎたかも。メインの鰻やステーキの屋台に、並ぶ余裕がない私。

 会場を見渡すと、隅の方に、いかにもよくある感じのフランクフルトの屋台。
 他にお得な地元グルメがたくさんあるんだから、当然そこには行列どころか人だかりもなかった。
 とりあえず、あそこでお腹の虫を黙らそう。

 鉄板の上には、数本のフランクフルト。どう見ても、焼きたてじゃない。
 屋台の人は、鉄板の向こうでこっちに背を向けてしゃがみこんでいて、ツンととがった髪の毛先しか見えなかった。
 新しく焼いてほしくて、私、声をかけたの。
「あのー、すみま……」
「あっ、ハイハイ!」
「……せぁああッ!?」

 ヘアスタイルで気づくべきだった。
 気軽な返事と一緒に立ちあがってこっちを向いたのは、彼。
 可愛い系マッチョの有名ラガーマン・四条丸駆クンだった。
 いくつXがついたLサイズかわからないけど、分厚い筋肉に覆われたムキムキボディは、ダボシャツのゆったりしたラインに隠されている。
 晩秋の陽射しを真夏と錯覚させるような、赤銅色に灼けた額には、ねじりハチマキ。
 まるでフーテンの虎さんスタイル。
 カッコイイというより、圧倒的に、可愛かった。
「……そんなに、ニヤニヤしないでよ」
「えっ!? あ、私、そんな……」

 我に返ると、拗ねた子供みたいな顔つきの彼と、目が合った。
 ちょっと尖らせた口許が、やっぱり、たまらなく可愛いの。
「また、ニヤニヤする! もう、フランクフルトあげないよ!」
 見上げるような長身の彼が、腕を組んでそっぽを向く。袖口から、フランクフルト10本分はありそうなたくましい腕が覗く。
 可愛さとたくましさのハイブリッド。
 これが、彼の魅力なのよね。
「ああん、ごめんなさい! 微笑ましくて、つい……」
 媚びるような、それでいてお姉さんぶるような、我ながらあざとい口調。
 だけど、彼は機嫌を直してくれたみたい。
 目を細めて口許をゆるめた、小さな笑顔。やっぱり、初心な少年みたいに可愛い。
「しょうがないな、じゃあ、あげる」
 そんな微笑で手招きされて、私、吸い込まれるように屋台の中に回り込んで行った。

「はい、フランクフルト!」
「フ……ッ!!」
 屋台の下にしゃがみこまされた私の前に、ボロンと放り出されたのは、生きて血の通ったフランクフルト。
 彼、これも特大サイズの、脛まであるステテコの股間から、彼自身のフランクフルトを掴み出したの。
「美味しいよ、ほら。サービスだから、どうぞ」
 彼は、悪戯っぽい表情で、ソレを振る。
 フランクフルトにしても、超特大のソレが、周りの温度を上げるような、雄の匂いを放っている。
「……んぁあ……」
 鰻より、ステーキより、美味しそう。
 私、下半身からせり上がる食欲のままに、大きく口を開いた。

 クポッ、チュボッ、れるれる……
「お、おっ、食われちゃう、食われちゃうよっ!」
 私の舌遣いに合わせて腰を揺らしながら、彼が舌足らずな善がり声をあげる。
 周囲の誰も気づかないのが不思議なほど、私は大胆に彼のフランクフルトを貪る。
 ううん、本当は気づいていて、誰も気にしていないのかも。
 だって私、フランクフルトを食べてるだけだもん。
 熱くて、スゴイ弾力があって、先っぽからエキスが滲み出てくる、最高に大きなお肉の塊。

「……すっごい、スケベな顔……俺の、そんなに美味しい?」
 息を弾ませて、彼が私の頭を撫でる。
「ぉほ、ほいひぃ……んごい、おいひぃい……」
 涎を零しながら、答える私。
 喉奥に当たる、いくらしゃぶっても舐め回してもなくならない、フランクフルト。
 本当に、美味しいの。

「んふぁッ!?」
 次の瞬間、ヘンな声が出た。
 ジクジクと熱い股間に、鋭い刺激か来たの。
「さ、サービスだよ……もっと、俺を味わって……っ」
 目線を下げると、雪駄履きの彼の素足の指先が、私の股間に分け入ってる。
 ミニスカの下は、畜熱素材の薄いスパッツ。だから、下着一枚隔てるのと同じくらい、その感触がリアルに伝わる。
 器用な親指と人差し指が、アソコを探り、過敏な肉の芽をキュンと摘むの。
「フんんっ!」
 そこ、ダメ。
 脳天まで快感が駆け抜けて、頭の後ろに火花が散る。

 私、地面に膝をつき、彼の腰にすがりついていた。
 彼の、チクワくらいありそうな足の親指が、私のワレメを掻き回す。
 早くイッてくれないと、私自身が、フランクフルトみたいにこんがり焼かれちゃいそう。
 ジュププッ、と何度も大きく吸いあげては、必死で喉を絞る。
「そんなに、俺の肉汁が、欲しいんだ?」
 彼の言葉攻めに、ためらう余裕もなく、ガクガクと頷く私。
 早く、早く出して。
 美味しいお肉のエキスを、この喉の奥に。
 アソコがよすぎて、何が何だかわからなくなってしまう前に、早くーーー

「……せっかちなお姉ちゃんだねえ」
「……はい?」
 私の目の前に差し出されたのは、棒に刺さった、ごく普通のフランクフルト。
 屋台の主は、季節柄当然の、ダウンジャケット姿のお兄ちゃんだった。
「早く、早くってさあ。どんだけ腹減らして来たんだよ。もう一本いっとく? サービスするよ」
 正気のときなら、悪くないレベル、と思ったかもしれない。
 だけど、四条丸駆クンのフランクフルトの後では、こんなの、ポークビッツとしか思えなかった。
「あー………、どうも〜」
 愛想笑いもおざなりに、私は逃げるように、屋台から離れたの。

Loading...

鍬津ころ(くわつ・ころ)

札幌出身、東京在住。山羊座のO型。アダルト系出版社、編集プロダクション勤務後、フリーの編集者&ライター。2011年『イケない女将修行~板前彼氏の指技vs官能小説家の温泉蜜筆』でネット配信小説デビュー。近著『ラブ・ループ』(徳間文庫)。馬、鹿、ジビエ大好き飲んだくれ系アラフォー女子。タバコの値上がりには500円までつきあう覚悟。 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP