ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 鍬津ころ
  • LPC官能小説第21回「試合後の、蒸れた汗の匂いに、気が遠くなりそう…」

LPC官能小説第21回「試合後の、蒸れた汗の匂いに、気が遠くなりそう…」

鍬津ころ2018.04.24

Loading...


 何かと話題の、マンガ読み放題サイト。

 あんまり興味がなかったんだけど、最近、学生時代の友達が、配信サイトに転職したと聞いて。
 もちろん合法的なサイト。そのコ、会員登録したら、特選R18マンガが、一週間無料になる特典が付くっていうの。

 どうして女の私をHマンガで誘うわけ!?
 とは思ったけど、来週からは、何の予定もないゴールデンウィーク。
 全く興味がないワケでもないHマンガを、こっそり読み放題なんて、情けないけど、サイテーってほどでもないよね。

 金曜日の夜。
 そんなわけで私、「特選R18作品が読み放題!」というボタンをタップする。
 テーブルの上にはプルトップを開けたばかりの缶チューハイ。
 スーパーで買った生春巻きと、フライドチキン。
 そのときの私は、いくら特選といったって、マンガくらいでそんなに興奮しないだろうと、タカをくくっていた。

 喘ぎ顔の女の子や、脂ぎったオジサンのアイコンが並ぶ画面を、なんとなくスクロールしていく。
 缶チューハイを舐めながら、やっぱり大した事ないなあ、なんて思っていたとき。
 目に留まったのは、場違いなほど爽やかな、好青年の笑顔。
 短い髪の先が栗の実のみたいに尖った、独特のヘアスタイル。日に灼けた肌。太く逞しい首は、アイコンの小さい画面に収まりきっていない。
 このキャラのモデルって、明らかにーー!?

 四条丸駆クン!
 彼ほどの有名人で、マッチョの代表選手だったら、Hマンガのモデルにされてもおかしくないかもしれない。
 だけど、肖像権とか、名誉毀損とか、大丈夫なのかしら。
 などと考えている間に、指先は勝手にアイコンをタップ。
 画面いっぱいに、閲覧ページが開いていく。

 画面には見開きで、これぞ王道、といったラガーシャツにショートパンツの股間が強調された彼の、試合シーンが描かれていた。
 ヘッドギアに群がる敵の腕をかいくぐり、ボールを腰に構えて敵陣を押していく姿は、実写みたいな迫力。
 マ、マンガとはいえ、かっこいい〜!
 思わず身もだえしながら、次のページへ。

 試合は2ページで終了したらしく、タオルを肩にかけた彼が、一人で更衣室へ向かっていくところ。
 と、廊下の隅に、女性らしい靴の先が。
『……いいコだ、ちゃんと待ってたんだね』
 汗が残る顔を、ニヤリと歪める駆けるクン。
『……だって、命令、したじゃない……』
 マンガのコマは、ふるふる震える女性の足を下からナメていく。何故か、脛や腿には、汗の粒。
 最後のコマで、彼は女性キャラの顎を、グイッと持ち上げる。
 思わず喉を鳴らしながら、その先の見開きへ。
「……ぇえ〜〜っ!?」

 次の瞬間、私は缶チューハイを放り出し、両手でスマホを握っていた。
 これ、このキャラ。
 マンガの絵だけど、かなり美化されてるし、胸もお尻もモリモリ盛られているけど。
 でも、鏡を見るまでもなく、わかる。
 このキャラ、私だ!?

