ラブピースクラブはフェミニストが運営する日本初のラブグッズストアです。Since 1996

  • TOP
  • 鍬津ころ
  • LPC官能小説第24回「プールの監視員だなんて、セクシーすぎて…」

LPC官能小説第24回「プールの監視員だなんて、セクシーすぎて…」

鍬津ころ2018.07.26

Loading...


 エアコンを切った瞬間に汗が噴き出す、ウンザリな猛暑が続く夏。
 だけど、今夜の私はクールで優雅。
 カード会社の優待で、ホテルのナイトプールに来ているの。

 去年当たりは、インスタ女子で大賑わいだったけど、今はすっかり落ち着いたもの。
 プールサイドでカクテルを飲んだり、マジメに背泳ぎなんかキめている、大人女子がほとんど。
 今年のビキニは、アートっぽい花柄のオフショルダー。二の腕と胸元を隠す大きなフリルが、動くたびにキュートに揺れて、気分はアゲアゲ。
 地上12階からの夜景は、暗赤色のビロードに宝石をちりばめたようで、妖艶にすら見える。
 これぞ、都会の夜の正しい過ごし方じゃない?

 チェアを確保した私は、とりあえずカクテルでも飲もうと、奥のスタンドを目指す。
 等間隔で置かれた特大の鉢から、ドーム型の天井へ、フェニックスの幹が高く伸びているのがソレっぽい。
 なんて、見蕩れていたら、
「!」
 鉢の影から出てきた誰かに、思いっきりぶつかってしまった。
「す、すいませ……」
「ちゃんと前見てね。プールサイドの事故まで面倒見られないから、気をつけるんだよ」

 笑いを含んだ、優しい声。
 私、既に確信している。
 こんなイケイケの私と、「彼」が出会わないワケがない。
 私の愛しいアスリートーーー四条丸駆クン。

「ーーー!」
 だけど、私は息を呑んで呆然となった。
 ガチムチの筋肉に覆われた、逞しく灼けた身体。太い首には、褐色の肌に映える、ゴールドのチェーン。
 くるぶしから先だけに、私の足が全部乗りそうなほど大きな足。その爪の、ころんと丸い形が可愛らしい。
 そんな極上のボディが、スイムパンツで隠れた部分以外、全部剥き出しになっているんだから。
 ゴクリ、と喉が鳴った。
 プールの監視員なんて、セクシーすぎでしょ、駆クン!

「んん……っちゅ、ぶぷッ……」
 クール&優雅どころか、私は早くも彼の股間にむしゃぶりついている。
 だって、赤いスイムパンツ越しに、勃起したカタチをこれでもか、と浮き上がらせたモノを見たら、我慢できなかった。

 私達、もつれあうようにして、さっき彼が出てきた監視員控え室へ戻っていた。
 プールとは正反対の殺風景な小部屋。
 スチール机に後ろ手をついて、私の方へ腰を突き出した彼の前にしゃがみ込む私には、室内の光景なんて、もうどうでもいい。

「……っ、すごいな……全部、吸い取られそうだよ」
 見上げる彼の、潤んだ瞳がたまらない。
 快適に調整されている空間なのに、彼の肌にはびっしりと汗の粒が乗り、照明を照り返しているのが、金粉を振りかけたみたいで、強烈にセクシー。
 オスの香りに混ざる、消毒薬の匂いに頭がクラクラする。
「んぶっ!?」

 くわえたまま、ビクン、と背中を反らした。
 ビキニの脇から潜り込み、グリグリとアソコを嬲る、ずんぐりした感触。
 さっき見た、彼の足。
 あのとき、可愛いと思った足の指が、私のアソコを……
「フッ、ふぅーっ、ん〜ッ!」
 私、お尻を左右に振って、悶絶した。
 カタいのに、丸くて、太くて。
 親指から小指までが、器用にワレメにはまって、でたらめに蠢く刺激が、強烈すぎて。

「あれぇ? おクチがお留守になっちゃってるよ?」
「……らっへぇ、ういがぁ、ひぃいん!」
 だって、ゆびが、きもちよすぎて。
 そう言ったつもりが、口いっぱいの肉棒のせいで、善がり声の続きみたいになってしまう。
 涎まみれで喘ぐ私に、彼は淫微な笑顔を落として
「しょうがないなあ、じゃあ、その可愛いビキニにお仕置きしちゃおう」
 そう言った。

「ぁあ……そんなあ……」
 彼、私を膝立ちにさせて、オフショルダーのブラの下から、胸の谷間にアレを突っ込んだの。
 いわゆる、パイズリってヤツ。
 自分の唾液でヌルヌルになったモノが、窮屈なビキニの中で、上下に暴れる。
 胸元に飛び出した、艶のある赤黒い先っぽを、
「しゃぶって、早く!」
 と、促されるまま、唇をすぼめて、チュッチュッしゃぶる。
 本能的に、胸の両側にてのひらを当て、挟んだものを揉んでいた。
 そうすると、乳首の先にまで刺激が伝わって、
「んひゅぅ……っ」
 ヘンな声が出ちゃうほど、気持ちイイの。

「ぅお、イイっ、もう、出そう……!」
 彼の言葉通り、亀頭から苦い先走りが溢れてる。
 奥の方で、放出の準備が始まってるのがわかる。
 そんな彼は、足から集中力がなくなっていた。
 私、ただ当たっているだけの足指に焦れて、アソコを押しつけてクニュクニュ動かしながら、夢中で彼の亀頭全体を吸いあげる。
「ちゅぶっ、じゅっじゅっ、ジュルゥ〜っ!」
 だって、いくら彼のモノでも、おろしたてのビキニを、白濁汁で汚されたくないじゃない?

 なのに、悲劇は起こった。
 ビシャアッ!
 フリルの裾から、ポタポタと滴るモノ。

「……お客さんっ!?」
 翳んでいた視界が、元に戻る。
 カクテルスタンドの前に立っている私。
 両手で挟んだ大振りのカクテルグラスは、まだ傾いたまま、紫色の雫を胸元にこぼしている。
 いつの間に、何を注文したのやら。
「お客さん、こぼれてますよ、大丈夫ですか!?」
 重ねて声をかけるスタッフは、アロハシャツ姿の、彼とは似ても似つかないひょろっとした青年。
 そりゃそうよ、この人は監視員じゃない。

 飲んでもいないカクテルで、酔っ払って見た夢。
 だけど、いい夢だった。

「……水着に味見させちゃったわね。大丈夫よ、とっても美味しいって言ってるわ」
 私、グラスを持ち直すと、精一杯のクール&優雅な微笑を浮かべて、そう言った。

Loading...

鍬津ころ(くわつ・ころ)

札幌出身、東京在住。山羊座のO型。アダルト系出版社、編集プロダクション勤務後、フリーの編集者&ライター。2011年『イケない女将修行~板前彼氏の指技vs官能小説家の温泉蜜筆』でネット配信小説デビュー。近著『ラブ・ループ』(徳間文庫)。馬、鹿、ジビエ大好き飲んだくれ系アラフォー女子。タバコの値上がりには500円までつきあう覚悟。 

RANKING人気記事

Follow me!

  • Twitter
  • Facebook
  • instagram

TOP