『お願い……試合に勝ったら抜いてくれる約束でしょう?』
 真っ赤な顔に涙を浮かべ、”モジモジ”という擬音をまといつかせた私(?)が、懇願している。
 抜くって、何を?
 その疑問は、次のページで解けた。

 彼、ニヤニヤしながら、私のミニスカを、グイッとまくり上げたの。
 表れたのは、下着もつけず、拘束具のようなベルトを巻かれた下半身。
 そのベルトは、私の股間に何かを固定しているみたい。お臍の下に、これ見よがしの錠前がついている。
 コレって、やっぱり、そうゆう、大人のオモチャ、なのかしら。
『あれえ? 抜いちゃっていいの? オレの試合に興奮して、そんなに濡らしてるのに? 本当はスイッチを入れて欲しくて、待ってたんだろう?』
 駆クンの、初めて聞くような乱暴な口調。
 いじめっ子みたいな表情が、怖いけど、キュンとしてしまう。
 これがMっ気ってやつかしら。
 そして彼、
『こんなふうに……な!』
 さすがマンガ、どこからか取り出した小さなリモコンを、一気にMAXまで操作した。

「ヒイィッーーー!」
 悲鳴は、私の口から漏れていた。
 うそ。
 なにコレ、お腹の奥で、強烈なバイブレーションがうねる。
 えぐられる。こすられる。
『ほらほら、もっといつもみたいに、はしたなく脚を開いてよがってみせろよ』
 彼の言葉責めが、頭の中に響く。
 マンガの中の自分と、現実の自分が重なって、溶け合って、何が何だかわからなくなっていく。
 わかるのは、私が廊下の壁にもたれ、膝を曲げておおきく脚を開いた恥ずかしいかっこうで、彼の方に股間を突き出し、くねらせていることだけ。
 ヴヴヴヴ、と、子宮に当たるほど深い部分から、アソコ全体を揺らす、痺れるような刺激。
『「アッ、あぁあ、ダメ、そんな強くしたら、私、私……っ!」』
『イきたかったら、わかってるだろ? オレが、試合後は気が昂って、一発出さないと収まらないって……』
 リモコンをいじりながら、シルエットになった彼が言う。その股間が、ユニフォームを突き破りそうに、ギンギンになっている。
 試合後の、蒸れた汗の匂いに、気が遠くなりそう。

 ああ、そうだった。
 どうすればいいのか、私は知っていた。
 彼に、そう調教されたんだから。
 私はガクガク痙攣する片手を壁について、彼に背中を向ける。
 勝手に前後しては、エクスタシーをかすめ取ろうとする腰を、何とか抑えて、スカートを背中までまくりあげる。
 そして。
「……わ、私の、淫乱で、どうしようもない、お……お尻ま○こに、熱っついお精子を、いっぱい、出して、くださいッ……!」
 恥ずかしさのあまり、目の前の壁が赤く染まって見える。

 だけど、この羞恥を超えると、
『よーし、ちゃんと言えたから、ご褒美だぞ』
 待ち望んでいたセリフと一緒に、彼の力強い両手が、ガシッと私の腰を捕まえた。
 入れられちゃうの、後ろに。
 貫かれた瞬間、前と後ろ両方で、イッちゃうの。
 それから何度も、何度も、彼の興奮が収まるまで、イかされ続けるの。
 私と彼、そういう関係なの……。

 ハッと我に返ると、見上げる天井には、お馴染みの電灯。私、床に大の字になっているみたい。
 ちょっと身動きしただけで、痺れが残る股間がニチャッとする。
 そばのスマホを手に取ると、それほど彼に似ているわけでもない数人のマッチョ男と、私とは似ても似つかない巨乳熟女の乱交シーンが表示されていた。
「……私の妄想の方が、よくできてるんじゃない?」
 とはいえ、またあんな体験ができるんだったら、一週間見放題は悪くない。
 コレ、お風呂で見たらどんな感じかしら。
 そう思いついて、私はバスタブを満たすために立ち上がった。

Loading...

鍬津ころ(くわつ・ころ)

札幌出身、東京在住。山羊座のO型。アダルト系出版社、編集プロダクション勤務後、フリーの編集者&ライター。2011年『イケない女将修行~板前彼氏の指技vs官能小説家の温泉蜜筆』でネット配信小説デビュー。近著『ラブ・ループ』(徳間文庫)。馬、鹿、ジビエ大好き飲んだくれ系アラフォー女子。タバコの値上がりには500円までつきあう覚悟。 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP